萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第二の人生】65の章 | main | 【第二の人生】67の章 >>
【第二の人生】66の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持って生まれてきました。お役目以外にも色々持って生まれてきたみたいです。

    ・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)萬里の指導役兼下僕。といっても、活動量も能力もズバ抜けてすごい。

     

     

    龍神さんの拠点という

    山頂の祠を後にした

     

    H氏は

    しばらく黙って

    運転している

     

    H氏は、

    急に黙りこむことがよくある

     

    何かを視ていたり

    視えた事を整理し

    どう言葉にするかを

    慎重に考えてるみたい

     

    特に今の萬里はデリケートだ

    ヘタな説明をされると

    すぐに反発したり

    落ち込んだりしてしまう

    その度にH氏は

    萬里の後ろの方から

    こっぴどく怒られているらしい

     

    H氏「萬里ちゃん、

    以前萬里ちゃんには

    傍で一緒に活動している

    パートナーがいるって

    話したの覚えてますか?」

     

    萬里「あぁ、

    ミナちゃんかと思って

    嫌になった時でしょ?

    でもそれは

    前世のダーリンとかって

    意味でもないんでしょ?」

     

    H氏「はい、

    そのパートナーが

    やっとわかりました。」

     

    萬里「え?!本当ですか?

    誰なんです?」

     

    H氏「虎です。」

     

    萬里「は(´・ω・`)?

    人間じゃなくて虎?」

     

    H氏「虎です。

    萬里ちゃんの傍らに居るのは

    視えてるんですけど

    ずっと影しかわからなくて、

    それが誰なのかハッキリ

    しませんでしたが、

    先ほどの石の祠の後ろから

    巨大な虎が

    のそりと出てきたので

    驚きました。

     

    色々と辿っていったら

    今まで影だったのが

    虎の姿でハッキリ視えたんです。

     

    先代さん(萬里の前世)の頃

    実際に飼ってた虎で、

    一緒に旅をしていたようで、

    萬里ちゃんと

    いつも一緒に居るパートナーは

    虎だったんです。」

     

    (≧∀≦)

     

    萬里は子供の頃から
    なぜか『虎』が大好きだった
    怖いというより安心感と
    優しさを感じていた


    遠足で動物園に行ったときは
    必ず虎の前で写真を撮っている

     

    そしてなぜか

    赤でもピンクでもなく
    『黄色』に惹かれていた
    服も持ち物もベビー服も黄色を
    好んで選ぶ

     

    黄巾の乱
    中国の御札の色
    自分の名前


    考えれてみれば『なぜ?』の
    ハテナが今になって
    納得のいく理由で解かれていく

     

    生まれて生きている

    この世がすべてのようだが
    色んな事が何千年も前から
    続いている

     

    これは萬里に限らず

    みんながそうだ
    転生するという事は
    前にこなせなかった課題を
    こなすためといえる

     

    ウチへ帰って

    H氏と色々話をしている時
    変な間があり
    また、ふと疑問がわいた


    前世で実際に飼ってた虎なら
    きっと名前があるはず!

     

    萬里「Hさん、

    萬里が連れている
    虎の名前って

    何だったんでしょうか?
    わかります?」

     

    H氏「あ〜なるほど!
    急に萬里ちゃんの頭の上から
    漢字が降ってきたんで
    なんだろう?と
    思ったらそのことですね。
    ご自分の中で

    名前出てくるはずですよ。」

     

    萬里「え!?

    漢字が降ってくる?
    雨みたいに?
    見えたんなら
    とりあえず

    その漢字教えてください!」

     

    H氏「『瀧』『虎』『導』
    実際の名前はご自分で
    お分かりになりますよね?」

     

    萬里「ん〜、

    今頭に浮かぶのは
    『瀧』と『虎』」

     

    H氏「それで合ってると
    思いますよ。
    その漢字をどう読みますか?」

     

    萬里「『りゅうこ』です。
    音だけ聞いたら

    女の子みたいですけど
    オスですよね?
    なんとなくそう思います。」

     

    H氏「名前は決まりですね。
    間違いなくオスです。
    二代飛び抜かして
    やっと護衛としてのお役目

    果たすことができるようです。」

     

    萬里「ん?二代?」

    (´・ω・`)

    | 萬里は祈祷師 | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里さん出品サービス

    見えない存在からの想い、御言葉お伝えします 迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH