萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第三の人生】12の章 | main | 【第三の人生】14の章 >>
【第三の人生】13の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ちは、現在生きた人間の相談受付中。霊的な相談でホントに霊が絡んでることって割と少ないのかな?

     

     

    うーん、親がこの調子だと

    子供の病状が心配

    やっぱり

    会うべきなのかなぁ

     

    相談者の家は

    久留米市内ではなかったので
    マリアに受診の際

    「私が伺いましょうか?」
    と提案した

    大体の日時と

    どこでどう会うかまでの
    話しを進めてたんだけど


    やっぱり旦那にも

    話さないといけないので
    少し待って下さい!とのこと

     

    なに?!もしかしたら
    旦那にはまだ萬里の事

    話してなかったんかいな・・・


    しばらく返事を待った


    そして来た返事は

    相談者「旦那が

    怒ってしまいました。」

     

    はぁ?なんで?!

     

    相談者「霊能者なんか

    どうせ偽物に決まってる!
    金が目当てなんだろうって・・・。」

     

    萬里「あの、

    私お金の話なんか

    しましたっけ?」

     

    相談者「いや、

    してないですけど。
    でも相談したから

    お金は取るんでしょ?
    本当のところ

    いくらなんです?」

     

    萬里「そういう

    値段設定とかはしてません
    私も一応子供が居ます
    その中で自分の

    時間を割いてるんです。

    メールのやり取りのみですし

    対面しているわけではないので
    いただけるというならば

    お気持でとしか言えません。」

     

    相談者「その、

    お気持ちってのが
    曖昧で分かりません
    それに会ったこともないし
    住所も知らない
    そういう場合って

    どう受け渡しするんですか?」

     

    萬里「あの、

    今まで相談は受けても
    お金の話なんか

    してこなかったので
    何も考えてませんし

    準備もしていません。
    相談者さんが可能なら

    どんな方法でもいいですよ。
    それに、

    私は元々要求も

    請求もしてませんから
    そのへんきちんと

    旦那さんにも

    伝えていただけませんか?」

     

    よく考えたら
    亡くなった人の相談で

    金銭は発生しない


    生きた人間=いくらんなですか?
    これは絶対付いて回る

     

    相談を受けて

    御布施をいただくなんて事は
    一度も考えてこなかった
    それに萬里は

    まだまだ自分の答えに
    確信も自信も持っていない


    ずっと不安ながら

    人の悩みを聞いている状態だ

     

    今なら分かる、

    自信の無さは
    不安を抱えて悩む

    相手にとっては
    余計に不安を煽ってしまう
    自信の無さは

    相手に伝わるのだ

     

    なにより
    顔も知らない相手に対して
    萬里自身が

    まだ親身になれていない


    そして、

    相手を信用して

    信頼する事もできていない


    一方的に自分の言いたい事を
    言ってるのは

    萬里なのかもしれない

     

    でもこの頃の萬里には
    そんなことは

    全く頭になかった
    伝えたい聞いてもらいたい
    分かって欲しい
    信じて欲しい

     

    本当なら
    相手に求めるより
    自分がまず相手に

    与えるべきことだ


    これから出てくるであろう
    一番の問題は

    相談者から
    『御布施』をいただくこと

     

    物売り商売しか

    やってこなかった萬里
    形の無い事に対して

    対価をもらうという事は
    生まれて初めてになる


    自分の価値が

    それほどあるとも思っていない
    自分が持つ力を

    有効に使えてるとも思えない
    そんな萬里が

    御布施なんかもらっていいのか?


    新たな悩み

     

    しかしそんな心配も

    すぐに怒りに変えられた

     

    相談者「主人がそんな奴は
    サッサと縁を切れと言ってます。
    相談した私も怒られました
    どうせ金目当て、

    いくら請求されたんだ?!
    勝手なことしやがって
    そんな奴は金払えば

    知らん顔になるんやろ
    とっとと金払って

    二度と関わるな!って・・・」

     

    どういう風に伝えたらそうなるの?

    ( ゚д゚)


    こういう旦那だから

    嫁はああなるのだろう


    金のことしか話さず

    知りもしない萬里をののしる


    『霊能者』という括りで
    こんな思いをこの先ずっと

    させられるのだろうか?


    萬里は貧乏でも

    人を騙して金をせしめる

    事なんか絶対しない


    悲しくもあったが
    やっぱりキレてしまった

     

    萬里「散々好き勝手

    言ってるけど
    お金の話しだしたの

    相談者さんですよ!
    萬里一言も言ってませんから!
    ほんとにお金が欲しけりゃ
    さっさとこっちに来させるか
    行ってるかしてます!
    何日も何時間も

    メールの相手して
    自分の都合ばかり聞かされて
    どんだけストレスだったか!
    相手の事を

    思いやる事が出来ない人に
    子供の世話なんか

    できるはずがない!
    お金なんか要りませんから
    もう二度と

    連絡してこないでください!
    どうぞお幸せに。」

     

    その後のメールは一切開かず
    全て削除した

     

    ああ、また

    ブチギレで幕を閉じた

    (。-_-。)

     

     

    | 萬里は祈祷師 | 13:37 | comments(2) | - | pookmark |
    コメント
    しゃーない。これでキレんやったら仏さまです。
    | まえぽん | 2018/10/25 3:06 PM |
    まえぽん>佐藤二朗にはなれなかった・・・(。-_-。)
    | 萬里 | 2018/10/25 3:21 PM |
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里さん出品サービス

    見えない存在からの想い、御言葉お伝えします 迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH