萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第三の人生】13の章 | main | 【第三の人生】15の章 >>
【第三の人生】14の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ちは、生きた人間の相談が最近メインです。もちろん同時進行であの世対応は休みになることはありません。

     

     

     

    『あぁ、萬里は

    いつの間にか

    こういう非難や

    誤解を招く種類の

    人間になって

    しまったんだ・・・。』

     

    望んだわけではない

    やるしかなくて

    ただひたすらやってきた

    死人の思い残しを

    こなす事はキツイ 

    だけどそれも時間と

    経験を積むことで

    慣れてはきた

     

    これから、

    死人と同じ比率で向かってくる

    生きた人間の対応が課題となる

     

    死人は金の話なんかしない

    死人は人を自分の価値観で判断しない

    死人は我が子、

    我が子孫を傷つけたりしない

    死人は自分の罪深さを反省し前向きだ

     

    飢えて渇望し続け

    自分の価値観で物事を図り

    子を自分の物のように扱い

    これからもずっと続く

    子や家族の未来を考える事もなく

    目の前の事だけに囚われ

    後悔はしても

    顧みる事からは遠ざかる

     

    周りのせいにして

    自己中かと思えば

    自分すら愛する事が出来ない

     

    生きた人間の

    悪いところを挙げれば

    キリがない

     

    だからといって

    生きてる人間が皆

    そうだとも思ってはいない

    そうでない生きた人間達の支えで

    今の萬里はここに

    立っているから

     

    それに、

    どんなひどい目に遭っても

    人間を嫌いになることはなかった

     

    だけど、

    今までテレビで

    見ていた世界の人間に

    突然なってしまった自分が

    偽物に騙された

    かもしれない人達や

    見えない事は

    信じない反対派から

    『霊能者=金儲け』と、

    ひと括りにされる事なんか

    考えてもみなかった

     

    萬里は

    『やります!

    やりたいです!

    そんなリスクなんか

    なんとも思いません!』

    なんてすすんで

    前に出たつもりもない

     

    こんなキレまくりの

    相談がしばらく続き

    人伝い人伝いで

    実際に会って対面の

    相談へと移行していく

     

    萬里は相談を受ける

    場所を持っていないので

    サクヤさんの治療院の

    一角で話をさせて

    もらっていた

     

    会っての相談は

    先入観無しで視るために

    まず漢字を拾い

    たどたどしくも

    それを読み下し

    相談者に今必要と

    思われるメッセージを基に

    『おそらくこうではないか』

    というあいまいな説明

    実際、

    霊を連れている人は

    そう居ない

     

    まだ萬里は自分の答えに

    自信がない

    だから今まで培ってきた

    トーク力と人間力の

    勝負といってもいいだろう

     

    当たり障りのない

    相談に慣れてきた頃

    治療院のサクヤさんは

    自分の患者さんに

    萬里の事を

    度々紹介していた

     

    サクヤさんからの相談者は

    治療の際に悩みを話し

    サクヤさんの判断で

    萬里の元へ送り込まれる

     

    霊的な話しや宇宙について

    世紀末や不思議な世界の話が

    大好きで

    たくさんの本を読み

    H氏からの情報を頭に入れ

    知識だけは

    たくさん持っている

    サクヤさん

     

    萬里はまだ

    死ぬほど悩んでいる人にも

    出会ってはいないので

    気持ち的には比較的落ち着いて

    対応できている

     

    『ずっとこんなだったらいいな〜』

     

    とか

    考えていると

    誰の采配かそれはすぐに

    覆される方向へ向かう

     

    御言葉を降ろす事

    お守りを作る事

    お札を作る事

    ある程度目に見える形の事には

    値を付けて

    メニュー(値段表)を

    治療院の方へ置いておきなさい

    との指令があった

    (↑もちろん後ろから)

     

    金額ってまず

    相場がわからないし

    未だに抵抗があるし

     

    後ろに聞けば

    現実ではありえない

    金額を言われる

    「己の行いを

    安く見積もるな!」

    と、怒られる

    ( ;´Д`)

     

    ひとまず、

    案内を置く必要が

    あるというのなら

    萬里にとっても

    抵抗の無い金額を決め

    テーブルに置ける

    サイズの値段表と

    名刺を作った

     

    それから間もなく

    サクヤさんの

    ところへ来た患者さん

    その名刺が目に留まり

    相談をしたいという

    50代女性からの予約が入った

     

    それを聞いた時

    なぜか嫌な空気を感じた

    喜んでお受けします!

    という

    気持ちは無かった

    ような気がする・・・

     

    ( ゚д゚)

    | 萬里は祈祷師 | 13:38 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里さん出品サービス

    見えない存在からの想い、御言葉お伝えします 迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH