萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第三の人生】15の章 | main | 【第三の人生】17の章 >>
【第三の人生】16の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ちは、ただいま生きた人の対応中。なんか怖いんですけど・・・。

    ・相談者Kさん→萬里とは運命の出会いらしい。萬里の実家近所に在住の50代女性。長男さんが精神疾患で長いこと闘病中。

     

     

     

     

    萬里「えっと、

    何で霊が憑いてるって

    分かったんですか?」

     

    Kさん「韓国人の霊能者を

    家に呼んで見てもらった時に

    そう言われて、

    お札を家中に貼ってるんですけど

    何も変わらなくてですね。

    困っている時に

    萬里さんの名前が

    ずっと頭の中に囁かれて

    この方に会えば

    何か解決するんじゃ

    ないかと思ったんです。」

     

    萬里「韓国人?!

    有名な方なんですか?」

     

    Kさん「そうみたいで、

    知り合いの紹介で

    お願いしたんです。」

     

    萬里「そう言われたかも

    しれませんが、

    萬里が見る限りでは

    現時点では何も

    憑いてないですよ?」

     

    Kさん「じゃ、

    何で精神病が

    治らないんですか!?」

     

    そんなん知らんがな

    ( ;´Д`)

     

    毎回思うが

    『何かが憑いてます!』

    という霊能者

    それが分かるのなら

    その場でなんとかして

    あげればいいのに

     

    本物・偽物の見分け方として

    覚えておいて欲しい

    『憑いている』と言いながら

    『自宅の窓に

    七日間お茶をあげなさい』とか

    『ウチのお札を持ちなさい

    (買いなさい)』とか

    『水行を一カ月やりなさい』とか

    そして

    『居なくなったかどうか

    確認するのでまた来なさい』

    こういう事を言う人は

    偽物だと思っていいい

     

    あとは水子の祟りとか

    先祖の祟りも

    100%あり得ない

     

    皆自分ではわからないし

    対処できないと

    思いこんでるから

    霊能者という人を頼る

    でもその霊能者が

    死人の相手をしてるかといえば

    ほとんどが

    生きた人間の相手しかしてない

    それに付随して

    霊の存在をアピールし

    不安を煽りエンドレスな

    金儲けのタネにする

     

    昔、萬里が騙されて

    身体に術をかけられた

    悪坊主みたいなのなんか

    ホント最悪よっ

     

    死人からしか得られない情報を

    持っているかいないか

     

    それが分からなければ

    とことん質問を投げ掛け

    自分が納得できるかどうかで

    判断した方がいいですよ

    と萬里は言う

     

    本当に死人との

    対話ができる人なら

    その場で確実に

    霊の対処ができるはず

     

    そして目の前に居ない

    遠くの相談者に対しても

    きちんと対応できるのが

    本当だと思う

    それをやると

    金銭の受け取りが不可能

    になるのでほとんどの

    霊能者と呼ばれる人は

    やっていないと思う

     

    てか、最近は

    相談者にとっては実感もないし

    本当に何かが変わったのかも

    分からないのに

    『遠隔で対応したので

    代金を振り込んで下さい』

    というパターンもあるらしい

    オレオレ詐欺よりタチが悪い

     

    それに簡単に

    お金をつぎ込む人達が

    いるのにもびっくり

    有名になれば

    そんなことも可能になるのか?!

     

    話を戻そう

    萬里「息子さんて

    お幾つなんですか?」

     

    Kさん「29になりました。」

     

    萬里「どんな病名が

    ついてるんですか?」

     

    Kさん「一つじゃないんです。

    分裂症、多重人格、躁病、etc...

    時々暴れだして

    外に飛び出したりするので

    夫と取り押さえるのが

    やっとで、もう

    どうしていいか

    分からないんです。」

     

    萬里「いつ頃から

    始まったんですか?」

     

    Kさん「19の時に

    パソコンの専門学校に行って、

    友達と馴染めなくて

    学校に慣れないうちに

    症状が出始めて、

    結局辞めたんですけど、

    それからどんどん

    症状が悪くなって。

    就職もできず精神科の

    デイサービスとか

    自立支援の軽作業とか

    してたんですけど、

    そっちもどうしても

    長続きしなくて。

     

    三人兄弟の

    長男なんですけど、

    下の二人はしっかり

    し過ぎるくらい

    してるんですけどね。

     

    一番下はまだ高校生なので、

    そっちにも手がかかるんで、

    長男にばかり費やして

    凄く我慢させて

    申し訳ない気持ちも

    あるんです。

     

    だから霊が憑いてるなら

    祓ってもらえば

    少しは症状がよくなるんじゃ

    ないかと思って。」

     

    萬里「専門学校は

    どこに通ってたんですか?」

     

    Kさん「○町の

    △△専門学校です。」

     

    あ!!

    そこには心当たりがある

     

    兵隊や落ち武者が出ると言う

    噂の建物!!

     

    ( ゚д゚)

     

     

    | 萬里は祈祷師 | 15:09 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里さん出品サービス

    見えない存在からの想い、御言葉お伝えします 迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH