萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第三の人生】18の章 | main | イベント案内 >>
【第三の人生】19の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ちは今また恐怖の中で訳の分からん話に付き合っている。怖ぇぇよぉォォォ

    ・相談者Kさん→萬里の実家の近くに在住。萬里を探していたらしき人になっちゃってる( ;´Д`)もう声は完全におじさんです。

    ・Kさん?→謎

     

     

     

    Kさん?「お前が

    これからやることは

    ある男を探す事。

    この男がおまえの

    今後に大きな影響を及ぼす

    そしてこの男は

    お前のやるべき事を

    助けていくのだ。」

     

    前世での

    直近の弟子を探す事も

    萬里の役目の一つ

    もしかして

    その男がそうなのだろうか?

     

    でも、やっぱりなんか

    素直に聞き入れられない

    (。-_-。)

     

    萬里「それ絶対

    探さないと

    いけないんですか?」

     

    Kさん?「そう申して

    おるだろう。」

     

    萬里「でもなんで

    萬里の事知ってて

    そんな大事なことを

    初対面のあなたが

    伝えなければ

    ならないんですか?」

     

    Kさん?「わしは

    人々を救うべく活動を

    これまで長いことしてきた

    そして、

    その役をお前も

    引き継ぐ必要があるのだ。」

     

    萬里「そんな

    大それたお役目が私に?」

     

    萬里は

    先代とじいちゃんの役目

    引き継ぎだけで

    十分いっぱいいっぱい

    なんだよっ!

     

    Kさん?「そうだ。

    おまえはまだ

    自分自身の事を

    よくわかっていない

    わしが導いてあげよう

    その覚悟はあるか?」

     

    萬里「えっと、

    無いです!」

     

    Kさん?「おう、

    あっさり言うたな

    だがもう逃げられんぞ。」

     

    萬里「はぁ?

    あのあなた様が

    どのような方なのか

    教えていただけませんか?」

     

    話の内容が

    萬里のやってる事と

    全く関係の無い事でもないし

    まんざら

    嘘ではないのかも?

     

    もしかしたら

    この人は

    萬里と同じ事していた

    スゴイ人なの

    かもしれないと

    ジワジワ

    思うようになってきた

    実はもう半分信じてる

     

    Kさん?「わしが

    生きておった頃

    まだ世はわしのような

    行いをする者を

    認めてはいなかった。

    わしは人々のために

    生きておったが

    人は頼るだけ頼って

    自分達の都合で

    わしを切り捨てた。

    わしは命を絶たれたが

    後世の命にそれを託した。

    その者が

    す・・・す・・・す

    なんだったかな?」

     

    萬里「え?『す』?

    なんですか?」

     

    Kさん?「人の名だが

    どうも思い出せん。」

     

    萬里「『す』

    なんとかさん

    みたいな?」

     

    その一番肝心なとこ

    忘れるか?!

     

    Kさん?「そうだ、

    頭に『す』が付いて

    おったが・・・。」

     

    萬里「それは、

    鈴木さんとか

    須藤さんとか

    そんな感じですか?」

     

    Kさん?「まぁ、

    姓ではあるが

    名かもしれない。」

     

    なんだこの展開

    さっきまで

    神のような

    口ぶりだったのに

    急にボケをかまし始めた

     

    萬里「曖昧で

    分かりづらいんですけど

    大事な事なら

    しっかり思い出して

    下さいよ!」

     

    ツッコミを入れてみる

     

    Kさん?「す・・・す・・・」

     

    追い込まれたのか

    中年女性の身体が

    揺れ始めた

     

    始終目はつぶっている

    そして、

    さっきまで感じていた

    男性の気配はもうない

    中年女性の身体は

    座ったまま

    次第に円をかきはじめた

     

    なんだか

    『オ○ム真理教』の

    教祖の姿を

    思い出させる

     

    萬里「あの、

    名前は話しながら

    思い出してもらえば

    いいんですけど

    萬里とあなたは

    元々どういう関係が

    あるんですか?」

     

    Kさん?「特に

    血の繋がりも縁もないが

    わしが死んだあと

    知り合った者から

    頼まれたのだ。」

     

    もしかしたら、

    本当に何かしら

    意味のあること

    かもしれない

     

    という

    気持ちはあるけど

    ハッキリと確信を

    突くような内容もなく

    納得する事もない

    H氏との曖昧な

    会話もしっくりしないことが

    多いがそれよりも

    納得度が低い

     

    そしてもう

    男性の気配は

    感じられないのに

    口調はずっと同じで

    おじさんの声だ

     

    あ〜言えばこう言う

    生きた人間の対応を

    始めた頃の

    やり取りのような

    イライラも若干ありつつ

    どんどん

    エスカレートしていく

    Kさんの身の動きに

    恐怖感は増すばかり

     

    『そういえばH氏は

    どうしたんだよ!』と

    ふと思い出し

    すぐにでも返事が欲しくて

    怖いし、どうしていいか

    分からんし

    早く助けて欲しくて

    今度はこっそり

    電話をかけた

     

    萬里「あれこれ

    そんな意味不明の

    やり取りが

    一時間近く

    続いてるんですけど!!

    終わりが見えなく

    て怖いんですけど!!!」

    ( ;´Д`)

    | 萬里は祈祷師 | 16:29 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里さん出品サービス

    見えない存在からの想い、御言葉お伝えします 迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH