萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
【第三の人生】10の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ちは、生きた人間の対応の修行に入りました。人伝いの紹介で知らない人とメールで相談を受けております。

    ・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)萬里をこの道に導きいれた張本人は、萬里のあたらしい挑戦のバックアップもお役目。

     

     

    不慮の事故などで
    突然亡くなってしまったり
    鬱など正常な
    精神状態ではなかったり


    突然の死に

    見舞われると
    死んだ事を

    受け入れられなかったり
    死んでいる事に
    気付かなかったりする

     

    それ以外でも

    事件や事故で家族を亡くし
    部屋を生前のままに

    していたり
    いつまでも悲しんで

    傍に居て欲しいと思ったり


    誰かが後ろ髪を

    引くような事をしてしまうと
    天に帰る事が出来なくなる

     

    想うこと

    忘れないことは

    故人にとって

    とても大切なこと

     

    だけど

    本当に故人の幸せを願うなら
    どうやったら安心して
    天に帰れるかを

    考えなければいけない

     

    生きてこの世にいる

    大切な人達が

    泣いてばかりいたり
    色々なことを思い出し
    後悔するのも
    亡くなった人にとっては

    心残りとなって
    天に帰れなくなる


    なにより
    『生きてる時同様
    ずっと一緒に居たい』
    これほどのエゴはない


    なぜなら亡くなった人は
    天に帰ることで
    大切な人達を護りたい

    気持ちが叶えられる


    天と地を

    行き来できるようにもなるし
    家族や子孫の
    ピンチの時や節目には
    瞬時に傍に来てくれる

     

    世間ではこれを

    守護霊だと思っている

    みたいだけどそれとは別

     

    この相談者にも

    このことを伝えた

     

    相談者「やっぱり!
    今までと同じように

    私と生活してるんだ!
    そうだと思った!
    じゃ、地獄へ行ったりは

    してないんですね?
    よかった〜!」

     

    萬里「自殺者が

    皆地獄へ行く訳では

    ないんですけどね、
    彼はまだ天に帰らず
    そこに居ます。
    そして他にも

    霊を呼び寄せて
    あと2体
    別に居るんです。


    体調や生活に

    影響を及ぼす前に
    自身の気持ちの
    整理をして
    帰るように促して
    ください。」

     

    相談者「え?

    死んでも一緒に

    居られるんなら
    私はそれで幸せです。

    私の一言で自殺して
    もしかしたら

    恨んでるんじゃないかと
    思ってたので、

    そうじゃなければ
    なにも問題ない

    じゃないですか!」

     

    萬里「あなたは

    幸せと思うかも

    しれませんが、
    彼にとっては

    不幸なことでしか

    ないんですよ。
    今そこに居る

    他の2人も
    そこから離れられない

    ということですから。」

     

    相談者「だって

    萬里さん言ったでしょ!
    あれこれ!それこれ!
    〜〜。」

     

    とにかくこの相談者
    萬里が送ったメールを

    そのまま貼りつけて、
    その文章の中の

    一部一部を抜粋し、

    この前はこう言ってた

    この前はああ言ってたと
    ひたすら揚げ足を取り

    自分に都合のいい

    答えを作り上げようとする


    自己中な話しかしない

    こんなやり取りが

    何日も続き正直
    毎日イラついていた


    本当なら

    文句も言いたいし
    「出てこいや!!」と

    言ってやりたい

     

    H氏と頻繁にやり取り

    こういう時は

    どう対処すればいいのか

    考えながら進めてたけど

     

    あ〜言えばこう言う

    やり取りに
    イライラが募り


    とうとう

    H氏にぶつけてしまった

     

    萬里「ムカつくこの女!
    もう文句言っても

    いいですか?
    冷静を装って

    返事してるけど
    腹立ちすぎて

    文章に出てしまう
    やさしくなんか

    もう言えないです!
    まじムカつく!!!」

     

    H氏「どうどう!
    萬里ちゃん

    暴れ馬のように

    なってますね〜。
    根気よく聞いてあげたのは

    充分に分かってます。
    もうこれ以上

    話が進まないのなら
    精神衛生上も

    良くないので
    一方的に話を

    終わらせて下さい。
    悪態ついたら

    ダメですよ。」

     

    萬里「んもうっ!

    腹の虫が治まらん!
    なにより

    子供が居るのに

    話題には一切出てこない。


    一番目を向けるべき

    子供に目が向いてないし、

    自分と男の事ばっか!


    相談なら何かしらの

    アドバイスしたり
    解決に導かなきゃ

    いけないんじゃないんですか?
    投げ出すようなことでも

    いいんですか?」

     

    H氏「ほんとのところ

    みんながみんな

    助言に耳傾けて
    変わろうとする訳では

    ないですから。」

     

    それならなんで

    友達でもない

    知らない人の
    相談受けて助ける

    必要があるのだろう?

     

    また理不尽さと

    葛藤の嵐

     

    子供に目を向けてない母親

    その子供のことも気になるし


    怒り爆発ながらも

    丁寧にメールをしろって?
    これが最後だと思えば
    あと一回我慢すればいいだけ?!

     

    これは逆に対面では

    ないからよかったのかも

     

    萬里「そんなに

    一緒に居たいのなら
    そのまま一緒に

    生活してればいいと思います。
    ただ、あなたのような方と

    付き合ってしまった彼は

    死んでも幸せにはなれません。

    かわいそうな事です。
    あなたが、

    自分だけが幸せなら

    それでいいというのなら
    私にはもう用は無いと

    思いますので
    話しはこれで終わらせて

    いただきます。
    がんばってください。」

     

    相談者「ここまで話してきて
    そんな突き放すような

    言い方しかできないんですか?
    私はどっちにしろ

    あなたのような人とは
    友達にもなれないと

    思いますから。

    萬里さん、

    まだ修行の身という事
    まぁ、せいぜい

    これから頑張って

    やってください
    精進できるといいですね。
    もう二度とメールは

    してこないでください。」

     

    テメェに言われなくても

    精進するわっ!!

    バカタレが!!

    ( `皿´)ノ

     

    萬里の話は

    揚げ足取る材料でしか

    見ていない

    どうせ適当だろ

    とか思って萬里の言う事

    信じてないくせに
    死んだ彼氏が

    そこに居るという

    話だけは信じる


    都合がよすぎるこの女

     

    こんな人に限って

    新しい男ができたら

    亡くなった彼のことなんか

    ソッコー忘れるんだよ

     

    そして彼は

    『浮遊霊』と呼ばれる

    存在になってしまうんだ!!

    | 萬里は祈祷師 | 13:33 | comments(0) | - | pookmark |

    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里さん出品サービス

    見えない存在からの想い、御言葉お伝えします 迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH