〜見えない世界のおはなし(座学)〜

12月6日(日)テーマは
見えない物(者)から身を守る

詳細はこちら

【第一の人生】37の章:カップルにありがちな事かもだけど

【第一の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里←普通の人(気のせい!夢見ただけ!がモットー)

・ダーリン←なんて呼び方は一切しないが、萬里の彼氏

 

 

半同棲生活、

徐々にダーリンの私物が

わが家に増えてきた

 

萬里は今まで 

・嘘をつく人間

・約束をやぶる人間
だけは許さない!と

息子にも歴代彼氏にも

ずっと言ってきた

あともう一つ

DVを受けてきた中で

『女に暴力をふるう奴も許さない!』
という項目も増えた

 

どんな人間でも
最低でもこれだけは

頭においといて欲しいし、

萬里もこれに基づいて生きている

 

ダーリンが

ほぼ我が家で寝はじめ

そろそろ慣れてきたころ

 

夢でダーリンが

女性と居るところを

よく見るようになった

 

『はぁ、なんか、やな夢見たなぁ』

って不愉快な朝が続く

 

それは毎晩つづく

女性が何かを受け渡している

次の日は女性が一人、

次の日もまた次の日も

何を言ってるのかは

わからないが

暗い顔(寂しい顔?)で
萬里に何かを訴えかける

そして

寝室のクローゼットから

重い空気と違和感を

感じるようになり始めた

 

子供の頃のように

泣きながら目覚めることはないけど

さすがに毎日続くと

何かあるのかな?って思うよね

 

あまりにも続くし

熟睡感も無くて

寝覚めが悪くて

不愉快

 

ダーリンに尋ねた

萬里「最近

毎日女性の夢見るんだけど

ダーリンと何かやり取り

してる時もあったり・・・。

何か女性について

思い当たることない?

 

ダー「・・・。

実は元カノと

まだ連絡取ってる。」

 

まぁ、元々は

浮気相手が萬里で

ダーがデルモ彼女を捨てた立場だし

申し訳ないとかかわいそうとか
何かしらの感情はあっても

おかしくはないが

萬里としては気に入らない

 

萬里がまだ浮気相手の立場の時

ダーリンの家へ行った二度目

最初の日には無かった物が

テレビの上にドーン!と置いてあった

 

それはデルモ彼女の仕事写真?

ウェディングドレスや

いかにもモデルですぅ!!みたいな

写真をコルクボードいっぱいに

貼り付けてあった

 

それ見たら普通は思いますよね?

『こりゃ浮気バレてるわ』

 

萬里「バレてんじゃないかな?」

 

ダー「いやそんなわけないやろ」

 

男って・・・

 

て思ったね。

 

夢で見る女性は、

ハッキリとした顔は見えないけど

その写真のデルモ彼女の雰囲気だった

 

萬里「元カノと

コソコソ連絡取る必要が

あるなら彼女のところへ

戻ればいいやん。

けじめつけるって

そんな中途半端なことなん?」

 

ダー「いや、ただ

なんか、かわいそうで・・・
俺が振ったのに待ってる。とか

戻ってくるかもしれないみたいな

期待もあるような・・・
でも俺には気持ちはない」

 

萬里「待ってる上に

かわいそうなら

戻ってあげればいいやん。

そういう中途半端が

一番傷つくわ!」

 

ダー「元カノは

全部俺が決めたことに従うし、

自分を主張しない。
たとえばご飯を食べに行くとき

『何が食べたい?』と聞けば
『あなたの好きなもの

食べたいものでいいよ』て言う。

 

別れ話の時も

ダー君が決めた事なら・・・

って泣くだけで

でも、おまえは

自分の意見をきちんと言うし
全く正反対なところが

良いなと思ってるから、

戻る気はない。」

 

要は

今まで得られなかったモノを

私が持っていた。

ということは

「比べた」結果

選ばれたとも思える

 

そういえば

ダーリンは人と人を比べて

物を言うことが多い

 

それって育った環境なのかな?

 

『他所は他所、

ウチはウチ』って

言われて育った萬里には

なぜ人と比べないと

価値がわからないのかが

不思議だ

 

人と比べるのは

自信を持たせるため

励ますために

時には必要だけど

 

基本良い事ではないと思う

子供を育てるに当たっては

特に良くない事だと思ってる

 

で、

話は戻るけど

萬里は意を決して聞いてみた

 

萬里「クローゼットの中に

何か私の知らないものが

あるような気がするんだけど?

思い当たることない?」

 

ダー「なんもないけど・・・。

考えすぎじゃない?」

という顔がなにか疑わしい

 

この日は

これ以上追及せずに
居ない時に掃除ついでに

クローゼットを見てみよう・・・。

 

<リアルタイムブログ・萬里の箱庭>

https://banrino-hakoniwa.blogspot.jp/2018/03/blog-post_15.html

コメント