〜スピリチュアルルーム:座談会〜

4月27日(土)スピリチュアルリーディング〜あなたのオーラやあの世からのビジョンを元にアドバイス

詳細はこちら

【第三の人生】97の章

【第三の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。初めてだろうか?リアル生き霊にご対面。

・ちいさん→治療院の先生の奥様。イタコのように体に呼び寄せることができると言うが、状況読むとか空気読むとかできない。

 

 

やべぇぞ萬里、

生き霊の対応したことないし

旦那さん(生き霊)不機嫌な感じだし

これ彼女に伝えたら結構な衝撃だよな〜

 

とか色々考えつつ

生身の方での対処や対応を

相談女性と一緒に考えていた

 

萬里的判断としては

この女性には生き霊のことは言わないのがベスト

 

現実的に何をどう改善していくべきか

御言葉を元にアドバイスしつつ

女性の性格や思考から考えると

気持ちを落ち着けるには

どうすべきか分析してみたり

 

萬里は頭をフル回転させていた

 

と、その横で突然

 

ちい「お前は俺に黙って何やっとんだ!!

なんでこんなところに来た!!」

 

女性、萬里

「は???∑(゚Д゚)」

 

萬里「ちょっと、ちいさん!

何言い出したん?!」

 

ちい「あ、萬里ちゃんわかっとるよね?

今ここに中年男性がいるってこと。」

 

萬里「あ、うん。だけんちゅって

ちいさん、なんいいだしよんね?」

 

ちい「いや、私じゃないっちゃん。

この男性多分、女性の旦那さんやん。」

 

女性「え?何ですか?

なんなんですか?」

 

萬里「あ、いえ、女性さん、

この人の話聞かなくていいですからね。」

 

女性「旦那がいるってどういうことですか?!」

 

( ;´Д`)あぁ・・・

 

ちい「あなたの旦那さんが一緒についてきて

旦那さんの言葉を私が言わされてるんです。」

 

女性「どういうことなんですか?

萬里さん、この方なんなんですか?」

 

萬里「いや、ほんとに気に

しなくていいですから(^^;;

私とお話ししましょうよ。

私が言ってることだけ聞いてください。

この人(ちいさん)時々

何かが来て勝手にしゃべり出したりするんですよ。

旦那さんが言ってるとは限りませんから

気にしなくていいですよ!」

 

ちい「お前たちは、俺に隠れて何企んどるんや?

俺が何もわからんと思ったら大間違いやぞ!」

 

もう、なにぃ〜〜( ;´Д`)

 

女性「なんで初対面のあなたに

そんなこと言われないといけないんですか!!

一体なんなんですか!!」

 

ちい「あなたの旦那さんが言ってることなんで、

そういうことですよ。

いつもあなたを監視してるってことです。」

 

女性「あなた何様?!

私に旦那がついてるって言ってんですか?

気持ち悪い!ここはそういうこと

言うところなんですか?!

萬里さんもグルなんですか?!」

 

萬里「いや、グルとかそう言うのではなくて・・・」

( ;´Д`)( ;´Д`)( ;´Д`)

 

女性「もういいです!こんなこと言われるとは

思ってもいなかったです!!!

もう二度ときません!

はい、お代はこれでいいんでしょ!」

封筒を手渡され

怒りまくって帰って行った・・・

 

萬里「もう!ちいさん!

なんであんなこと言うと?!」

 

ちい「いや、本当のことやし、

私が言ったんじゃなくて

旦那さんが言ったことやけん。

別にいいやん?」

 

萬里「は?あの女性はちいさんに

会いにきたんじゃなかろうが?!

怒って帰らせたりとかありえんやろ!」

 

ちい「旦那さんが伝えたかったことやけん

私の体使って話しただけやろ?

必要なことやん?」

 

( *`ω´)

 

謝りもせん

自分がしたことは間違ってないと?

 

萬里、これまで相談に来た人を

怒らせて帰したことなんかないから

女性に申し訳なくて

すごく気持ち悪くて

ちいさんにめっちゃ腹立って

 

女性に謝罪のメールをしたけど

「もう二度と会いたくないので

連絡してこないでください」って

(T ^ T)

【第三の人生】98の章
*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。お尋ね(相談)に来られる方がボチボチあるようになった。でもここ最近ちいさんにイライラしてる。 ・ちいさん→治療院の先生サクヤさんの奥様。なんだか前世でどえらい人だったそうで、その役目と能力...

コメント

スポンサーリンク