〜スピリチュアルルーム:座談会〜

6月21日(金)スピ系&ネタはなんでもアリの座談会!

詳細はこちら

【第四の人生】13の章

【第四の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。友達を通じて、また初めましての女の子に出会う。

・ナコちゃん→友達のママ友。何やら深刻な悩みを抱えている様子。

 

 

萬里はダーリンの分も合わせて

毎年400枚程年賀状を作成している

ダーリンの友達の郵便局員から

毎年買ってくれと頼まれるので

かなりいいお客さんだ

 

その中で余ったハガキを友達にも

おすそ分けしていた

と言っても代金はきちんと

もらってるのだけどね

 

その受け渡しのため

買い物ついでもあったので

友達の家の近所の100均のお店まで

出向いた

 

高校生の時以来?

久しぶりに会ったので

駐車場で立ち話

 

友達「萬里は今何してると?

仕事してると?」

 

萬里がこういう人だということは

昔からの友達には、ほぼ言ってない

少し躊躇したけど

思い切って名刺を渡した

友達「えぇ〜、今

こういうことしてるんやね!」

 

意外にあっさり受け入れてくれた

 

友達「実はねママ友に

困ってる人がいるんよ、

その子、いろんな霊能者の

ところを巡ってるみたいで

いまだに解決してないっぽいんよね、

メンタルも少し心配してる。

そういう人でも見たりできると?」

 

萬里「うん、一応

金と恋愛以外のことは

見るようにしてるから、

何かあったら名刺のところに

連絡してくれたらいいよ!」

 

友達「じゃ、紹介させてもらうね!」

 

とかなんとか

久しぶりに会うと

やっぱり話は長くなる

 

しばらくすると

友達の顔がこわばり

視線は萬里を通り越して

少し遠くを見ている

 

萬里「どうした?!」

 

友達「萬里なんかしたと?」

 

萬里「何もしてないけど?!」

 

友達「さっき話してた友達が来た!」

 

萬里「え?待ち合わせしてた

とかじゃなくて?」

 

友達「いやいや、

待ち合わせとかしてないし。

ここで偶然会うことも

今までなかったよ・・・。」

 

萬里「あら、んじゃ

直接挨拶しとこうかね。」

 

友達「うん、こっちに呼ぶね。」

 

友達が読んできたママ友

名前はナコちゃん

 

すごく大人しそうで

どこかおどおどして

落ち着きがない感じ

 

名刺を直接手渡して

ご挨拶を済ませ

買い物をして帰宅した

 

次の日、

掃除機をかけていると

電話がなる

 

「昨日100均でお会いした

ナコですけど。」

 

おお!

こんなにすぐ電話してくるとは

思っていなかったので驚いた

 

ナコ「明日ご相談で

お会いしたいんですけど

お時間とれますか?」

 

萬里「明日は予定ないので

大丈夫ですよ!」

 

タイミングよく電話が来て

タイミングよく予定が空いてる

こんなことって珍しい

よほど縁があるんだろうな

 

どんな理由で

霊能者巡りをしていたのか

どんな相談内容なのか

全く見当もつかないけど

 

とにかく明日会ってみて

じっくり話を聞こう

コメント

スポンサーリンク