〜スピリチュアルルーム:座談会〜

6月21日(金)スピ系&ネタはなんでもアリの座談会!

詳細はこちら

【第四の人生】17の章

【第四の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。ナコちゃんのお父さん訪問が萬里おじさん化の原因だった。

・ナコちゃん→友達のママ友。実は結構重たい悩みを抱えていたのだった。

 

 

萬里が見る限りでは

ナコちゃんのお父さんは

きちんと成仏している

 

本当に聞くたび腹が立つんだけど、

悩んで不安で頼って

来ている人に対して、

何で不安を煽ることを言うのか?

 

それがわかるなら

なぜ対応してあげないのか?

大抵の霊能者はこう言う

「何かが憑いてます」

「お茶を7日間あげなさい」

「ウチのお札を買いなさい」

「一週間水行をしなさい」

そんなことで成仏できるわけがない

 

そしてまた一週間後に

結果を見せに来てください

一生お金が取れる商売だ

 

萬里のお話を今まで

聞いてきてくれた方は

わかると思う、

成仏させるには対話が必要

 

なぜそこにいるのか?

どんな思い残しがあるのか?

 

でもナコちゃんのお父さんは

成仏した上で

何か訴えがあって来ている

 

萬里が存在に気付いてから

何か喋り出したけど

ボソボソと声が小さいので

何を言ってるかわからない

 

こういう時

萬里はスルーしてしまう

気持ちだけは感じ取りながら

今、目の前にいる

ナコちゃんの話に集中

 

ナコ「萬里さんは

他の霊能者さんとは

全く違うことを言われるんですね。

少しホッとしました。

じゃ、父はもう苦しんでは

いないんですね?」

 

萬里「うん、今ナコちゃんの

横に座ってるけど

穏やかな顔してるよ。

でも少しナコちゃんのことが

心配みたい。

家族がみんな後悔してる

ってのは何があって

そう思ってると?」

 

ナコ「私結婚してから

時々様子は見に行ってたんです

で、仕事中に

父から電話があったけど、

出れなくて夜かけ直そう

と思ってたんですね、

その後、妹にも電話が

あったそうなんですけど

いつものグズグズ話だと思って

邪険にして切ったそうなんです、

母は少しの時間買い物に

出てて、その何十分の間に

父は首を吊ってたんです。

 

母はもう少し早く帰ってれば

妹はきちんと話を聞いてあげれば

私はあの時電話に出てあげれば

防げたかもしれなかったって

後悔してるんです。」

 

萬里「ナコちゃんや家族が

悪いわけではないよ。

お父さんも追い詰められては

いたろうけど、

みんながどんな対応しようと

死は免れなかったと思う。

自分で命絶つのも

相当勇気がいることだけど、

お父さんは発作的に

亡くなってしまった

病死だと思って。

今苦しんでないことが救いだし。」

 

ナコ「そうですね。

苦しんでないのなら

家族にもそう伝えます。

でも、何で今

来てるんでしょうか?」

 

萬里「本当のことを

伝えてくれる人間を探して

たんじゃないかな?と思う。

『自分は苦しんでないよ、

心配しないで』って。

萬里のところにナコちゃんを

連れて来てくれたのは

お父さんじゃないかな?

今気がかりなのは、

ナコちゃんのことみたいよ。

自分と似てるから同じように

心を病んでしまわないか

心配みたい。」

 

ナコ「あぁ、今私が

落ち込んでるからなんですかね・・・。」

 

萬里「お父さん、自分より

ナコちゃんを助けて欲しいって

気持ちが伝わって来てるよ。」

コメント

  1. まえぽん より:

    おとぉーさぁーん!(T_T)

スポンサーリンク