〜オトナ女子会:旅館にお泊まり〜

10月25日(金)〜26日(土)久留米市内:18時半以降〜何時からでも参加OKです!

詳細はこちら

【第四の人生】23の章

【第四の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。カンくんの相談も

・カンくん→飲食店の社長さん。食のスペシャリストはお笑い芸人のようでもある。

・ミキティ→霊感少女。霊が丸見えの女の子、カンくんのお店でバイトしています。

 

 

萬里は子供の病気

命に関わることや

大手術など

子供に関する一大事の時には

虎のぬいぐるみに

瀧琥の子分を入れて

お見舞いで渡すことがある

 

虎の子分に見守りと

回復の手伝いをさせる

 

あと、番虎と言いますか

番犬のような役割もしてくれます

霊達を追っ払ってくれるんです

 

ミキティはカンくんのお店の

二階も気になると言ってたので、

その部屋には虎のぬいぐるみを

置くことにした、

これで大量の霊が追っ払える

のでミキティ一安心

 

存分にバイトに励んでくれたまえ

 

それからしばらくすると

カンくんから何かおかしいと

連絡がある

 

カンくんがいる時だけ

店の中で物音が激しいとのこと

 

電話で感じ取った限りでは

子供の楽しそうな姿が視える

 

うん、あまり悪そうな気はしない

 

お店訪問

萬里「最近どっか

人が多い所とか行ってない?」

 

カン「山笠に出てた

くらいですかね〜。」

 

萬里「それだw」

 

カン「俺が拾ってきたってこと?」

 

萬里「そうみたいw

子供達がゴムボールみたいに

跳ね回ってるから

調理器具とかに当たって

音がしてるみたいよ。」

 

カン「え〜〜〜。」

 

萬里「楽しそうだし、

悪いもんじゃないし

このままでもいいんじゃない?w」

 

カン「いやいや、従業員が

怖がるからダメですよ〜。」

 

萬里「じゃ、私が引き連れて

帰るから大丈夫よw」

 

萬里は

子供担当なわけではないけど

早い段階で訓練させられたので

だいたい何でも対応はできる

 

萬里の担当はと言いますと

中国の方と

お年寄りと

成人男性と

女郎さん

です( ;´Д`)

 

成人男性=落武者さん

とかも、時々相手します

( ;´Д`)

 

それから間も無く

ミキティは就職先が

見つかったようで

その後落ち着いている

 

ってわけでもないかw

 

子供のお相手をする仕事に

就いたようだけど

実際の子供の数より多く

子供がいるらしい

 

子供だとあまり怖くは

感じないようだけど

やっぱり気味悪さはあるよね

 

萬里にはみんな一緒に

遊んでいる映像が視える

 

萬里「ミキティ、

もういっそ生きてる子も

死んでる子も

まとめて面倒見てみたら?

生きてる子ほど手は

かからないと思うし。」

 

ミキティ「えええ、

怖くなくてもそこまでの

度量はないですよ〜。」

 

とか何とか言いながら

ミキティは慣れていった

大人の霊は相変わらず

怖いのかもしれないけど

子供の霊に慣れたなら

その延長で大人の霊も

いけそうなもんだけどな〜

 

で、慣れたみたい(笑)

 

萬里のお清め塩も持ってたし

自分で何とか乗り切ることが

できるようになったのか

最近怖いと思うことがなくなった

ようで

 

萬里一安心

だけどやっぱり弟子になるのか?

というと

そうではない現実

 

この世界、甘くないわ〜

( ;´Д`)

コメント

スポンサーリンク