〜オトナ女子会:旅館にお泊まり〜

10月25日(金)〜26日(土)久留米市内:18時半以降〜何時からでも参加OKです!

詳細はこちら

【第一の人生】65の章

【第一の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→現在主婦だが、しばらくは回想シーン(20代前半の頃の話)

・K美→萬里中学の時からの友人(男にだらしない、嫌な女の典型)

・りお君→K美が同棲している彼氏(絶賛浮気中)

 

 

萬里としては

もう、

りお君寄りの見解

 

K美が裏で

遊んでることも知ってるし

それを棚に上げて

嫉妬に狂う女とか

みっともない

 

もちろん、

K美が遊んでいることは

りお君には言ってない

言わなくても

それ以外の面で

嫌気がさしてるし

こじらせるのも

良くないかと思った

 

K美は相変わらず

浮気された悲劇のヒロイン

被害者の顔をしている

 

相談の時だけは

マメに萬里に連絡してくる

 

K美から相談受けてる最中
萬里の頭の中に

記憶にない光景が浮かんだ

 

暗がりでK美が

この「愛の巣」の扉の前に立ち
必死でチャイムを鳴らしている

りお君が

ドアの隙間から顔だけ出し
K美を追い払う光景を

遠巻きに見ている萬里

部屋の中は見えないが
女性が居るのがわかった

 

この光景からすると、
嫉妬深く重たい女K美より
安らげる他の女性を選んだんだな
という感じに見えた

 

しつこく重いK美に

りお君は嫌気がさしてる

 

萬里は色々と考えた

 

今、りお君は

押せ押せで浮気を罵る

K美との攻防に必死

 

夜叉と化したK美と比べれば

他の女性は天女のようなはず

 

今は、この状況が嫌で

逃げ出したいから

頑なに他の女性を選択し

大切にするのではないのか?

 

萬里だって

この状況ならK美より

ブスでも他の人を選ぶと思う

 

でも、これまで長い時間

一緒に居たK美とりお君

それなりに楽しい時も

あったはず

意表をついてK美が

すんなり引けば、

りお君は慌てて

引き留めるのではないか!?

という構図が

萬里に浮かんだ

 

そのまま

頭に浮かんだ事を参考にして
K美にアドバイスをした

萬里「荷物運ぶの手伝うからさ、

りお君が居ない時に
きれいサッパリ消えてん。
そして、最後に話をするときには
かっこよく

『あんたなんか

あの女にくれてやる!!!』
ってタンカきっておいでよ。

 

予想外にあっさり引くK美に驚いて
絶対りお君に迷いが出るから!
その後のK美の対応によっては
他の女より、やっぱり

何年も付き合ったK美が良かった
と後悔して戻ってくると思う。」

 

萬里の提案通り

りお君の居ない隙を狙い

ある程度の荷物を運び出し、

その後の電話で

台本通りの言葉を吐き捨てて

ひとまず

愛の巣を出て

K美は実家に帰った。

 

予想外の出来事に

戸惑ったりお君は
K美の実家まで話に来て
少し修正がきいたらしく

りお君「女とは別れるから

しばらく待ってほしい。」
と言われたと

K美「すごい!!!

萬里の言うとおりやった!

やっぱり私が

りおにとって一番の女だった!」

だそうだ・・・ふふっ。

 

どんなに嬉しくても

しばらくは実家で過ごして、

会わないようにして
りお君もK美も

冷静になる時間を持ちなさい

と伝えて

萬里は放置しておくことにした。

 

だって、

りお君も相手の女性とも

話し合う時間は必要だろうしね

 

数日後
K美が泣きながら電話をしてきた

 

K美「りおが

あの女と付き合うから
もう、残りの荷物持って

俺の前から消えろってぇ〜」

 

なんで

そんなことなってんのよっDocomo108

 

なんとなく、

あの時

萬里の頭に浮かんだ光景は
K美が萬里の言った段取りを

守らなかったその時の

情景だったような気がして
追及した

 

萬里「あんたもしかして
夜に愛の巣に行ったやろ?」

 

K美「うん、ごめん。
どうしても会いたくて
抱いてもらいたくて、

我慢できんかった・・・。
だから萬里との約束破って

会いに行ったら
やっぱり女が居たっぽかったから
怒鳴って文句言ってしまった。
そしたら

私はもう要らんって・・・」

 

萬里「だろうね~、

なんで萬里の言うこと

聞かずに動いた?

りお君にも時間が必要やろが?
そんなんで

どうしようって言われても
もうこれ以上

してあげられることはないよ。
自分の何がいけないのか
よく見つめなおした方が

いいんじゃない?」

 

感情的で動物的・・・

 

呆れちゃって

それからしばらく

こっちからは
連絡もせず放置した

すったもんだあって
また一緒には住んでいた

幸せを感じているときは

K美は連絡してこない

昔からのいつもの事なので
そのうちまた連絡あれば

萬里は
いつでも受け入れる気持ちは

持っているから
それはそれで良いかと思う。

 

 

見えない存在からの想い、御言葉お伝えします迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師萬里

コメント

スポンサーリンク