〜スピリチュアルルーム:座談会〜

12月18日(水)ゆる〜い感じであの世目線のお茶しましょう♪

詳細はこちら
スポンサーリンク

【第四の人生】66の章

【第四の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。生まれ育った地域の歴史を知って、なぜここに生まれたのか?なんとなくわかってきた気がする・・・

 

 

菊池武光さんとの交流

神様として祀られているが、

実在の歴史上の人物と

お話ししたのは

貴重な体験だった

 

んで、

大役を任せられたとしても

そうそう実行に移せる

レベルではないし

何から取り掛かれば

いいのかもわからない

 

こんな時は必然的に

事が起こるまで待つ

 

特に用がなければ

わざわざ出向く事はしないし

必要以上に意識もしない

 

武光さんとの約束を

破るわけではない

その時が来るのをただ待つ

 

でなけりゃ

日常生活がままならなくなる

 

そうでなくても

萬里は定期的に体調を崩す

はい、恒例の嘔吐下痢です

 

一般的な嘔吐下痢とは

度合いが違うので

医者に行っても

点滴や整腸剤での対応で

対処療法するしかないから

毎回こんなもんかなと

諦めている

 

あの世の動きに

左右されるのは

当たり前みたいだけど

ほぼ年中

体調が悪いとなると

あまりにも自由が利かない

自分の身体が

恨めしく思うこともある

 

あの世の動きが激しくなるのは

主に盆と正月

一応この辺りは毎年

警戒してるんだけど

特に事前の対処も抵抗も

できないまま

嘔吐下痢をはじめとした

不調の波に飲み込まれる

という学習力のなさ

 

てか、原因が霊達だとしたら

必ず受け入れる必要のある

萬里は逃れられないのよね

 

なんで盆と正月かと言うと

この世の帰省ラッシュと

仕組みは同じ

 

皆さんそれぞれ

想いのある場所へ

帰省して家族や子孫と

共に過ごすのです

 

ただその動きが現実よりは

かなり長期間になる

 

お正月ラッシュは

早くて10月末くらいから

2月の旧正月くらいまで

そのあとすぐに春のお彼岸も来る

 

お盆ラッシュは6月末くらいから

7月の盂蘭盆〜8月の新盆

そして秋のお彼岸くらいまで

霊達の動きは活発に

 

どれもロングランなのである

 

萬里の場合それにプラス『戦関連』

お役目が多いもんで

浮遊が活発になります

8月は体調的にもかなり厳しい

 

今夏は令和元年ということも

相まってなのか

理由はよくわからないけど

とにかく酷かった

 

お盆の忙しさだけでなく

8月は日本の戦の歴史が

詰まっている

 

子供の頃から毎年

意識をしている広島や長崎の日

だけでなく

8月11日は久留米の空襲の日

菊池武光さんの戦は

延文4年/正平14年8月6日

西暦で言えば1359年8月29日

 

大きな災害や事件も8月って

多い気がしている

何がどう関係しているのかは

わからない

 

たとえ何百年前の出来事でも

未だに思い残し

彷徨う人達が居る

ってことを知ったら

過去の出来事、

歴史の一部の知識として

覚えておくくらいでは

足りない気がするのよね

 

できればこの時期

自分のご先祖様を

供養するのと一緒に

戦によって亡くなった方々への

弔いの気持ちも

持っていただけたらなぁ

とか思ったりしてます

 

人の犠牲の上に成り立つ今

かもしれないと思ったら

なんかいろんなことを

もっと大事にできそうやし

 

それと

夏になると、誰でも

兵隊さんを拾っちゃうあるある

よくあります(笑)

 

そういう時は

拾ったご本人に

対応してもらう事が多いです

 

そうなんですよ!

その方法は様々なんですけど

実は、萬里みたいな

人間じゃなくても

誰でも心で霊を天に還す事が

できるんです

 

あ、決して萬里が

楽しようとしてる訳じゃ

ないっすよ(^◇^;)

 

皆さんに

菊池武光さんの想いから始めに

知ってもらえたら

それだけでも

これからの世の動きが

変わりそうな気がします

コメント