〜スピリチュアルルーム:座談会〜

あの世もこの世も話のテーマは自由です!

詳細はこちら

萬里のぼやき:能力者の現実②とパワスポツアー報告

メンバーのぼやき

こんちは〜

パワスポツアー行ってきました!

9月8日は天赦日・一粒万倍日・大安

と重なった最高の日だったようですよ!

 

現地は雲の中にいる状態だったので

下界の景色は所々しか見えなかったけど

安定の神聖な空気ε-(´∀`; )

 

実は『萬里は祈祷師』のお話の中に

出てきた

萬里の護衛『瀧琥(リュウコ)』が

本来の姿に戻り

(と言っても肉眼では見えない)

今世初、

萬里の目の前に現れた

場所でもあるのです!

 

ここで授かる御言葉は

とても簡潔で文章というより

ほぼ単語

『一を聞いて十を知れ』な

さすが修業場!!!

これまでの神社仏閣に比べると

より現実的で身近な感じがします。

 

さてさて

久々にH氏と会って

深夜まで会話して

改めて思いました

『なんて世界に

引きずり込んで

くれたんだよ!』

 

身体の不調については

萬里も同様に年中あるんですわ

H氏に比べたら

まだマシと思えるけど

ココ比べるとこじゃないし

(; ̄ェ ̄)

 

嘔吐下痢から

下し続けて一ヶ月半

浮遊が活発すぎるお盆から

肩甲骨あたりが痒いな?

ダニにでもくわれたか?

とか思ってたところから

背面上部から首、

二の腕、腰あたりまで

進行形で炎症と激かゆみが

広がっているところです

24時間かゆみとの戦い

( ;´Д`)

 

そんな話も交えて

我々の身体に起こる

不具合について

あまりにも

受け入れ難い真実を

サラッと・・・(; ̄ェ ̄)

 

H氏「病気(痛み)とは

うまく共存していく

しかないんです。

治そうと思うこと自体が

不可能なんです。

私も、手術してみたり

したこともあるんですけど

結局元の悪い状態に

きちんと戻りました。

それが、

あるべき自分の身体だと認めて

どう緩和していくことができるか

その手段をいくつも

見つけておいて

不具合とうまく

付き合う方法を見出して

いくしかないんです。」

 

((((;゚Д゚)))))))

 

萬里「痛みや何かしらの

不具合の症状が

出ても病院行って

切ったり縫ったり

投与したりしても

ダメなんですか?

緩和や対処しか

できないってことですか?

体調が良い日

なんて皆無の

毎日過ごしてると、

これがあれば

一発テキメン効く!

みたいなもの

探したくなるんですよ。」

 

H氏「それは諦めてください。」

 

萬里「((((;゚Д゚)))))))」

 

H氏「こうやって

年を追うごとに

出てくる症状は

生まれた時から

遺伝的にだったり

後天的にだったり

細胞に組み込まれて

元々身体の中に可能性として

含まれていたものなので、

それが悪い意味で開花したと

思っておかないといけません。

生きてる限り

いずれ出てくるであろう

症状だったということなので

いくら病院で

治療や手術をしても

結局元の悪い状態に

きちんと戻ります。

身体がそうでなければ

いけないということなんです。」

 

萬里「(; ̄ェ ̄)ゲッソリ」

 

H氏「だから、まず

自分の身体に毎度起こる

症状を把握しておくことが

大事かと。

この症状の時は

これで緩和される!

という薬や対処法を

たくさん見つけて

持っておくことが

一番楽に過ごせる方法だと

思ってください。」

 

萬里「全然

楽じゃないじゃん!

今夏も嘔吐下痢からの

最後の症状だと

思うんですけど

背中の炎症が

どんどん広がってるし

これに関しては

初めての症状だから

対処も追いついてなくて

24時間かゆいし!」

 

H氏「嘔吐下痢から

そろそろ

2ヶ月経つんですね?

期間考えると

最後のデトックスの症状

でしょうかね。

例のお清めの塩で

洗ってみてください、

のたうち回る痛さ

かも知れませんが(笑)」

 

結局、この身体で諦めろと

言われてるようなもんなのかな?

 

久しぶりにH氏と

お話しして思ったのは

私らの場合

健康で快適に過ごすため

生にしがみつくための

治療や手術は医療費の無駄?

(; ̄ェ ̄)

 

だからH氏は

ボロボロの身体なのに

3年も病院へ行けなくても

生きてられるってこと?

 

これまた『受け入れる』

ことが命題なんでしょうね

 

こんな言ったら

いかんとは思うけど

ウンザリする時あるのよね

 

だって一応人間だもの・・・

ばんり

コメント

スポンサーリンク