〜あの世の小窓座談会〜

10月25日(日)テーマは
おまじない・呪術

詳細はこちら

【第二の人生】12の章:トントントーン!は効果ナシ

【第二の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦ですが、なんか毎日おかしいです。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)有効に活用中。

 

 

萬里「もう遅いから帰りますね。

知らない話いっぱい聞けて

勉強なりました。

3回胸叩く、実践してみます!」

 

サクヤさん、ちいさん、H

「また、いつでもおいで~。」

 

と玄関に向かう

 

その萬里の背中に向けて

手を回転させる

H氏のしぐさに

気付いたが

何も聞かずに

通路を歩き自宅へ向かう・・・

 

ウチまではエレベーターを

上がるだけの距離

なのにその途中

クリアになった自分の意識に

何か入り込んだ気がした

立ち止まり少し考えた

 

『ん~、今戻れば

H氏まだ居るからな~。

でもさっき対応してもらって

すぐ戻って言うのも

申し訳ないな~。』

 

気を遣い

また放置したが

今回のは複数居る気がする

今まで通り

『気のせい』で済ませられるかなぁ

と思いつつも

なるべく現実の普段通りの

生活を心掛け

H氏に習った

胸を3回叩くを

度々実践してみた

 

トントントーン!

『私の身体から出ていけ~』

 

ん・・・?居る?居ない?

いや、

居なくなってないような・・・

 

気になった時に

度々3度叩く

毎日何回やっても

変わらない

 

H氏その場しのぎで

適当に言ったんじゃ?!

鹿児島のさん的ノリ?

 

全く変化を実感できない

そんな毎日

毎晩寝付くのに時間がかかる

 

ウトウトしだすと

騒がしさを感じ

イラッイラッと目が覚め

ウトウトすると騒がしいの

繰り返し

 

相変わらず我慢はするが

サクヤさんちでH氏とも

話もずいぶんしたし

少し打ち解けられた気も

するので

今度は自ら勉強会へ

行こうと思った

行けば心身両方とも

対応してもらえる

 

勉強会へ行き

今回もまた

H氏が嫌な存在に

感じるが

これは私の意思でなく

憑いてるヤツの意思だ!

と混同しないよう

心掛け

自分から持ちかけた

 

萬里「H氏気付いてたとは

思いますが、いつもの件です

お願いできますか?」

 

H氏「・・・。」

首をかしげながら

 

H氏「いつ頃拾ったか

覚えてますか?」

 

萬里「この前サクヤさんちで話した

帰りの通路で拾った

気がしてました。」

 

H氏「え?あのあとすぐに?」

 

萬里「歩いてたら、なんか

ポンッとくっついてきたような

感触があって

『もしかしたら~?』って

感じだったんですけど。

寝つきが悪い程度で

自分の意識もハッキリ

してるから、急ぐこと

ないだろうってのと

あの帰りにすぐ拾ったって言って

またサクヤさんちに戻るのも

なんだと思って。」

 

H氏「あ~、確かに

今憑れているものの

影響力がそんなにあったとは

思えませんが

何か聞こえたりは

しませんでしたか?」

 

萬里「あ~、騒がしいな。と

思ったことはウトウトした時

いつもありましたよ。

そもそも萬里は

聞こえたりしませんし。」

 

H氏「う~ん。

その騒がしさの中から

言葉は聞こえませんでしたか?」

 

萬里「聞こえるわけないでしょ~!

ザワザワしているだけで

それは普段とあまり

変わりないですから。

私声なんか聞こえたりしません

今までも聞こえたと

思った時なんかないし。

トントントーン!!は

効かなかったですよ!?

 

H氏「そうですか~。

少し背中に触れますよ。」

 

萬里「はい、お願いします。」

 

もう、このやり取りも

慣れたもんだ。

コメント