〜見えない世界のおはなし(座学)〜

10月4日(日)テーマは
パワースポットと神様

詳細はこちら

【第二の人生】14の章:どちらかというと前世は聞きたくない方です

【第二の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主役で主婦です!今H氏から何か話を持ちかけられている。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)緊張感漂う今回の面会。

 

 

H氏の言う

『お話』

なぜか、なかなか喋らない

ためらっているような

言うと決めたものの

迷っているのか

表情から色々読み取れた

 

しばらく沈黙が続き

やっと口を開く

 

H氏「最初に会った時に

『自分の前世を

聞いたことがありますか?』

とお尋ねしましたよね?」

 

萬里「はい、だから

別に知りたくはありません。

と言いました。」

 

H氏「どうしても

今日お伝えしないと

いけないことがありまして・・・。

どこからどう伝えるのが

最善か随分考えました。」

 

萬里「え~、もう~

なんかそんなにあらたまれると

怖いんですけど~。

なんかもう聞かなくてもいいです。」

 

H氏「いや、萬里ちゃんが

聞きたくなくても

どうしてもお伝えしなければ

なりません。」

 

萬里「一体何なんですか?

いつもなんだか含みのある

言い方で怖いんですけど!?

拒否してもいいですかぁ?」

 

H氏「はい、いえ、

拒否できないんです。

聞きたくないかもしれませんが

お伝えします。

まりちゃんのルーツは

中国にあります。」

 

「え?」いきなり目が点

 

聞きたくないって言ってるのに

なんで勝手に話し出す?!

 

H氏「それはおよそ

1800年ほど前の中国、

その時に萬里ちゃんの前世の方は

大きな偉業を残されました。

1800年前の萬里ちゃんは

一派を率い、中国全土を旅しながら

戦や飢饉、不幸にも

亡くなってしまった方々を

供養していらっしゃいました。」

 

萬里「は?は?( ꒪⌓꒪)は?」

 

なんの話?!訳わからなくて

言葉が出ない・・・

 

H氏「たくさんの人々を

救い助けてこられたんです。」

 

萬里「そんな急に

前世って言われても(;´д`)

萬里がそんな大きな事

やってたとは思えません!

 

たしかに戦の中に居たような

気はしてました。

でも、自分の性格考えたら

萬里は戦で戦っていた

男性ではないのかな?とか

気軽に思ってたくらいで・・・

しかも中国人?

萬里、日本人ですよ!

日本人ではないんですか?」

 

H氏「はい、日本人の時代も

ありましたが。

ひとまず、起源となる

時代のお話をさせて下さい。」

 

「は、はい・・・」

もう冗談すら言える空気ではない。

 

H氏「普通の人は皆

守護霊さんと指導霊さんの

お二人がお付きになられています。

そのお二方のうちの

守護さんは、所縁のある方や

ご本人のルーツに関わる方が

来られます。

守護さんは母体で受胎した瞬間から

死ぬまで同じ方となります。

 

指導さんは、

ご本人の才能や向き不向きを

示す方が来られます。

悪い事を考える人には

悪い考えを持つ指導霊

良い行いを心掛ける人には

同じように良い方が。

指導さんに関しては

その人次第で瞬時に

入れ替わったりします。

 

このお二方がまずメインで

居るのですが。

守護霊・指導霊共に

同じような役割

同じような活動をしていた方々を

連れている方はほとんどいません。

 

同じような役割、

役目を持っていたお二方(守護・指導)が

ご本人を導く役目を持って

後ろに付いているということは

そのお二方が指し示す役割を担って

生まれてきた方と言えます。

 

とても稀な事なんですが

萬里ちゃんの守護さんは

前世のまりちゃん自身

がいらっしゃいます。

その方が1800年前の

萬里ちゃんなのです。」

 

もう、何が何だかさっぱり

わからない

全く考える事もできない

意味不明。

 

何言ってんの?!この人!

コメント