〜見えない世界のおはなし(座学)〜

2020年10月4日(日)パワースポットと神様
パワースポットでは何が起こっている?・神様から好かれるポイント

詳細はこちら

坐禅体験しました!

トピックス
スポンサーリンク

玉です(^-^)

 

今日は、朝倉市にある甘木山・安長寺で、朝6時からの坐禅会に参加しました。

 

凛とした静寂の中、貴重な時間を得る機会でした(^-^)

 

時間を得る…というより、時間を止めてくれるような感じでしょうかね。

 

導師がいる、音や光が希薄な空間で、目を半分だけ開け、呼吸に集中する。

 

肩の力を抜き、背を伸ばしてはいますが、骨盤で座っているため、身体は微動だにしません。

 

身体の機能をほぼ停止するせいか、しばらくすると、自分の体が自分のものではない感覚になります。

 

ただ、肉体に魂が入っていて、その魂こそが「自分」なんだなぁって感じです。

 

日常の立場やしがらみなど、あらゆる些末時から解放され、ただの人間になる時間。

 

貴重です。

 

我流ですが、「数息観」をして呼吸を数えていましたが、雑念みたいな思いがいろいろ湧きます。

 

雑念は雑念で出るがままにし、放置します。

 

どうせ出るものを、無理矢理抑えようとは思いません。

 

どのみち「無」になどなれないのですから。

 

ただ、惰性で動き、常に情報を取り込み、ガチャガチャした日常生活を送っているよりは何百倍もマシです。

 

私は、以前やった坐禅やヨガで、一種のコツのようなものを掴んでいます。

 

雑念、反省、後悔、怒り、悲しみ。

 

それらを人ごとのように客観的に見ていきます。

 

「あぁ、この人(自分)はこんなことを思ってるんだなぁ」と。

 

そこに、なんの判断も結論づけもしない。

 

そして捨てる。

 

積極的な自己否定をする。

 

否定した先に「これが自分だ」という肯定があり、うっすらですが、自分というものも?き消えて、他者との境界線もなくなる。

 

その先にあるのは、「無」というより「自由な思惟」だと思います。

コメント