〜あの世の小窓座談会〜

10月25日(日)テーマは
おまじない・呪術

詳細はこちら

【第二の人生】20の章:受け入れたからには色々知りたい

【第二の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦なんですが、楽になりたい一心でとんでもないこと受け入れてしまいました(一応お話の主人公)

・H氏(おじじ)→リーマン能力者。萬里スカウトに成功なう。これからは萬里の教育係(?)

 

 

H氏は

ホッとした顔をしている

『受け入れます!』

とは言ったものの

実は何を受け入れてしまったのか

すら分かっていない
萬里「あの、今
受け入れます!と
言ったんですけど。
これから何を
どうすればいいんですか?」

 

H氏「今、受け入れた瞬間

萬里ちゃんのスイッチが

切り替わりました。
すぐには分からないと思いますが、
これから、私がしっかりフォロー
していきますから、

よろしくお願いします。」

 

ん〜、こうなったら自分の事を
もっとよく知らないといけないな

 

自分が一体何者なのか!?
まだまだ
聞かないといけない事は
たくさんある

 

萬里「これから

萬里にどんなことが
起こるんですか?」

 

H氏「萬里ちゃんは
今までずっと
視え聞こえ感じていたのに
自覚がありませんでした。

まずは五感を使い
認識していくことから
始まると思います。

と言っても
私に教えられた
前世の萬里ちゃんからの
情報の限りでしかありませんが。

何がどう、というのは

人それぞれ違うので

今ハッキリ返答はできません。

 

萬里ちゃんが
受け入れてくれたので
やっと、萬里ちゃんの

守護さんとの
やり取りがスムーズに
できるようになりました。

 

最初は姿すら視せて
いただけなかったんですよ。

その御姿(全貌)は
私ごときの

ハナクソのような人間には

簡単に視せてはいただけない
それほどの力を持つお方なんです。

まだ私は

萬里ちゃんの後ろの方から

完全には認めていただけては

いないようですが。」

 

萬里「あ、守護さんて
前世の萬里ですよね?
どんな方で
何をどうしていたのかを
よく知りたいんです。」

 

H氏「これからは
後ろの方から
色んなことを教えられると
思います。

それは私にだけでなく
萬里ちゃんに直接も含めです。

1つ1つに
大事な意味があるので
1つも逃さず見て聞いて
頭に留めておいてくださいね。」

 

萬里「はい・・・。」

 

・・・聞こえねぇつってんのに

見えねぇつってんのに(。-_-。)

 

萬里「H氏が分かる限りの

萬里の前世の事をもっと
教えてくれませんか?」

 

H氏「前世の萬里ちゃんが
生きていた時代は
日本の弥生時代にあたります。

おばあ様も強い力のある方で
民のために術を使い
導いてらっしゃいました。

その孫にあたる前世の萬里ちゃん、

おばあ様のその力を

丸ごと受け継いでいます。
私達は人々を『導く』事が
本来の役目です。」

 

萬里「『導く』って
一言で言われても
実際それがどういう事なのか
って分からないです。」

 

H氏「それは追々
分かっていきます。」

 

萬里「なんか、

言ってる事難しくて
ちょっと分からないんで、
まず、H氏自身が
今に至るまでの話を
聞かせてもらえませんか?
参考になるんじゃないかと
思うんです。

追い追い分かるにしても

今何一つ理解できてない。

さっぱりなんで

自分なりに考えられるように

ヒントを色々ください!」

コメント

  1. まえぽん より:

    おーっ!来たねぇー♪来ましたねぇーっ!

  2. 萬里 より:

    なんやろ、なんていうか
    成り行き感が拭えない・・・(;´д`)

  3. まえぽん より:

    そんなもんよぉー。きっと、計算尽くなのよぉー。