〜スピリチュアルルーム:座談会〜

12月18日(水)ゆる〜い感じであの世目線のお茶しましょう♪

詳細はこちら
スポンサーリンク

【第二の人生】49の章

【第二の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ってます。この頃思うのは、H氏から詐欺にあった気分。お役目受け入れたのに全然楽になんかなんないじゃん!!

・H氏→リーマン能力者(本物)萬里にお役目を突きつけ、「大丈夫大丈夫」となだめながら、嫌気がさしている萬里をどうにかこうにか牽引している。

 

 

 

萬里「で、もう一度聞きますが

身体に入れるタイプって何?!」

 

H氏「私は身体に霊達を

閉じ込めるんです。

私の身体には

いくつかの部屋があって

悪い奴を懲らしめる部屋

子供達を遊ばせる部屋

悲しい思いを抱えている人たちを

癒す部屋と

どれも

順追って供養していくんですが

ここのとこ忙しすぎて

3桁超えました

私の身体がどこまでもつか・・・」

 

萬里「なんですか!?それ!!

だから、

H氏ってロボコン(昭和)みたいに

手足細いのに

お腹だけ出てんですか?!

H氏の身体ちょっとしたホテル?

3桁って・・・。」

 

H氏「そういわれると

そんな感じですかねぇ。

長居してるヤツも

増えてきてしまって

対応が間に合ってないんですが、

それぞれの目的や想いを

叶えさせてあげる時間も必要なんで。

キツイですが。

 

だから今回使った

『人形(ひとがた)』を思い出して

少し負担を軽減できるかも!?って

淡い期待を抱いてしまいました

後ろからクレームが来なければ

の話なんですけどね・・・。」

 

萬里「え~!また後ろって・・・

H氏はいつも後ろの人と

話してるんですか?

 

もしかして

今まで一人でお役目

やってきたってのは現実の話で

本当は後ろの方と二人三脚?!」

 

H氏「そうですね~

常に相談や話はしますよ

こちらが話しかけなくても

いつもだいたい怒られてます

私も意外と言う事聞かなかったり

するんですよ。

 

萬里ちゃんもいずれ

そうなります。

 

今現在、萬里ちゃんに

まだ後ろの方との会話の

自覚がないから、

萬里ちゃんの後ろの方『萬惠』さんは

何かある時は

私のところに言いに来られますが

ものすごく怖い方・・・

 

あ、いや

優しさの中にも厳しさのある

凄いお方です。」

 

なんかアセアセなってる

萬里の後ろの方の声

萬里にも聞こえるようになるのか?!

 

萬里「で?

お役目受け入れたのに

前より楽になるって言ってたのに

なんでより一層

キツイ目に遭わないと

いけないんです?(-_-)」

 

H氏「楽になるとは

言ってないと思うんですが・・・。」

 

萬里「えーー!!

そんなの詐欺じゃん!!

(҂ ー̀дー́ )

こんなキツイならやりたくないっ!!」

 

H氏「え、いや、

以前お話しされてた

悪坊主の術が解けていないので・・・。

 

悪坊主を超えるための

修行となれば

やはりそれなりに

キツさは伴います。

でも、それに

耐えられる身体なので

しばらくの辛抱ですよ。

死ぬことはないので大丈夫です!」

 

萬里「えーー!

ちょっと

雑すぎじゃないですか!?」

 

萬里はこのあと

風邪状態で

しばらく体調不良を引きずったが

ほぼ通常の状態(けして健やかではない)

 

しかし、

軽くなったのも束の間

 

弟家族と両親からみんなで

ごはんを食べに行こうと

誘われた

 

父の友人が

食事処を経営しているらしく

そこは食材にもこだわる

自ら関東・関西あちこちへ

仕入れに出向く職人のお店

 

父はいつもお世話になっているので

その店で食事をして

お金を落とそうと思い

大人数での食事だ

 

その日が近づくにつれ

ものすごく

行きたくない気分になる

特に家族間に

問題がある訳ではないし

ごはんを食べるだけなのに

萬里はなぜか

すごく行きたくない

 

前日には微熱と寒気

身体がだるく

やっぱり断りたいので

萬里は留守番をしたいと言った

 

父は

「急にそんなこと言うな!

予約をしているのに!」

となんか断れない雰囲気に・・・

 

食欲もあまりないのに・・・

がんばって行ってみた

 

風邪っぽいからと

事前に伝えてはいたけど

この体調の悪さは多分、

見た目にはわからない

 

『大丈夫大丈夫。

ごはん食べたらすぐ帰る』

萬里の意識を切り替えさせる

 

その店は

朝倉にあった。

 

味のある外観、

宴会や集まりごとにもってこいな感じ

駐車場も店内もとても広い

 

予約していたので

お座敷に3家族分

広々と準備してあった

 

テーブルに着き

ごはんを食べ始めたが

やっぱり食欲がない

 

娘はまだ小さいので

ごはんを食べさせながら

萬里は食べるふりをしていた

 

時間が経つにつれ

頭がボーッとしてきた

どうしても

横になりたいだるさに見舞われた

座敷ではあるが

子供達は走り回り

お店の方も出入りしてるし

さすがに

ここで横にはなれない

 

両親に娘を頼み

『私は車で寝てるから』と

店を出た

 

子供の何かの時のために

持っていた携帯体温計で

なにげに測ってみたら

この数十分の間に

39度の熱

 

まただ・・・

ペース早すぎっ(;´д`)

 

もうすでに

意識が飛びそう・・・。

( ;´Д`)

コメント