〜見えない世界のおはなし(座学)〜

12月6日(日)テーマは
見えない物(者)から身を守る

詳細はこちら

【第四の人生】72の章:おひさしぶり!出逢いは、結局人が繋ぐのです!主に回想

【第四の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦なんだけどお尋ねという形で人の相談受けてます。細かく分類分けすると祈祷師。

・サクヤさん→萬里とH氏を出会わせた元治療院の先生。萬里と同じマンションに住んでいる。

 

 

ご無沙汰しておりました(^◇^;)

前の章までいくつかはパスワードかかってます。

読み返したい方は直接ご連絡くださいね!

 

パソコンの不具合かと思って

頭から煙出る程

調べて勉強して結果

人的問題だったということが分かり

若干疲れて書く気失せてました(⌒-⌒; )

 

ぼちぼち続けま〜す!

 

イマイチ配慮や気遣いに欠けていた

サクヤさん夫妻だったけど

今思うと彼らは彼らなりの役目が

あったんだと思う

 

前回の章まで回想していたんだけど

その中に登場するガマちゃん(旧Mさん)も含め

今に繋がった出会いをさらに思い返してみる

 

まだサクヤさんの治療院で

間借りしている頃

月に一度の氣の勉強会や

治療に来ている方々みんなで

あるSNSにハマっていた頃もある

あの頃はキツイと言っても

まだ平和だったな〜

 

その中にあるゲームを

みんなでやったり、

コミュニティを作って活動したり

会えない時間のコミュニケーションも

そこで取ってる感じで繋がりを強める

 

その頃

サクヤさんの元で治療を学んでいた

萬里と同じ年の女の子がいた

名前は『あやぱん』

 

まったりとした感じで

誰に対しても柔らかい態度で接する

萬里とは正反対な感じだけど

何かの用事でメルアド交換した時から

徐々に仲良くなっていったな

 

あやぱんも萬里が普通の人から

祈祷師へ進化していく過程を

つぶさに見てきた一人

 

あやぱんはH氏とは

萬里よりも前から付き合いがあるし

H氏の苦労も見てきてるから

萬里のことも同様に心配してくれてる

 

まだあやぱんのことをよく知らない頃

氣の勉強会の時に

横に座って手を繋ぐと

あやぱんは必ず発作を起こし横たわる

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

サクヤさんのところへ集まる人たちは

何かしら感の強い人達なのかと思ってたんで

あやぱんは萬里が連れてる霊的何かに

反応してるのかと思って

毎回申し訳なく思っていた

 

ほぼ毎日何かしらの霊を連れている萬里

悪影響しか与えないこんな人間が

傍に居ていいもんだろうか?

 

んだけど、H氏曰く

萬里の何かに反応してはいるけど

霊的なことは関係なく別の問題

と聞いて

ちょっと安心した

 

みんな何かしらの問題を抱えてるのね

だから癒しを求めて

こういう場所へ集うのかもしれない

 

とにかく

あやぱんでなくとも

誰かに悪い影響を及ぼすような

萬里の状態はベストではない

癒しどころか負担与えてるじゃん!

早く自分でなんとかできる

人間にならなければ!

 

そうやって数重ねて会ううちに

あやぱんが萬里の横で倒れこむ現象は

無くなっていったんでよかった

 

あやぱんは無駄口たたかず

周りから冷静に様子を見てるから

人の気持ちをよく汲み取ってくれるので

あんまり喋らなくても心地いい

 

お互い悩みをぶちまけ合い

お互いにできることを協力する

相互扶助的関係

 

その縁は今でも続き

あやぱんはいつでも

萬里のサポーターになってくれている

 

そうそう、

サクヤさんの治療院にいる間に

良くも悪くも縁ができた人たちは

いっぱい居る

 

萬里と萬里の今後を左右する人物を繋げる事

それが

サクヤ夫妻の役目だったのかも・・・

誰にでも何かしらの役割があるのよね

と考えると

誰からも必要とされない人間は

この世に皆無なのよ


ブログランキング・にほんブログ村へあの世とこの世とその狭間で・萬里は祈祷師(by.萬道研究会) - にほんブログ村

ついでにどれでもバナーをポチッと!応援ご協力していただけたら嬉しいです(^人^)

コメント

  1. まえぽん より:

    最後のコメント、なんかグッときた(≧∇≦)b

  2. 萬里 より:

    しばらく書いてないとなんだかたどたどしい感じ( ;´Д`)

    誰からも必要とされてないって思い込んで無駄に悩んでる方も多いのよね、自信の無さからかな。