〜運気を上げるには?vol.3〜

1月25日(土)『氣』を体感してみよう♪

詳細はこちら

【第二の人生】68の章

スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦なんですけどお役目持ってるんで、修行中です。あらゆる感覚を使って霊との意思疎通を図るのです。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)萬里の霊対応相談窓口。

 

 

これ以降

触覚タイムは違う形に変化した

次は触覚(痛み)で

相手の状況を見分け

把握し応じた対応をする事だ

 

何かが来た?!と思う前に

手の指のどれかが痛くなる

それで察知

 

はじめは、

死人が亡くなったときの状況を

訴える痛みかと思っていた

だけど、それが一日に何度も

代わる代わる違う指に移動する

 

萬里は布団に入った時以外は

頼ってきた死人を

まだ、

完全に把握する事が

できていない頃

 

これについては

H氏に頼らず

自分で感じ取り

状況を把握できるように

練習してみようと思った

 

ちいさんは相変わらず

『イタコ』のように

身体を貸し与え

死人の言葉を代弁する

ここはちいさんと協力して

探っていく事にしよう

 

萬里「う~、小指が痛い。

何が来たんだろう?」

 

ちいさん「小さな

子供の感じがするけど?」

 

萬里「わかった!

そのつもりで対応してみる。」

 

時間をおいて

萬里「あ~、今度は中指。」

 

ちいさん「成人男性の気がする。」

 

萬里「そう言われれば

今回は臭いがする!

男性ね、何が心残りなのか

聞き出すのに集中してみる!」

 

しばらくすると

萬里「ねぇ、ちいさん。

今度は親指が痛いよ。」

 

ちいさん「ん~、中年?

とにかく中年男性の気配を

感じるよ。」

 

萬里「あ~、なるほど。

男性の加齢臭がする・・・」

 

こんなやり取りを

数日間続けた結果、

五本の指のそれぞれ意味する『者』が

訪れた時に

それに応じた指が痛くなると判断

 

小指→子供・赤ちゃん

薬指→成人女性

中指→成人男性

人差し指→母親

親指→父親

 

単純にどこが痛い、

という訴えではなかった

 

ある程度

対応が落ち着いた時点で

H氏にメールした

 

H氏「そんな

パターンもあるんですね。」

 

萬里「パターン?

私らみたいなのの

一般的なやつではないんですか?」

 

H氏「少なくとも私はないです。

みんな同じ感じ方ではないので

萬里ちゃんにとって

わかりやすい訴え手段

なのかもしれないですね。」

 

数日後、

今日は朝から嫌な気分

萬里の周辺だけ

『下水の臭い』が

立ち込めている

 

何者か来ているのなら

他の感覚にも呼びかけが

あると思うんだけど

 

朝方、布団の中で視た映像は

表に植え込みがあるマンション

その目の前に駐車場らしき広場

 

ふと、瞬間移動

 

林が近くに見え

そこにマンホールの蓋がある

マンホールの蓋を開ける際に

引っかける小さな穴から

なぜかマンホールの中を

覗いていた

 

マンホールの中は

真っ暗なはずなのに

その状態がきれいに見える

 

『あ!マンホールの中の

下水に小さな男の子が浮いてる!』

 

6~7歳くらいの男の子

浮いているがまだ息がある

 

『助けなければ!』と

萬里は慌てたけど

浮遊で実際の身体は無いし

それがどこなのかも分からない

 

『どうしよう、どうしよう』と

慌てているところで目が覚めた

 

その時から萬里の周りは

下水臭で溢れている

 

『あの男の子は

今引きあげればまだ助かる!

H氏にすぐ連絡しなければ!』

 

萬里「H氏!

こんな映像見ました!

場所がよく分からないんですが

今助ければあの男の子は

助かります!

どうしたら助けられるんですか?」

 

H氏「あぁ、

萬里ちゃんも視たんですね・・・。」

 

萬里「え?H氏も視たんですか?」

 

H氏「私は、

あのマンホールに

投げ込まれるまでの

経緯を

追いかけてました。」

 

萬里「え?んなら、

何で助けなかったんですか?」

 

H氏「萬里ちゃんと同じく

『浮遊』で追っていたので

実際の身体は無いんです。

だから手を差し伸べる事は

できませんでした。」

 

萬里「なんで?!

どういう経緯で

あの子はあんなところに

浮いていたんですか?

H氏視たんでしょ?」

 

H氏「はい、

私は子供担当なので

主に子供の生き死にに

関わっています。

あの男の子は親からの

日常的な虐待に耐えかねて

逃げているところを

親に追いかけられ、

その親は捕まえた男の子を

自らの手で

マンホールの中へ

投げ込みました・・・。」

コメント