〜神降臨パワスポツアー〜

目的地は英彦山神宮
9月23日現在:1名様の参加枠があります!お申込みご検討ください。

詳細はこちら

【第二の人生】70の章:能力者の子供達

【第二の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。息子(高校生)と娘(3歳)がおります

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)挙動不審な動きをする事がよくあります。

 

 

H氏と出会い
役目を受け入れ
ここに至るまでの期間は
3ヶ月弱程度

 

あまりにも濃密な時間だ

 

最近ちいさんに、

子供の霊が来た時は
時々娘が反応をみせるようにもなった

 

娘は、

元々敏感で感が強く神経質

子供なのに熟睡できず
寝付くのは夜中の2~3時

 

我が家の寝室は

玄関に近い部屋

何時間かけて寝かしつけても
寝室だと、すぐに目を覚まし
リビングに走ってくる

 

お腹に居る時から
感が強いのは分かってたけど
娘に何が起こっているのか
どうしてあげればいいのかは
未だにわからない

 

以前、活源会の際
H氏が後ろを振り向きながら
治療院に入ってきたことがあった

 

H氏のおかしな行動は
当たり前のことなので
誰も気に留めない

 

氣の勉強会が終わり
みんなで治療をし合っている時
娘が入口をジッと見て
不思議そうな顔をしていた

 

そして、H氏をポンポンと叩き
娘「あのおにいちゃんも
あそびにきたのかな~?」

 

H氏「ん~、そうやね~
でもすぐ帰ると思うから
娘ちゃんは向こうで

遊んでおいで!」

 

娘「でもさっきそこ(入口)

にいたのに
もうあっちにはいってきてるよ!」

 

衝立の向こうの

治療台の方を指差す

 

確かに現実の

おにいちゃん達は

何人か居るものの
明らかに誰もいないところを
指さしている・・・

 

萬里は何て言っていいかわからない

 

それに、なんで

母親の萬里じゃなくて
わざわざH氏に

そのことを言いに行った?

 

あとで

こっそりH氏に聞いてみた

 

H氏「娘ちゃんは

完璧に視えてますね。
さっき私が治療院に来た時は
高校生くらいの男の子が
数十メーター先の歩道を
フラフラと歩いてたんです。
娘ちゃんが最初に気付いた時
確かに入口に入ってきてました。」

 

萬里「ホントですか?!
感が強いとは思ってましたが
そこまでとは思ってなかったです。
しかも、萬里より確実に

視えてますよね?!」

 

H氏「そうですね・・・。
この先しっかりと

様子をみていかなければ
なりませんね。」

 

萬里「でも、

そこに居たのなら
供養してあげなければ
いけないんじゃないんですか?」

 

H氏「大丈夫です。
気が済んだら出ていきますから。」

 

え?なんでそんな

悠長な事言ってんの?

放っておいていいって?

目の前に霊が居るのに

何もしないなんてっ!

 

なんか役目ってものが
よく分からなくなってきた

 

萬里「ところで、

H氏のとこも
子供さん3人いるじゃないですか?
やっぱり同じように

どの子も能力持ってるんじゃ

ないんですか?」

 

H氏「はい、3人ともそうです。
でも本人たちは知りません。

やはりこういう時は親バカで、
自分みたいな苦労をさせたくなくて
お神様や後ろの方にお願いして
弱めてもらっているので、
本人たちにほとんど自覚はありません。

 

他人のことは分かるのに
自分や家族の事は

何も教えてもらえない
身内の事だけは分からない。

私たちのような人間は
皆同じなんですよ。

それにウチの子達は、
私がこういう人間だという事も
知りません
妻にもお付き合いから結婚して
10年経って初めて告げました。

 

妻は今でも信じていません。
家族の理解を得るのが

実は一番難しい事なんです。
でも、萬里ちゃんの娘ちゃんは
お母さんが理解あるから
助けになれますね。」

 

萬里「理解とかそんなことより、

能力弱めてもらうってことが
可能なんですか?
それなら、

うちの子も普通の子に
してほしいですよ!」

 

H氏「本当は、

絶対ダメな事なんです。
何度も何度もお願いして
取引したような感じだったんです。
それはもう大変でした、

それでも能力が0になる
という事にはなりません、
あくまで抑えてるだけなので

ここはチョット勘弁してください
本来あり得ない事なんで」

 

萬里「取引ってなんですか?
悪魔に魂売るみたいな?
H氏だけ叶えてもらうとかズルい!」

コメント