〜あの世の小窓座談会〜

8月12日(水)お盆と秋のお彼岸:この時期起こりやすい不思議現象

詳細はこちら

【第四の人生】89の章:前世から引っ張り出す課題。それはそうと、霊でも子供はやっぱり純粋なのよ〜。

【第四の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→祈祷師で主婦です。子供二人います、子供達の感は薄れてきたようでホッとしてます。こんなキツいこと子供にはさせたくないと思う親心。主な霊担当は『成人男性』『頑固オヤジ』『お年寄り』『女郎』

・理妃ちゃん→萬里のお仲間。家庭ありで現実の仕事を隠れ蓑にして、ひっそり活動中。能力は超一流。霊担当は主に『母子』

・ガマちゃん→霊感があると噂だった、高校生の時の同級生。最近まで接点はほとんどなかったけど、あるキッカケで仲良くするようになった。前世は保育士さん的なことやってらした。

 

 

ガマちゃんの前世が萬里にも視えたけど、ガマちゃんに課された課題がすぐにわかった訳ではない。常に推測していかねばならない。

ん〜、いっそ前世が巫女さんだったとかなら、運び方も分かりやすかったのかもしれないけど・・・。

 

あ、そうそうこれはガマちゃんと関わってきた人達から聞いたことあって、多分萬里も聞いてた話だと思うんだけどね。(←覚えてなかった^^;)

 

ガマちゃん「最初の結婚の時ね、バージンロード歩きながら、どうやって離婚するか考えてた。」

「子供が欲しかっただけだから、子種さえもらえればよかった。」「旦那がどうしても、私じゃないとダメってしつこかったから結婚してあげた。」

 

そういえばこの手の話多かったな〜。って、聞いた話から前世と照らし合わせて考えた。

 

前世では終身独り身だったから、今世は子供を持つことや男性からモテるってことに強いこだわりがあったのかな?

 

よくよく思い出すと、霊的な話に加え、口説かれるとかモテるんです話もたくさん聞かされた。

ガマちゃんと出会った頃、彼女はちょうど2度目の離婚進行中だったし、恋多き女なのかな?程度で見てたな。

 

萬里はこの頃、2度目の結婚の最中で旦那も居たし、恋愛とかモテた口説かれたの話は20代の頃までにだいたい一通り終わってたから、遠い世界の話みたいな感覚だった。

 

保育士の資格も持ってるって言ってたから、前世の風景見た限り、それは成るべくしてなったものなんだろうな。と思ってたけど、

今考えると子供を持つことや世話をすることに対する考え方も、ちょっと何か違ったのかな?

不思議は多い。主に推測でしかないんだけど、答えを導き出すには、こうやって現実の言動行動と当てはめて考えていくしか方法がない。

 

遊びも集まりも娘さんは連れてくるけど、息子さんは連れてこない。

親との関係もあまりいい話として聞いた覚えがないから、ひょっとしたら父子間の問題から男性へ向ける目も少し違うのかもしれない。

 

ガマちゃんは、萬里が初めて聞くような資格やセミナーを受けたり、知らない世界の人達のイベントとか、積極的に行動して人との交流を広げていくところは、萬里と全く逆だから凄いなと思う。

 

萬里はいつの間にか人の輪の中にいた感じだから、初めましてのところへ飛び込む勇気も積極性もないもんな。

そもそも愛想も良くないし、自分を紹介するのも苦手。

 

あ、昔は違いましたよ、ダンサーもやってたしステージもあちこち出てたし、生徒会では副会長もして、黒人さんに憧れて、奇抜な格好を好き好んでやってて、目立ちまくりでしたから(ー ー;)

その反動なのかな、今は出来るだけ目立ちたくない、ひっそり暮らしたい希望です。

 

そんな萬里のことは分かってくれてたから、ガマちゃんがイベントとかに強引に誘ったりすることはなかったね。

 

ガマちゃんは前世も保育士さんみたいなことをされてた方だから、現世もそっちの方が合ってるのかもしれないね。

子供に囲まれてる方が、自分が落ち着いていられるのかもしれないよ。

 

そんな話をしていたせいなのかはわからないけど、ちょいちょい

「私の周りに何か(霊)が来てる、生活がままならない。」的な問い合わせが増えてきた。

 

症状は・・・?

ダルい

キツい

何もしたくない

布団から出たくない

眠気が取れない

寝ても寝た気がしない

 

主に睡眠障害的な内容が多かったかな?

 

ガマちゃん「病院に行って調べても何も出ない。」

 

うん、そうなんだよね。前々から当たり前のように、皆さんもご存知でしょうが、霊的要素による身体の不具合の場合、どんなに激痛やろうが死ぬほど苦しかろうが、病院で調べても一切何も出ないんですよ。

 

ウイルスでもない、菌でもない、レントゲンもカメラも何も異常なし、血液にも尿にも問題ない。

だから出す薬も治療法もない。

 

こんな困った事態は、自分の中で原因が特定されないことには、その不調から逃れることができないんですよ。

あ、現実的に考えるとこの場合、精神疾患の可能性もありますね。

 

前にお話ししたように、子供の霊が来た時は昼夜構わず、尋常じゃない眠気に襲われたりします。

子供の霊の思い残しって、純粋で生理的欲求が主なんですよ。

 

・お腹が空いた!

・眠たい!

・おしっこ漏れる〜!

・怖い!

・寂しい!

 

お母さんに求めるような内容がほとんどで、大人のように複雑な想いや関係性を残してることが少ないんです。

 

理妃ちゃんにはワサワサと子供霊が寄って来るので、面白いくらいその症状が顕著に出て、修行はじめの頃は大変でした。(萬里は横で見てただけw)

 

あ、症状として出るのはその子供霊の欲求とリンクしてしまうので、自分の身体にも擬似体験症状として出るからってことです。

 

一緒に出かけると、ドライブ中でも「おしっこ我慢できない!」って回数が異常に多くて、あちこちコンビニに駆け込む。

 

仕事中はパソコン見ながら、マウス動かしながら眠りに落ちて、萬里が自宅から遠隔で起こすということを試したこともあった。

 

ガマちゃんの問い合わせの内容からすると『子供の霊』と判断していい内容が多い。

萬里は修行はさせていただいたけど、相変わらず子供は苦手なので、こういう時は理妃ちゃんに協力を頼む。

ガマちゃんにも、そのことは伝えてるし理妃ちゃんと面識もつけてたので、子供霊らしき時は理妃ちゃん対応でお任せ。

 

ガマちゃんに自分がどうありたいのか?まだ、はっきりと聞いたことはない。お役目があるわけではないから強制はできないし、同じ事をさせるわけにもいかない。

 

時々冗談で「ガマちゃんも萬里と同じことやってみたら?できるんじゃない?!もし、本気でやってくれるなら、萬里すごく楽になるんだけど!?

やります!って言ってくれれば、直ぐにでも萬里が抱えてる担当の霊達そっちに回すよ?」

って言うことはあったけど。

 

ガマちゃん「嫌よ〜!萬里ちゃん見ててやりたいと思うわけないや〜ん!絶対キツいのわかるし〜!」

って、毎回返されてた。

 

萬里みたいな人間といると、元々何も感じなかった人でも開花してしまうことがある。

というか、こういう力は本来みんな持ってる能力だから、今まで気付いていなかった第六感が刺激されるという表現がいいのかな。

 

口では受け入れ拒否してるけど、出会った頃に比べると、霊障があるっていう話や、不思議なことが起こるって話が増えてきたから、本人も霊的能力が高まったと感じているのかな?

 

ついでにバナーをポチッとご協力していただけたら嬉しいです(^人^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント