〜聖地巡礼・日帰りツアー〜

お待たせしました、年に一度の日帰りツアーです!今年の目的地は大分方面です。
神社仏閣参拝の際に、参加者様それぞれへ神様からの『御言葉(ミコトバ)』をいただくことになっております。

詳細はこちら

自由と責任

メンバーのぼやき

玉です。

 

昨今は、マイノリティの方々を理解しようとする動きが盛んで、私も出来る限りそうしたいと思ってはいます。

 

しかし、マイノリティ(この括りもあまり好きではありませんが)の方からは、「まず、それが余計なこと!」という意見を聞いたります。

 

「理解なんかいらない。ただ、普通にしていてほしい」

 

要は、気を使われることが苦痛なのです。

 

もちろん、身体的な不自由があれば助けたりすることは必要ですが、そうでない場合は、社会のルールを逸脱したりしない限りは「放っておいてほしい」というのも、なんとなくわかる気がします。

 

しかし、男女平等や子育てに関しても、個人の権利主張が強くなれば、今度は違った問題が生じます。

 

男女を完全に平等にするのなら、女性だけを特別扱いすることはできなくなります。

 

子供の教育から厳しさを排し、過保護に育てるのなら、自己万能感が肥大したまま社会に出ることによる問題も、甘んじて受け入れなければならないでしょう。

 

差別や虐待、いじめなどはよくない。

当たり前です。

 

しかし、権利ばかりを主張する自己中心的な人間を増やしてもいけない。

 

要になるキーワードは「与える心」。

 

突き詰めれば「公の精神」です。

 

「生きる」という最低限の自由を皆が享受しつつ、社会という枠の中で共に生きるためには、大多数が納得できる基準を熟考し、制定・改定をし続けるべきです。

 

あとは、その基準の中における、自由と責任のバランスだと思います。

コメント

スポンサーリンク