〜スピリチュアルルーム:座談会〜

8月21日(水)座談会平日の部開催日です!お気軽にどうぞ♫

詳細はこちら

【第二の人生】86の章

【第二の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦です。お役目持ってるので修行中です。今回また初パターンの初対応。

・モミちゃん→感が強いんだけど、気付かないし、なかなか身体壊れない珍しいタイプ。氣の色が見えるんです。

 

 

モミちゃんを

両手で包み込む女性に
話しかけてみた

対話のために

視線を合わせたくて
顔を見たけど
女性の顔には影が覆い

暗くて見えない

でも、萬里の言葉は

きっと届いてるはずだ

まず何が目的で

何が思い残りなのか
問いかけた

 

霊『この子は私の子供・・・。』

 

女性が更に強く

モミちゃんを胸に

抱きかかえた

 

萬里「モミちゃん、

こんな風に言ってんだけど。
そもそもどこで拾ったか
心当たりある?」

 

モミちゃん「あ~、

試合であちこち県外に
行くから、

そのどこかだろうとは

思うんですけど
ピンポイントで

ココ!っていうのは
分かりません。」

 

萬里「ん~、なら
色々聞き出して

それに応じた説得

するしかないね~。」

 

モミちゃん「お願いします。
優しく抱えられてるから
シャボン玉の中に居ても
あまり不快感は

ないんですけど
このまま一緒に

連れてかれそうです」

 

萬里「うん、

ヤバい感じするね・・・。
あんまり時間かけちゃ

いかん気がする。
モミちゃんのことを

自分の子だと思ってるし
見れば違うって

わかりそうなもんだけど
顔が真っ暗で

表情も分からないから
気持ちが伝わって

きてるんだろうけどね。」

 

とにかく

女性の両手の中に居るのは
あなたの子じゃない!と

言い続けたけど
言えば言うほど

女性は逆上してきた

 

『あら、

余計めんどくさくなった(;´д`)』

 

この頃の萬里はまだ

『生きてる人間と同じように
死んだ人たちのことを考える』
という事が完全ではなかった

モミちゃんを我が子だと
勘違いしてる
この女性の気持ちを
汲み取る余裕はなく

 

なんとなく『ミナちゃん』と

同じような
強引で傲慢な対応をして
事をこじらせていたように思う

 

ひたすら
ああ言ったり
こう言ったり
『今あなたの両手の中に居るのは
生きた人間よ!
まだあなたと一緒に

天国へは行けない!』

となだめたりもしてみたけど

 

女性の反応は
『ならばこのまま

命と共に連れて行く!
私はただ我が子と一緒に
いきたいだけ・・・。』

 

切実な母の想いを
歪んだ形で表した

 

そういえば以前、

盲目の女の子の

対応をした時も
同様に家族同士

探し合っていたなぁ・・・

特に母親の子供に対する

思いが強いのは分かるが
今回の場合、

本当の子供が

どこに居るのか分からない

 

これ以上に

あれこれ声かければ
更に逆上して

モミちゃんの魂を

奪っていくかもしれない

そんなことされちゃ困る!

 

ここは強硬手段に出るしかない!

有無をいわさず

モミちゃんを現実世界に
引き戻そう!

 

とか考えても

こんなパターンは初めてだし
萬里の中身を出して派遣しようにも
その方法は知らない
いつも無意識で

勝手に出ていくだけやし

 

萬里「う~ん、困った・・・。」

 

忙しいH氏

すぐに返事があるかどうかは
分からないけど

『対応の仕方を教えてほしい』と
メールを送った

 

すぐに返事は返ってきた

H氏「こういう時こそ

瀧虎に命じて

動かしてください!
瀧虎は萬里ちゃんの命令に

忠実に従います。」

 

『瀧虎を使う!?
まだ一度もやったことないし
どうやって命令

すればいいんだ?!
それに、派遣して

瀧虎はちゃんと

帰ってこれるのか?!』

 

細かい疑問は

たくさんあるけど

そもそも毎回
H氏の答えはザッとしている

はいはい、

この場面もまた

『答えは自分で見つけろ!』
って事ね・・・。

コメント

スポンサーリンク