〜聖地巡礼・日帰りツアー〜

お待たせしました、年に一度の日帰りツアーです!今年の目的地は大分方面です。
神社仏閣参拝の際に、参加者様それぞれへ神様からの『御言葉(ミコトバ)』をいただくことになっております。

詳細はこちら

【第二の人生】87の章

【第二の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦です。お役目持ってるので修行中で、また新たな術を覚えたみたいです。

・モミちゃん→シングルマザーでプロスポーツ選手。霊の収集家と言っても過言ではない。昔の萬里のようです。

 

 

瀧虎を

出動させ

供養してもらった後

 

瀧虎はどうやって

帰ってくる場所が

わかるんだろう?

 

萬里が呼べば

いいもんなのだろうか?

 

瀧虎が活動している世界が

どんなところなのかも

わからないし

 

ペットみたいな扱いが

適切だとも思えない

念のため、

目印になる物を置いておこう

 

ということで

ロウソクに火を灯し

萬里「これを目印に

帰ってきなさい!」

と瀧虎に伝えておく

 

本題の命令

萬里「この頑丈な

シャボン玉を突破し

モミちゃんを背中に乗せて

帰って来なさい!」

 

この女性から

子供を奪うような

行為でもあるので

同時に女性への説得も続ける

 

モミちゃん「わぁ!

虎がこっちに向かって

走ってくる!」

 

萬里「モミちゃん!

そのまま

体当たりしてくると思うから

少し端に避けといて!

モミちゃんを背中に

乗せて帰ってくるように

命じたから、

その球体を

突き破ってきたら

すぐに瀧虎の

背中に乗ってね!」

 

モミちゃん「わぁ!!!

球体が粉々に砕けました!

背中に乗ります!」

 

生身のモミちゃんの

身体が揺れてる

 

モミちゃん「帰って来れました!

身体と中身が

一致したみたいです!

フワフワした感じが

無くなりました。

ありがとうございます!」

 

萬里「よし!

まだ終わってないよ!

女性が怒り狂う前に

説得しないと!」

 

霊『我が子を奪われたのは

二度目・・・。』

 

そんな風に聞こえた

悲しみ?怒り?

沸々とした気持ちが

ジワリと伝わってくる

 

萬里「ここに居ても

失くした子供には会えない

天に帰れば

必ず本当の子に会えるから

早く行くべきところへ

行きなさい!」

 

朱印や笹の葉を覚えた時に

聞いていた術も実践してみる

 

お九字を切るように

中指の杖(に見立て)に

人差し指を添え

文字を宙に描き

天に帰す作業

 

その際『安倍晴明』が

使っていたため

その名から取られた

『晴明(セーマン)』の

五芒星も一緒に描く

 

伊勢の海女さんの

御守りとしても現存している

一筆書きができる事から

 

『元の場所へ帰る』という

意味があり

海女さんはそのマークを石に描き

御守りとして身に付け海に潜る

 

『潮に流されず

元の場所へ帰れますように。』

という願掛け御守りだ

 

なので、

霊達を帰るべき場所へ

帰すための印(しるし)でもある

 

萬里が持つ役目『昇』

天に帰す『帰』

そして五芒星が1セット

 

その文字を描きながら

呪文を唱え

笹の葉に入れ込む

対話がうまくいかない時の

最終手段ともいえる

 

モミちゃんを

抱え込んでいた女性は

驚くほどに

すんなりと天に帰った

 

萬里がこれから

使って行く『漢字』、

手に入れろと言われ作った

3種類の朱印

それぞれの意味も

この時

ハッキリと理解できた

やはり経験の中で

理屈や意味を

理解していくものなんだ

 

てか、笹の葉すげぇ!

漢字の威力すげぇ!

霊対応が楽になるかも!?

また、

淡い期待を持たずには

いられない

 

萬里「モミちゃん、

身体の重さや

不調は取れた?」

 

モミちゃん「う~ん、

まだスッキリとは

いかないですね~。」

 

萬里「結構

長い時間連れてたから

余韻が残ると思うので、

このあとは

一連の作業として

仕上げにお清めの塩を

舐めるようにしてね。」

 

モミちゃん「はい、

今舐めときます!」

 

萬里「ところで、

瀧虎の背中に

乗った感じって

どうだった?」

 

現実世界では

絶対味わうことのできない

その体験

とっても気になるぅ〜〜〜!!!

 

コメント

スポンサーリンク