〜聖地巡礼・日帰りツアー〜

お待たせしました、年に一度の日帰りツアーです!今年の目的地は大分方面です。
神社仏閣参拝の際に、参加者様それぞれへ神様からの『御言葉(ミコトバ)』をいただくことになっております。

詳細はこちら

【第二の人生】88の章

【第二の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ちが覚えた新たな術は、見えない虎を命令によって動かすこと。なんて素敵なの!

・モミちゃん→シングルマザーのプロスポーツ選手。通常の人間ではありえないんだけど、霊を大勢連れてきます。

 

 

 

モミちゃん「私、

元々虎が大好きだったんです!
現実じゃなくても

背中に乗れるなんて
夢のようでした、

めちゃめちゃ嬉しいです!

だけど、

なんか瀧虎のしぐさが

嫌々だった気がするんですよ。

戻ってきた時は、

頭をフンっ!て振って
『早く降りろ!』みたいな。
すごく触りたくて

背中から降りた後
ムツゴロウさんみたいに
ワシャワシャって頭をなでたら
またフンっって

『触るな!』みたいに
されました。」

 

萬里「ほんとに!?

気位も高いみたいね。

『気安く触んなよっ!』

みたいな感じかな!?」

 

なんか、

瀧虎の意思表示を聞いて
より身近に感じた
その辺の動物と
同じ扱いしちゃ

ダメなんだなぁ~

 

H氏に

この日あったことを話した

 

H氏「瀧虎は本来
絶対背中に人を乗せたりは
しないんですよ!
今日は萬里ちゃんの

命令だったから
渋々だったんだと思いますが・・・。
死ぬほど嫌なことでも

命令ならばやってしまう、
どれだけ萬里ちゃんに
忠実なのかよく分ったでしょう。」

 

萬里「そうなんですね~。
でも主人の萬里も
一度くらい

乗せてほしいですわ~。
今度からは

遠隔が必要な時には
瀧虎にお願いしようかな~。」

 

H氏「今まで活躍の場が
ないままきてますから
存分に活動させて
ペアでお努め

がんばってください」

 

萬里「はい!

がんばります!」

 

相方が人間じゃなくても
こんな強い存在が居るのなら
いつも安心して活動ができる

 

モミちゃんは

かなりの頻度で
何かを拾い集めるようになった

モミちゃんは

福岡市内に在住だし
試合で遠征することも多いし

ちょっと、会おう!ってことを
マメにはできない

 

萬里が瀧虎の使い手になる

練習も兼ねて
会えない時は遠隔で
モミちゃんの

対応をすることにした

 

遠隔対応に

チャレンジすること自体が

初めてだし
順序なども

よく分からんけど
瀧虎を信じて

自分なりにやってみた

 

間も空かずに

モミちゃんから
ヘルプメールが来た

もうモミちゃんは
萬里と電話やメールの

やり取りをするだけでも

感覚的に現状を把握し

説明できるようになった

萬里よりも

成長速度が速くてビックリ

だからなのか分からなんけど
モミちゃんが

拾い集める霊達は
自己主張が強く
早急に対応しないと
モミちゃんに

『危険が及ぶかも?!』
と心配になるような

強めのヤツばかり・・・

 

最初の対応はやはり
『笹の葉の人形』
笹に朱印を押し

『呼び寄せ』をしてみる

それほど念が強くなければ
シュッと入るはずなんだけど
いつも中心人物だけが

動いてくれない

 

霊達は最低でも一つは
思い残しを持って

この世に残っている
その中でも想いの強い霊が
『悲しい』
と言う感情でいっぱいだと
同じく悲しい気持ちで

今を過ごしている人の

気持ちと同調して
憑いてきてしまったり

 

その強い想い残しに

引き寄せられ
同じく『悲しい』想いを

抱える霊達が
次々と引き寄せられて

集まってくる

その複数の霊達を抱えて
耐えられる人間って

普通居ないんだけど
(萬里らみたいなのは別として)

 

なぜか、

モミちゃんは複数連れてても
普通でいられる身体のようだ

これは、

気持ちの強さの表れでもある

萬里「少し時間をちょうだい」

と一度電話を切り

何度も笹の葉に

入れ込もうとしたけど
モミちゃんの元に居る
霊とコンタクトが取れない
拒否されてるようだ

 

遠隔自体が初めてで
どう説得すれば

いいのかわからない

『こんな時の瀧虎だろ!!』

 

念には念を入れて
H氏の力も借りつつ
派遣させようと思った

『瀧虎を出動させるので

サポートをお願いします。』
とH氏には
事前にお願いメールをして

 

瀧虎自身には
『H氏と一緒に
モミちゃんの所へ行き
供養してきなさい!
供養が完了したら
このロウソクの火を目印に
帰って来なさい!』

 

ロウソクに火を灯し
なんとか

様子を覗えないものか
集中してみる

 

・・・。

 

 

 

う~ん、やっぱ

なんもわからん・・・

 

( ;´Д`)

コメント

スポンサーリンク