〜聖地巡礼・日帰りツアー〜

お待たせしました、年に一度の日帰りツアーです!今年の目的地は大分方面です。
神社仏閣参拝の際に、参加者様それぞれへ神様からの『御言葉(ミコトバ)』をいただくことになっております。

詳細はこちら

【第二の人生】89の章

【第二の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ってます。新たな術『虎を操るの巻』しかし言葉で明確に伝えるって難しい・・・。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)見えない世界が丸見えのリーマンは、毎日がコントのような生活です。瀧虎の遊び相手。

・モミちゃん→シングルマザーのプロスポーツ選手。母子共に感が強くて、性格的なものかフンワリとして割と何事にも動じないタイプ。

 

 

 

しばらく

時間をおいて待っていたら

モミちゃんから連絡が入った

もう大丈夫な様子

 

モミちゃん「娘が

『虎さんが来た!』って

言ったんで

あぁ、来てくれたなら安心。

と思ったら

そのあとに

『おじじ、 

また遊びに来てね!』と

玄関に向かって

言ったんです!

 

それで『おじじが、

また来るね!って

バイバイしてくれたよ~♪』

って言ってるんですけど・・・

H氏も来られたんですかね?」

 

萬里「あ~、

H氏にサポートの

お願いメールはしてた。

瀧虎には、

H氏と一緒に行って

供養してきなさい!って

命令したよ。

だからH氏も浮遊で

様子見に行ってくれたんかな?

ちょっと、

詳しい事情はわからんけど。」

 

モミちゃん「なるほどですね~。

いつもお世話かけてすいません

ありがとうございました。

H氏にもメールしときます!」

 

渦中に居ながら

なかなか

訳の分からん世界だと感じる

 

H氏は

こんなことが日常な

生活を40年以上

一人でやってきたんだ・・・

 

とか、

なんとか考えながら

出張してもらった

お礼の電話をした

 

H氏「萬里ちゃん、

瀧虎に命令を出すときは

もう少し細かく

指示を出してもらえませんか?」

 

萬里「え?なんでですか?

明確に言ったつもり

でしたけど?!」

 

H氏「何て

命令されましたか?」

 

萬里「H氏と一緒に

供養してきなさい!って

供養が終わったら

ロウソクの火を目印に

帰って来なさいと

言いました。」

 

H氏「あ~だからだ~

私あの時間、

仕事の途中で

運転中だったんです。

 

メールがあったのは

気付いてたんですけど

会社へ戻って

確認しようと思い

メール開いて

なかったんですよ。

 

そしたら突然

瀧虎が現れて

車と並走しだしたんで

『???』と思ったら

急に瀧虎がハンドルに

前足をかけるんです

 

危ない!と思って

前足を振り払う、

前足をかけて

ハンドルを止めようとする

振り払う。

と何度も繰り返して

危なかったから

道路脇に車を

停めたんですよ。

 

その瞬間に

私ガクッと堕ちまして

気が付いたら瀧虎と一緒に

モミちゃんのお宅に

居ました・・・。」

 

萬里「それ、

なんのコントですか(笑)

どういうことですか?

H氏が瀧虎に

『車止めろ!』って

言われたって事?」

 

H氏「それが

萬里ちゃんの

命令でしたから。」

 

萬里「いや~、

萬里そんな意味で

言ってたつもり

なかったんですけど?!

そう解釈したって

ことですか?

『H氏にも連絡してるから

向こうへ行って

H氏と供養してきなさい』って

意味で言ったつもりで

迎えに行けという

ニュアンスでは

なかったんですけど。」

 

H氏「その言葉の

かけ方一つで

勘違いすることが

あるみたいですね~。

『H氏と一緒に』と

言った言葉に忠実に

 

瀧虎『H氏と一緒に行け

と言われたから、

おい!行くぞ!』みたいな

動きで来ました。

 

かなり焦りましたよ~

あとで

メールを見て

『あ~なるほど!』

と思いました。笑」

 

萬里「え!そうなんですか?

言葉って難しい~

今度からはきちんと

間違えないようにします!

 

で、モミちゃんの娘さんが

『おじじが来て

手を振った!』と

言ったらしく、

モミちゃんが

驚いていたんですけど

モミちゃんの娘さんには

ハッキリ姿が

視えてたんですか?」

 

H氏「はい、

そうでしたね~

家の中に入った時から

対応している時

帰るときまでジッと

私達を視てました。

 

そして、

さすが子供だな~!

と思ったのは

あんなにデッカイ虎を見ても

驚かなかったんですよ。

 

現実あり得ない事も

すんなりと

受け入れるのが

子供なんですね~。」

 

萬里「そ、そうなんですか?

どんなふうに

視えてるんだろう?!」

 

H氏「普通に、

現実と同じように

視えてたんだと思いますよ。

なので、

私もバイバイしましたから。」

 

萬里「あ~そんなこと

言ってました!

その世界大人には

理解できないです。

私も含め・・・。」

 

H氏「萬里ちゃんの

娘さんも同様ですが

子供は先入観なしで見るから

変だな?と思わないんですよ。

 

ただこれを聞いた

大人の反応が

大切になります。

 

私のように

否定されてきた人間は

人に話すことが

できなくなって

一人で苦しむことも

ありますから

モミちゃんのお子さんの

これからも同時に

見守っていかなければ

なりません。」

 

萬里「それほどの

力のある子供達

育てれば萬里らの仲間になる

可能性はないんでしょうか?

 

モミちゃんの現状見てたら

萬里よりはるかに

霊の事を理解できてる、

萬里と同様に

このまま対応を続けていけば

仲間や弟子としてやって

いけるんじゃないんですか?」

 

色々とキツイな~

思う毎日

どうしても

早く仲間が欲しい

のよね〜

 

(;´д`)

コメント

スポンサーリンク