〜スピリチュアルルーム:座談会〜

あの世もこの世も話のテーマは自由です!

詳細はこちら

【第二の人生】90の章

【第二の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ってるんで、毎日が修行です。次から次に休む間もない成長期、仲間は本当にいるのだろうか・・・

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)だいたい真顔で不審な動きする人。

 

 

 

H氏「萬里ちゃんが

そう思う気持ちは

よく分かります。

ですが、

子供は4歳くらいまでは

みんな視えてるんです。」

 

萬里「はい、

以前聞いたような・・・。」

 

H氏「そして

4歳の頃になると

選択の時がきます。

そこで力が強まるか

無くなるか

ハッキリと別れてしまいます。

 

なので、モミちゃんの娘さんが

萬里ちゃんのようになる

可能性は4歳頃で50%

 

それから、

小学校から中学校へ

上がる年の頃、

また選択の時がきます

この時点で25%

 

それに、

さらに前世や血筋が加わり

ザッとした確率ですが

10%以下の可能性になります。

 

だから、

現時点で仲間になる可能性は

否定も肯定もできません。

 

なので長期的に動きを

見ていく必要があります。

 

だからと言って

力が残ったとしても

確実に同じような事をやる人間に

なるとも言えません。」

 

萬里「はぁ(;´д`)

選んだつもりもないのに

こうなってしまった人間も

いるかと思えば

どう見てもすごい力があるのに

萬里と同じような事が

できるとは限らない

やっぱりそう簡単には

いかないんですね。

 

親心としては

やっぱり自分の娘も

同じようには

なって欲しくないかな・・・。」

 

H氏「モミちゃんに関して、

サクヤさんには

話していたんですが。

彼女はプロのスポーツ選手

そうである間は

プロとしての力を

存分に発揮して

もらわなければなりません。

 

いくら力があっても

この道に引き入れる事は

できないのです。

 

萬里ちゃんの

ダーリンさんと同じく

集中して仕事に臨めるように

サポートするのが

私たちの仕事です。

 

全ての物事を

『やってあげる』

行為はしてはいけない、

導くとは

『自身を高め

自立させる手助け』と

常々言われてますが、

モミちゃんの場合は、

全面的に対応は

こちらでやって

本人に何かを

させるというような

修行的な事は

させないで下さい。」

 

萬里「はい、わかりました。

でもしばらくはH氏も

ちゃんと一緒に

やってくださいよ。」

 

なんか難しい

そうでなくても

徐々にH氏との連絡の

頻度も減ってるし

 

H氏はH氏で

仕事が忙しく

家に帰っても、

夜中に相談者からの呼び出しで

出る事も多い

 

いつ寝てるんだろう?

って心配になるほど

 

萬里達は

色んな相談を受ける

傍から見れば

つまらない事でも

本人は死ぬほど

悩んでいたりする

 

でも、

冷たいようにも聞こえるけど

萬里達が対応する案件には

優先順位がある

 

一番は『命にかかわる事』

H氏はそういう人たちを

まず優先するので

萬里からのメールや

電話は必然的に後回しになる

 

萬里の場合は、

それだけでなく

『自分で答えを見つける事』が

課題でもあるので

放置できる間は放置のようだ

 

H氏の浮遊は

日常茶飯事のようだけど、

萬里はまだ初心者

身体から出る事自体

できれば拒否したいのだけど

身体から出た時の記憶が

ポツポツと頭に残るように

なっていた

 

意識しだすとやっぱり怖い

だけど次の修行は

『幽体浮遊(幽体離脱』

 

こりゃもう

すでに始まってんな・・・

 

( ;´Д`)

コメント

スポンサーリンク