〜スピリチュアルルーム:座談会〜

あの世もこの世も話のテーマは自由です!

詳細はこちら

【第三の人生】40の章

【第三の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。H氏から突然飛び出す話に毎回慌てます。なんか流れが早すぎる気がする。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)毎回、真顔で萬里の知らない世界を語り出す。

 

 

 

話は色々と

前後しているんだけど

 

ある日H氏の口から

またもや唐突に

ビビる話が飛び出した

 

H氏「そろそろ

行かないといけませんね。

私も時々一人で

行ってるんですよ。」

 

萬里「どこに?」

 

H氏「滝行です。」

 

萬里「出た~

ついに出た~!」

 

Hさん「適温になるまで

待たないといけませんが、

すでに

GOサインは出てますから。」

 

萬里「適温って?」

 

H氏「滝行は

基本最高気温が10℃以下

になってからやるものです

だから『寒行』とも

言います。」

 

萬里「殺す気ですか?」

 

H氏「今やらなくても

いずれしないと

いけないことです

とりあえず一度その場所を

見に行ってみませんか?」

 

萬里「はい、

どんなところでやるのかは

見ておきたいですね。」

 

H氏「では、

また予定を

合わせましょう。」

 

こういう時は

なぜかいつも

暗くなってからの時間

 

萬里としては

娘を寝かしつけて

旦那に子守をしてもらえる

夜の方が気持ち的には

ゆっくりお努めできる

 

その場所は、

そう遠くない範囲ではある

山の中

車の少ない山の麓の道を

ひたすら走る

 

H氏は、

どうしてその滝に

行くようになったのか

いきさつを聞きながら

 

H氏が平戸から

久留米に移住してきて

どこがどこかも

分からない頃、

車を運転していると

勝手にウインカーを上げてしまう

何かに惹かれるように

そのまま従い車を走らせる

 

気が付けば

どんどん山の中へ

進んでいく

この先に

何があるのか知らないが

どうしても

行かなければならない

衝動に駆られたそうな

 

萬里たちは

自身の意識とは関係なく

動かされる時がある

そういう時は何かしら

誰かしらに呼ばれている時

 

時間がない時以外は

逆らうことなく勝手に動く

自分の身体に従うことが

よくある

 

その場所は

萬里も知らなかったし

行ったこともなかった

 

まぁ、

今日明日の話ではないけど

滝場に行くこと自体

ほとんどないし

見に行く分は楽しみぃ♪

 

見にいくだけはね・・・

(。-_-。)

 

コメント

スポンサーリンク