〜スピリチュアルルーム:座談会〜

あの世もこの世も話のテーマは自由です!

詳細はこちら

【第三の人生】42の章

【第三の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。修行修行修行、何事も修行。浮遊だけの修行なら良かった・・・のに。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)修行修行修行の毎日らしいけど、ケロッとしてるように見えるからなんか凄い。

 

 

 

H氏「羅○寺で会った時

萬里ちゃんも

修行の途中でしたから

すでにやってますよ。

生身でやることだけが

修行ではないんですよ

浮遊だと自由が利く分

だいぶハードですが。」

 

萬里「なるほど、

だからいつも朝起きた時

体中が筋肉痛で、

何もしてないのに

みるみる筋肉が

付いていくんですね。」

 

H氏「身体の大切な部分

背骨や内臓、

首などを守るために

筋肉が必要だからですよ。

どんな衝撃にも耐えて

どんな攻撃にも

屈しない身体でなければ

いけませんからね。」

 

萬里「萬里は

プロレスラーですか・・・?!」

 

ここの滝は

萬里らが一般的に想像する

ダイナミックな滝ではない

荒行として入る

急な流れの滝でもない

 

しかし、

滝ならどこでもいいわけでなく

先にその場に居る方々との

やり取りで納得された上で

許可をいただきそれからになる

滝場によって意味合いも変わる

 

そして、

本来女は滝に入ることは

許されていないらしい

水の流れが落ちるくぼみを

『滝壺』と言うけど

滝壺には目に見えないものも

色々なモノが溜まる

 

昔から女は不浄物を出すとされ

女が滝へ入れば不浄物が流れ出し

滝壺へ溜まり滝が汚れてしまう

ということだそうな

 

神社の鳥居を

くぐることに関しても

女にだけある

月のモノを穢れとして

禁じられる話もある

 

根拠も分からないし

女性にとっては

失礼な話なんだけど

よくよく考えたら

苦行をする女性の行者って

あまり聞いたことがない

 

もちろん滝行だけが

苦行ではない

前提だけど

 

その女の代表として

GOサインが出るのは

光栄なことなのかもしれない

 

現実の萬里としては

できればやりたくはないけど

(。-_-。)

コメント

スポンサーリンク