〜オトナ女子会:旅館にお泊まり〜

10月25日(金)〜26日(土)久留米市内:18時半以降〜何時からでも参加OKです!

詳細はこちら

【第三の人生】46の章

【第三の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。色々また役目の話聞いてゲッソリ。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)昨日バッタリ100均で会った(笑)いつも真顔でキツ〜い事言わっしゃる。

 

 

 

氣の勉強会の日

H氏と視えた前世と

みっちゃんの今世

についての話をした

 

H氏「みっちゃんさんは

今世は大変な生活を

していたんでしょうけど

それを踏まえて

今世での課題を

早く気付かないと

いけなかったんですね~。」

 

萬里「どういうことですか?

前世もお金持ちなら

今世もお金持ち

じゃないんですか?

みっちゃんは子供の時は

毎日おもちゃを

買ってきてもらえるような

お金持ちだったのに

急にどん底な生活になるって

ギャップありすぎでしょう?

前の要素を

持ってくるもんじゃ

ないんですか?」

 

H氏「転生で持ちこすのは

環境ではなく課題なんです。

萬里ちゃんも

前世のお役目を

引き継いで前世で

やり残したことも

引き継いでますよね?

それについては同じものを

持ちこさないことには

課題がこなせないので、

強い能力は持ち越しで

課題は転生の度に

こなせなかったこと

合わせて三倍ほどの

課題になってます。

 

みっちゃんさんも

その時何もせず

ただ楽しむ生活で

一生を過ごしたことで

やるべきことを

やってこなかった結果

今世で苦しいことが

たくさん起こっているのです。

 

悪いことと良いこと

バランス良く起こるもので

プラスマイナス0と

思いがちですが

実は前世から転生を繰り返す

流れの全てを通して

プラスマイナス0に向かいます。

 

前世でやれなかったこと

やるべき事があるのに

しなかったこと

叶えられなかったことなど

課題となることを

持ち越して

今世でそれを

果たさなければ

また来世に

持ち越す事になります。」

 

萬里「そんな仕組み

なんですか・・・重い」

 

H氏「なので

今世に生まれて

課題に早く

気付くことができれば

その分早く

マイナスを減らす事が

できるんです。」

 

萬里「てことは、

萬里、気付いたの

5歳だったじゃないですか、

だいぶ遅いですよね?

前世は血筋だったから

子供の頃から分かってたはず

ですけどそれでも課題

こなせてないんでしょ?

っていうか、先代の頃に

課題ができたのか?!」

 

H氏「そうですね~

今世生きてるうちには

終わらないかもし

れませんね〜。」

 

萬里「H氏、

それ言っちゃダメなやつ

( ;´Д`)」

 

H氏「何にしても

タイミングって

ありますからね

その日その時

その時間でないと

来なかった

出来事の積み重ね、

そこで何を学びと取り

得られるかで

また来世も変わる。

その点では

気付くの遅かった

かもしれませんが

今までの経験が、

今必要なことに

繋がってるでしょ。

それが来世でも

活かされると思います」

 

萬里「・・・。

で、なんで人の前世とか

視せられるんでしょうかね?」

 

(。-_-。)

コメント

スポンサーリンク