〜オトナ女子会:旅館にお泊まり〜

10月25日(金)〜26日(土)久留米市内:18時半以降〜何時からでも参加OKです!

詳細はこちら

【第三の人生】48の章

【第三の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。自分に前世が見えていたことに気付き、見ることにどんな意味があるのかを知った。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)淡々とおかしな話をする、自称萬里の下僕。

 

 

 

萬里「K美の

今世での行いを

見てきた限り
男に対する執着心は

ハンパじゃなかったです。
女郎だとすると

今世の行動は
そこから何か持ち越してるって

ことですよね?」

 

H氏「そうですね~。」

 

萬里「でもですよ!
伝える必要が

あるとしても
本人に言うとしたら

『武士でしたよ!』
『貴族でしたよ!』

『巫女さんでしたよ!』
と同じように

『女郎でしたよ!』
とか普通に言えないですよね?!

 

H氏「そこは~

物は言いようですよ!」

 

萬里「え~!

女郎は女郎でしょ?」

 

H氏「ほら、

色々あるじゃないですか~
遊女とか花魁とか、

そっちの方が
聞こえはいいでしょ?」

 

萬里「ん~、

そんな高級な感じでは
なかったですけど~。
ソフトにカバーした

言い方でもいいんですね?」

 

H氏「必ず

ストレートに伝える必要が
あるわけではないです。
例えば前世で自殺した方は
今世も同じ年の頃に

同じような方向(状況)に
向かいます。
だけど、今

目の前にいる人に
『あなた自殺しますよ!』

とは言えません。
転生のたびに

自殺を止めることが

できなかった
イコールその人の課題は

『自殺しないこと』
なので、私達がやるべきことは
そうならないように

課題をこなせるよう
導くということです。」

 

萬里「ん~、課題かぁ。
映像から伝えるべき課題を

拾うってのが難しい・・・。
まぁ、K美に関しては
今後関わるつもりもないので
伝える機会もないですけど。
それにアイツの場合

花魁なんか言うたら
逆に喜びそうだし。
言う価値もないけど
K美の映像から意味するものを
なんとなく解釈する

練習とします。」

 

前世とか興味本位でしか

考えてなかったけど

なかなか重たい意味があったんだな

 

と思った出来事。

 

やっぱりお役目多すぎると

感じる今日この頃・・・

 

(。-_-。)

コメント

スポンサーリンク