〜聖地巡礼・日帰りツアー〜

お待たせしました、年に一度の日帰りツアーです!今年の目的地は大分方面です。
神社仏閣参拝の際に、参加者様それぞれへ神様からの『御言葉(ミコトバ)』をいただくことになっております。

詳細はこちら

【第三の人生】53の章

【第三の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。現在理妃ちゃんと霊対応の不得意分野を担当交代の修行中。悪戦苦闘。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)サラッとまた漫画みたいなことやりはったわ。

 

 

 

H氏「大人は色々と

念や欲求が多いですが、

子供は純粋に

生理的欲求が多いので

そこを満たしてあげれば

自ら天に帰ります。

だから私はよく

アメ玉持ち歩いてますよ。

お腹を満たしたり

嗜好品を与えると

安心するようで。」

 

萬里「じゃぁ、

説き伏せたり

しつこいほどの会話したり

大人ほどの対応する

必要はないんですかね?」

 

H氏「そういう訳でもないです。

皆同じではないから欲するものも

それぞれ違いますし。」

 

萬里「やっぱ難しい

言葉で会話できない

パターンもあるでしょ?

胎児とか赤ちゃんとか・・・」

 

H氏「そうですね~

やって慣れてみるのが

早いですね。

後ろの方からの指令も

発動してますし

しばらく担当入れ替えで特訓

やりましょうかね。」

 

萬里「なに?!また新しい試練?!」

 

H氏「得意不得意があっては

すべての対応に

手間どってしまいますし

しばらく理妃ちゃんと

担当を交換しましょう。

理妃ちゃんは

成人男性やお年寄りを主に

萬里ちゃんは母子を主に

頑張りましょう!

 

子供は怒鳴るだけでは

無理ですよ。

今までのように

怒鳴りあげたり

殴ったりが通用するのは

男性だけです。

理妃ちゃんも苦戦することに

なるとは思いますが。」

 

萬里「とは言うものの

そんな事務作業みたいに

担当交代なんか

できるんですか?!」

 

H氏「はい、

今夜から早速

それぞれに案内看板立てて

誘導しますので。」

 

萬里「また萬里らには

見えない看板ですね・・・」

 

いくらなんでも

そんな漫画みたいなことが

できるとは思っていなかった

少しナメていた

 

その夜から

周囲に感じる気配は

遊び回る騒がしい

子供たちに!?

娘は小さい来訪者を

楽しんでいるが

萬里は取り扱う相手が

極端に変わり

パニック状態だ

 

ここ理妃ちゃんと

情報交換しながら

対応の仕方を教え合うしかない

 

毎日お菓子を与え

お風呂に入れ

彼らの代わりに

頻繁にトイレに行く

大人なのに

我慢できなくなるのだ。

 

だっこしておんぶして

寝かしつけ出るはずもない

お乳を飲ませる

 

あ、今更ですが

ここで間違えないで欲しいのが

この作業はすべて死人に向けて

頭(心)の中で

こなしていることです。

 

同じく理妃ちゃんも

男性方と

どう会話して

どう説得すればいいのか

悪戦苦闘していた

 

萬里「もーう!!

H氏!!

これいつまで

続くんですか~?!」

 

H氏「慣れるまでです。」

 

( ;∀;)イツモノヤツ

コメント

スポンサーリンク