〜スピリチュアルリーディング〜

5月25日(土)オーラを元にアドバイス!

詳細はこちら

【第三の人生】56の章

【第三の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。萬里は今日もぼやく

 

 

 

色々と知れば知るほど

自分の役目や
前世の自分(先代)の大変さが

身に染みる

 

ここまで聞いてしまうと
進んで行こうとは

思わない場所も
増えてしまうけど

向こうから

お呼びがかかれば
おのずと出向かなければ

いけなくなる

 

追い込まれ

その気もなかったのに

気が付けば
行きたくなかった地へ

どうしても
行かなければならない

理由ができたりする

世の中で

偶然と思われることは
実は必然なのだ

 

次々と急激に

能力開発させられている
H氏と出会った当初
今のような状態に

至るまでには
2~3年かかると

予想されていた

ところが数カ月で

目覚ましい進化を

遂げてしまったのは
それだけ求められてる

時代になったから

 

萬里の能力は

急かされるように進化して
心も身体もそれほど

ついていけてない気がする

『早く早く!』という言葉は
いつも聞こえているのだけど・・・

 

同時進行で

生きた人間の相手もしているが
まだコツが分からず
自分の口から出る言葉に

はっきりとした
自信も持てない
死んだ人より生きた人の方が
やり取りは難しい

相手の言葉に

翻弄されてキレることは
多少

少なくなったとは思う

元々気が短く

怒りのパワーで物事を
動かす癖があるので

根気よく導くために
『静』の動きを覚えることも
一生通しての修行だといえる

実はこれが萬里にとって

何より難しい

 

話は変わるけど
あの世とこの世の

狭間に居るのを
生々しく実感できるのは
布団に入り眠りにつくまでの
ウトウトしたとき

これは萬里に限らず

みんな同じ

 

授業中に居眠りして
階段から落ちる夢や

転ぶ夢を見て
「ガンッ!!!」と

前の席の椅子を
蹴ってしまうことは

誰でも一度は経験あるだろう

 

熟睡はしてないけど

ハッキリ起きてもいない
脳は活動している

俗にいうレム睡眠の状態

金縛りにあうのも

この状態の時が
多いようだ

ちなみに萬里は
金縛りにあったことない
なぜかタイムリーに

『金縛り』についての
相談が相次いでいる
「私には感がないので!」

という人は多いけど

第六感はみんな

標準装備で備わっている

 

ただ使い方を忘れているだけだ
みんなもっと活用してほしいと
切に思う

そしたら萬里は

少し楽になるかもしれない・・・

と他力本願も少しは

許してほしい

 

(。-_-。)

コメント

スポンサーリンク