〜あの世の小窓座談会〜

8月12日(水)お盆と秋のお彼岸:この時期起こりやすい不思議現象

詳細はこちら

【第三の人生】62の章:何事も身体を清めて挑む

【第三の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。滝行することが決まっても、心はなかなか決まりません。諦め悪い方です。

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)見かけによらず、けっこう厳しい修行してたのね。そんなおじじ。

 

 

 

萬里がお役目を

遂行する中で

『手作り』という

動きが欠かせない

 

1800年前の中国で

使っていた物を

すべて揃えろ!という

要求を

度々後ろ(先代さん)から

指示されるが

1800年前中国にあった物を

現代の日本で手にすることは

まず不可能に近い

 

幸い萬里は

物作りは得意な方

 

材料も近いものを集めて

手作りできそうな範囲の物は

試行錯誤しながらでも作る

 

割と頑張ってんだから

多少妥協することも

許して欲しい←というのは

何気ない抵抗

後ろの方に対する

訴えでもある

 

日々寒くなる

毎日こんなに

気温を気にしながら

ドキドキして

過ごしたことはなかった

 

滝行に行くのは

もちろんお仲間の

理妃ちゃんも一緒だ

 

滝衣の下は裸なのか?

サンダルは履いてもいいのか?

着替えはどこでやるのか?

 

分からないことばかり

 

自分たちなりに色々考えて

行く準備はとりあえず整えた

あとは心の準備

 

なにせそれが一番整わない

 

H氏「10℃切りましたね。

もう少し冷え込んだら

決行します。

女性方の

月のモノがない時に

日程を合わせておいて

ください!」

 

萬里「10℃切ったんだから

もう行けるでしょ?

冷え込み待ちの必要ある?」

 

H氏「行者さん方からの

指示が出るまでは待ちです。」

 

萬里「あ、

OK出たからといって

自分達の良い時じゃ

だめなんですね。

そうですよね

行者さん達の場所ですもんね

人の家に勝手に

上がるようなもんですもんね。

 

あ!今

思い出したんですけど

あの滝どう見ても

入っちゃいけない

とこでしたよね?

柵してあったし

『入るな!』て

書いてあったじゃ

ないですか?!」

 

H氏「えぇ、まぁ

立ち入り禁止の場所です。

だから、

人気のない夜中に

行くんですよ。

 

入る前に御神酒と

御塩で清めるんですが

時々お酒のニオイが

立ち込めてる時があるので

他にも行をしに来てる方が

居るみたいですよ。

まだ出くわしたことは

無いですけど。

 

萬里ちゃん達も

きちんと清めて

決行になるので、

行く前に御塩で

身体を洗い、

水を被っておいて

いただくことに

なりますから。」

 

萬里「え?

水に入る前にも

水かぶるの?

( ;´Д`)」

 

H氏「入らせて

いただくのでね。

身体を清めて行くのは

行者さん方への

礼儀ですよ。」

 

なるほどーーーっ!!!

( ;´Д`)

 

 

 

コメント

  1. おとみ より:

    軽く死ねるwww
    絶対イヤだ(OдO`)

  2. 萬里 より:

    おとみはん>風邪すら引かんよ・・・なぜだか?

  3. まえぽん より:

    やだぁー!さむぅーいっ!

  4. 萬里 より:

    まえぽん>大丈夫!すぐに麻痺するから!