〜アナザーワールド:講座〜

9月1日(日)基礎編講座:霊は怖くない・祈祷師体験談

詳細はこちら

【第三の人生】76の章

【第三の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。実は2019年出だしから動きがスローです。頭回ってないのよねー、でもお役目は休めないっ!

・モミちゃん→女子プロスポーツ選手。ネタが尽きない。萬里の修行に付き合わせてしまってる感じなっちゃってるけど、本人はいたって普通。

 

 

 

ハッキリ言って

『スランプ』ですw

なんだか文章が

面白くないでしょ?

 

モミちゃんという

素晴らしいネタが

ありながら

うまく表現できず

なんだかなぁ・・・

 

実は

第三の人生50の章

あたりまでは

創作意欲マンマンの時に

書き貯めてた分なんです

 

この辺りから

またスローペースに

なりそう

( ;´Д`)

 

って色々

言い訳しときます(笑)

 

季節はどの頃だったか

忘れたけど

モミちゃんは

異常な寒さを訴えてきた

 

モミ「とにかく寒いし

身体が冷えて

どうしようもないんです。」

 

萬里「冷え性なの?」

 

モミ「いえいえ、

今までこんなに

寒いと思ったことは

なかったですよ。

 

というか、

子供がたくさん

いるような気が

してるんです。」

 

萬里「子供?

モミちゃんが

子供連れてくるの

珍しいよね。

萬里にはまだ

把握できない(-。-;」

 

と、そんな

やり取りをしている時に

営業の仕事途中で

H氏が訪ねてきた

 

実はH氏は

よく仕事をサボっている

 

H氏「おお!

モミちゃん

お久しぶりですねー!」

 

萬里「H氏!

モミちゃん

なんか連れてきてるけど

萬里には把握できません!

気付いてんでしょ?

状況教えてください!」

 

H氏「・・・。」

 

あ、また黙った

こういう時は

H氏が口を開くのを待つ

 

きっと霊の状況を

観察、把握

してるんだと思う

 

H氏「雪山ですね。」

 

萬里

モミ「はい?雪山?」

 

H氏「はい、遭難したのか

なんなのかは

よくわかりませんが、

大勢の子供が

渦を巻いたように

ゴーッて

走り回ってる感じで

雪の中にいるんです。」

 

萬里「???

モミちゃん映像見えない?」

 

モミ「はい、わかります。

とにかく寒いです。

だから動き回ってるん

でしょうか?」

 

H氏「んー、

よく分からないですね。

大人の人達も何人かいます。」

 

萬里「何人かって

どんだけ連れてんですか?!

大勢の子供+大人達?!」

 

H氏「んー、

10人とか

そんなもんでは

ないですねー。」

 

モミ「はい、

20人近く

いるかもしれませんね。」

 

((((;゚Д゚)))))))

コメント

スポンサーリンク