〜あの世の小窓座談会〜

3月10日(水)~あの世の小窓座談会~
芽吹く春・起こりやすい不調の霊的意味

詳細はこちら

敏感も第六感も似たようなもんだ

トピックス
スポンサーリンク

多発性円形脱毛症のハゲ(生え)具合を

誰かに確認して欲しい今日この頃、萬里です( ´ ▽ ` )ノ

10円どころか500円大が最高で6箇所同時にとか、もう泣きそうやったよ。

ここんとこ抜け方は通常と変わらない感じだから、少し治ってると良いな〜。

 

昨日は昼前から肋骨がピキピキして変な痛さが継続、深夜吐き気と腹痛で眠れずだったので

今日は一日横になってました( ;´Д`)悪夢しか見ないけどね・・・。

こういう時は1日水分のみで何も食べずにお腹休ませます。

こまゆ、今回はどこに行ったの?高級玉子が届いたぁ!!!

先日、娘と用事で出かけてたら

萬里さーん!今家にいます?
居なかったら玄関前に置いときま〜す!!

って!ちょっ!!ウチの玄関開けたら目の前すぐ道路っ!!玉子をどこに置いとく気だったんだっ!?笑

駐車場に収納ケース置いてるからその上に置いといてくれたらありがたい!と伝えておいたら、きちんと中に収納されておりました🥚

いつもお土産ありがとー!!!

 

第六感は五感の延長線上にある

座学や座談会でよくお話してることで、ご存知かと思いますが。

標準装備のはずの五感なんやけど、これが敏感なことが悩みの方も居るんですよね。

それを生きづらいと表現される方も一定数おられます。

 

五感が発達してるということは、原始の頃からの危機察知能力が高く残っているということ。

大昔は、遠くから来る敵や獲物を早急に見つけたり、口にして良い物か悪いものか?ニオイで判断したり触れてみたり、太陽と雲、風を肌で感じて天候を判断したり、ただ生存するために五感をフル回転させてたはずなんです。

時代が流れ文明が発達するにつれ、雨風しのげてある程度の安全も確保された環境になれば、生命を脅かす出来事って減ってくるよね。

そうなると感を働かす機会は減ってくるし、身の回りの機械や設備が発達してきたことによって、生きるために五感を使う必要性が薄れてきているんじゃないかなと思ってる。

想像力や考える力が弱くなってるのは、経験や知識がなくても、手元でちょちょっと調べればすぐに答えが出る環境だからだよね?

 

便利になればなるほど、快適を求めるほど、身の回りの物が自分の知らないうちに、身体の機能に不具合を引き起こすこともある。

萬里の話に科学的根拠は何もないけど、実際見てきた経験上の話ね。

人間の身体って細胞と細胞の摩擦で微弱な電流を発生させてるから、少しでもその流れが阻害されると肉体的な不具合として現れたりする。

萬里は何がどうなってそうなのかはわからんけど、電波の音や普通耳では聞こえない音が聞こえたりするから、霊の発する生きた人間とは違うエネルギーの動きも感知できてるんじゃないかと思ってる。

霊がいる時に存在をアピールする時や、なんだか分からんうちに触れてしまったっ!って、影響受けやすいのが、電波や電気系統。

よく、テレビが勝手についた!消えた!とか、部屋の電気が勝手についた!とか、携帯の調子がめっちゃ悪いのに、修理出しても問題ないと言われる。とか、タッチパネルが勝手に切り替わるとか、新しい家電が壊れるとか。

めっちゃあるある!なのは、形のない電流や電波は、形のないエネルギー体(霊)の影響が顕著に出やすい(霊が触れやすい)から。

 

一昨年くらいから、不意に今まで聞いたことのない電波の波が押し寄せて来て、飲み込まれる感覚があって、それがとても不快でしょうがない時があった。5Gが始まった頃と一致してる。専門家の方々は人間の身体に影響はないと言い切ってるけど、それならなぜ萬里はその電波を不快に感じるんだろうか?

こういう感覚を『霊感』として捉えてる人もいるかもしれない。前々から言ってるけど『霊感体質』とか『霊媒体質』とか、そんなの無いからね!

感受性、五感の鋭さから受け取った感覚をそれが何か判別できるかどうか?が、霊感に近くて、

閃きやピンとくる感覚、何処からともなく湧く自信や確信、それが第六感。五感をフルに使えてる結果、第六感の受け取りがスムーズにできるという感じかな。

どれも標準装備だけど使わなければ退化していく、ただそれだけのこと。

あ、老化で退化していく器官もあるけど(例えば老眼とか耳が遠くなるとか)何処かが退化すると他の器官で補おうとする力が働くから、気落ちすることはない。病院へ行って治療が可能なものはやった方が良いしね。

萬里はド近眼で乱視も酷かったんだけど、最近老眼も出て来たっぽい(^^;

遠くも近くも見えない状態になったら、違和感で物事を見るようになってきた。運転もほぼ触覚と感、目で見ることをしなくなったら運転上手くなってぶつけることがなくなったし、パトカーに止められることもなくなったから不思議だわよ。

 

不具合の原因となる可能性

体内電流を阻害する物は、他にもある。金属や隕石(地球上の身近に無い物質)、銀歯とかインプラント。

元々体内に無い物質(金属)は、流れを変えてしまったり、止めてしまったりするもので、身体の中でも比較的頭(脳)に近い部分に装着すると、影響を受けやすいと思われる。

肩こりや長期間の頭痛や耳鳴り、頭周辺の不具合が続くときは、身に着けているものを見直してみると緩和されたりするよ。

みんながみんなって訳ではなく、相性もあるし、もちろん何の問題もなく過ごせる人もいるから、一概には言えないことだけど、実際銀歯を入れ替えたら慢性の頭痛が治ったという例もあるからね。

萬里はマスクやカチューシャ、イヤリング、髪の毛をセットした時(ピンやゴム)とか地味に血流を悪くするものが頭周辺にあるだけでも、酷い頭痛を引き起こすから、身に付けるものはできるだけシンプルにしている。本当のところ服すら着たくないくらいだからね(笑)

流れをスムーズにするためには、やっぱり水分も大事!『水分は電気を通しやすい』てこと知ってるなら、当たり前ってのわかるよね。

水分不足から頭痛や吐き気、こむらがえりが起こることもあるから、摂取する水分の質にこだわってマメに摂ることは、マスクが日常の今、免疫力保つためにもとても大切。

色々言うてるけど、萬里も現代の便利さを手放すのはもう無理だから、できるだけ原始的な身体に近づけるにはどうしたら良いか?基本的なことをよく考えるようになったよ。

 

ちょっと疲れてきたので、つづきらしき事はまた今度〜( ´ ▽ ` )ノ

 

ついでにどれでもバナーをポチッと!応援ご協力していただけたら嬉しいです(^人^)


ブログランキング・にほんブログ村へあの世とこの世とその狭間で・萬里は祈祷師(by.萬道研究会) - にほんブログ村

トピックス 日々のつぶやき

Upcoming Events

萬里をフォローする
萬里は祈祷師(by.萬道研究会)

コメント