〜スピリチュアルルーム:座談会〜

12月18日(水)ゆる〜い感じであの世目線のお茶しましょう♪

詳細はこちら
スポンサーリンク

【第一の人生】12の章

【第一の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・アンナ←萬里の源氏名・ママやってる

・マスター←L.Sという飲食店のオーナー・萬里の雇い主

・ツル先生(仮名)←L.Sを面倒見ているお坊さん霊能者

・キョウ←萬里の初めて勤めたお店からの同僚(秋川リサ似)

・塚先生←萬里が別ルートで知り合って、ちょいちょいお世話になっていた霊能者(この方もお坊さん)

 

この新しい店(L.S←店舗名)に来て

女の子達やオーナーと

霊や目に見えない物事など

不思議なことについての

話をよくするようになった。

 

アンナはママなので

一番に出勤して

開店の準備を始める。

 

入り口扉が開く音がして、

誰かが出勤して来た!と思い

元気に「おはよう!」と

声を掛けると、

二本の足だけが歩いていて

誰も居なかった。

というようなことは

よくあることだ。

(オバケにも、ちゃんと足はあります。

あ、足だけの時もありますw)

 

マスターは隣の市出身。

世話になっている

お坊さん(ツル先生)
隣の市でお尋ね部屋を

しているそうで、
「お前も一度は

行ったほうがいい!」と

しきりに促される。

 

アンナは、

けして安定安心な生活を

しているわけではないけど

相談する事もないのに

ただの興味本位に

お金を払う余裕はない。

 

それに

なんの根拠もないが

不思議と

そのツル先生の元には

行ってはいけない気がして、
毎回毎回断った。

 

全く興味も沸かず

ツル先生という方に

わざわざ

会いたいとも思わない。

 

ー実は、アンナは別ルートで

ちょっとした相談などで

お世話になっている

霊能者と呼ばれる

お坊さん(塚先生)と

関わりがあった。

その頃の彼氏が

知り合いだったので、

付いて行ったり、

横で話を聞く

程度だったけど・・・。

 

 

L.Sは色気を売らない店である。

喋りの充実と人間味を売る

おもしろさがメインである。

 

その先頭を走るのが、

秋川リサ似で

とにかくやかましい

「キョウ」だ。

 

キョウは

その辺のおばちゃんぽくて

飾らないところが良い、

いじられキャラでもある。

夜の店なのに、

夜の蝶なのに、

フツーに寝癖で出勤する

髪型よりも化粧重視の女だ。

 

キョウの鉄板ネタは、

スッピンで彼氏の家に行ったら

玄関に出てきた彼氏が

キョウの顔を見て

ソッコー扉を閉め

ドア越しに

「化粧して、出直してこい。」

と冷たく言い放った

というエピソード。

 

キョウのスッピンは

未だ誰も見たことがない・・・。

 

キョウは他の女の子に比べ

売上のために

飲み物をかなり飲む方だった、

売上目標に届かなさそうな時の

あと一歩を超えてくれる強い味方。

 

なのに、ここ数日

キョウの飲む量が極端に少ない。

 

アンナ「キョウ、体調かなんか悪い?」

 

キョウ「いや、体調が悪いというか、

なんていうか・・・

なんかおかしいのよ。」

 

アンナ「なに?頭痛とか、吐き気とか

そんな不調でなくて?」

 

キョウ「頭痛も少しあるけど、

身体が重くて、

何かがおかしくて、

かといってハッキリ説明は

できんのやけど・・・。」

 

アンナ「何が変なのよ?」

 

キョウ「水分が取れない。」

 

アンナ「どういうこと?」

 

キョウ「なんか飲もうとすると、

ゲホッゲホッってなって、

喉を通らないというか。

受け付けないというか。

飲み方がわからんようになると。」

 

アンナ「えー、それって

あっちの世界の原因ぽいやつ?

いつからそうなん?」

 

キョウ「この前の休みに、

温泉行って。

帰宅してからかもしれない。」

 

アンナ「んー、温泉。

もう3日は経ってるね、

何かあるのかもね。

医者に行ったとしても、

これといった症状が

あるわけでもないし

言いようがないよな。」

 

キョウ「そうなんよー!

 

アンナ「かと言って、

ずっとそのままの訳にも

いかんし、店としても困るけん、

塚先生のところに行ってみたら?」

 

キョウ「え、ツル先生でなくて?」

 

アンナ「だって、

私ツル先生会った事ないし。

今まで塚先生んとこ行ってて

私も彼氏も納得できる事多かったし、

塚先生ならすぐ連絡取れるから、

良いんじゃない?」

 

キョウ「うん、分かった。

明日の午後、何時に予約取れるか

聞いてくれる?」

 

さっそく次の日の午後、

キョウは塚先生の元へ行った

 

その日の夜、報告を楽しみに

キョウを待った。

 

キョウ「ママー!!びっくりよ!

普通に飲めるようになったしぃ!!」

 

アンナ「で、なんだったの?」

 

キョウ「なんか、憑いてたらしい。

やっぱ温泉で拾ったぽくて、

溺れて亡くなった人だった。」

 

アンナ「え?温泉で溺れた人?」

 

キョウ「いや、

溺れたのは別の場所

だったみたいやけど、

水辺って霊が集まるらしいから、

その温泉のどこか近くの川か海で

溺死した人みたい。

溺れる時に

「あっぷあっぷ」なって死んだから、

それに憑かれた私も

「あっぷあっぷ」になって

水飲めないというか、

コップで溺れてたみたい。」

 

アンナ「そんな事あるんやね・・・。」

 

キョウ「もうー、ほんと驚きよー!

塚先生が何かお経唱え始めた途端、

詰まりが取れたみたいな感覚で、

その帰りには、

お茶ガブ飲みしたしぃー!」

 

アンナ「まぁ、よかったよ。

でも、

塚先生って思ってたより

凄い人なんだな。

霊的な事で行った事ないけん

知らんかったわw」

 

キョウ「なんか

私憑きやすい人みたいやね。

って言われた。

もうこんな思いしたくないけどぉ!」

 

アンナ「わぁ、よかった。

私そういうんじゃなくって・・・。」

 

塚先生という霊能者を

知ってて、交流もあるけど

それは、

彼氏(格闘技やってた)が

塚先生が定期的に主催している

「滝行」に精神鍛錬のために

行ってるから、ってだけで

 

憑いてるとか

憑いてないとか

そんな話自体

あまり関わってきていない。

 

アンナにとっては信じ難い

とても不思議な話だった。

 

憑いてるとか

憑いてないとか

分からんけど、

身体に何かしらの

症状が出るってのは

困るよなぁ。。。

 

夜の街に

飛び込んでからの萬里は

身体が重く

スッキリ健康だった日なんか

一日もない。

 

でありながら、

何かが影響を及ぼして

体調が悪い。

という自覚も疑いも

全く以って無い。

 

若いってそういうこと。

コメント

  1. まえぽん より:

    二本の足だけが歩いていて
    誰も居なかった。
    というようなことは
    よくあることだ。
    というようなことは、よくあることじゃないね((((;゚Д゚))))
    少なくともまえぽんには、よくあることじゃないね(´°ω°)チーン

  2. 萬里 より:

    え!?このパターンの目撃談
    よく聞いてたもんで💦
    よくあることかと・・・( ゚д゚)