〜聖地巡礼・日帰りツアー〜

お待たせしました、年に一度の日帰りツアーです!今年の目的地は大分方面です。
神社仏閣参拝の際に、参加者様それぞれへ神様からの『御言葉(ミコトバ)』をいただくことになっております。

詳細はこちら

【第一の人生】20の章

【第一の人生】

*登場人物*

・アンナ←萬里の源氏名

・ダイ←マネージャー(マスターの実弟)二店舗目と掛け持ちしている。

・りな←二店舗目のレギュラースタッフ(スタッフ間の恋愛禁止だが、ダイとデキてるぽい)

・「まい」と「くみ」←最後のレギュラースタッフ

 

 

1999年

アンナの中で「辞める!」と決めたら

がぜんヤル気が出た。

 

元々夜の街に飛び込んだのは、

生きるために稼ぐ事だったが、

実は鬼畜旦那から百万単位の借金を

背負わされていたからってのもある。

 

高校卒業と同時に嫁に行き、

ほとんど自営業の手伝いで

普通の社会に出たことがない萬里は

自分に何ができるのか?

どうすれば普通の会社で働くことができるのか?

こんな大金を、いつかきちんと返すことができるのか?

何も分からなかった。

怖くもあり、自信もなかった。

 

かといって、このまま夜の世界に

骨を埋める気も覚悟もない。

だって絶対長生きできないと思うし。

 

どんだけ頑張っても

昼間働くのと変わらん給料、

それでも借金の返済はできてはいる、

思い切って、

真っ当にお日様の下で生きる生活に

シフトチェンジしてみるのもいいかも。

 

この頃の萬里の目標の一つは

30歳までにもう一回結婚して、

女の子を産む!です。

 

有言実行がモットーなので

常に口に出していました。

 

↓これも然り

 

マスターのように、人を利用して

楽な暮らしするズルイ人間は

一度地獄を見たらいいのだ。

 

とかとか、いろんな考えがめぐり

いろんなタイミングというものが来た。

 

最後まで仕事に対しての手は抜かない。

 

一番気にかかるのはスタッフのこと。
私が先に辞めてしまったら

皆この店で大変な思いを

するであろうことは目に見えている。

 

マスターに気付かれないように、

誰も犠牲にしないやり方を

考えないといけない。

 

さすがにアンナの都合で

最後まで道連れにはできないから

徐々に皆を辞めさせ

次の働き先を決めといてもらおう。

 

私一人でも店を開けて

最後の最後大晦日まで

きっちり仕事したる!

 

普段はあまり時間をかけない

ミーティングですが
ちょこちょこと

オーナーには内緒で今後について話し合った。

 

アンナ「一人づつ違う理由で、

日をずらして辞めてってくれる?

あんまりギリギリだと

マスターも怪しむだろうから、

1ヶ月おきくらいにでも。

どこか他のお店面接とか行ってもいいし、

必要なら私の知り合いのところも

紹介できるから。」

 

まい「私たちが先に辞めたら、

ママは一人でお店をするんですか?」

 

アンナ「うん、一人でもやれる範囲の

お客さんしか呼ばないし。

大丈夫よ。とにかくね、

まいとくみが残されてしまったら

絶対キツイ目にあうことになんの

分かるから、これはお願いなんよ。」

 

くみ「まだ日は浅いですけど、

ご縁があってここに来たんです。

私はママの最後の日まで

お付き合いさせて頂きます。」

 

まい「バイトの子達は、

先に辞めてもらっていいです。

その分私たちが毎日ママと一緒に

頑張ります!

私もお客さんはそんなに呼べないけど、

大晦日までは、

来たお客さんみんなに

楽しんでもらえるように

もっと積極的にやります!」

 

アンナ「うわぁ・・・嬉しい。

けど、そうなると

三人揃って同じ日に辞めることになる、

そしたら二人共マスターに

理由しつこく聞かれたり

責められたりするかもしれんよ?

二人が嫌な思いする、

そのストレスは避けたかったんよね・・・。」

 

くみ「私はなんと言われようと

平気ですから、そこらへんは

心配なさらなくてもいいですよ。」

 

まい「ママがいなくなって

愛人姉が働くことになったりするなら

まず働けませんから。

私もママの味方です。

何言われても貫く覚悟あります。」

 

ホントにあんたら良い子だぁね。

嬉しいねぇ

荒んだ心が洗われたよぉ。

 

よし!こうなったらもう

心置きなく

大晦日を目標にぶっちぎるぞ!

 

最悪なマスターの店で

ミレニアム目前の日々を

存分に楽しんでやろう。

 

まいとくみの言葉だけでも

今までの苦労が報われた気がして
とっても嬉しかった。

 

先のことはなんも考えてない。

だけど辞めるその日まで

全身全霊注ぐ決意は

より一層強まった。

 

逆にワクワクして来たわw

 

やっぱり、行いは神様ちゃんと見てくれてんだよ。

私は間違ってなかった、

ここまでキツイ人生送って来たんだから

これからはきっと報われる日々が返って

来るんだわ〜。と思った・・・この時。

 

この時まではね・・・。

 

 

こんなお店でミレニアム目前
1999年最後のクリスマス。

 

お客様からは引退を労う花束や鉢植え、

クリスマスプレゼントが続々と届く。

これもまた、今までやってきてよかったぁ

と感じる幸せなひととき。

 

クリスマスだからとか関係なく

いつも通りに客入りも上々、

今日もしこたま飲んだので

もちろん帰りはダイが運転手で送迎。

 

数々のいただき物は、一回じゃ持って帰れない量なので

今日はマスター関係の付き合いで買わされた

2つのホールケーキを息子と両親に持って帰る。

いつもデカ目のバッグのアンナは

ケーキを二つも抱えたら

前が見えない!

バランスが取れない!

しかしダイは荷物は持ってくれない

気が利かん男だ。

 

外は寒くて震えるけど

クリスマスの空気と

ケーキと楽しかった一日を思い返し

なんかほっこりした気分で店を出た。

 

駐車場まで、灯りの消えた道を、

ダイとりなとアンナの三人で。
 

コメント

スポンサーリンク