萬里は祈祷師【第一の人生】

【第一の人生】

【第一の人生】10の章:夜の女たちの世界は弱肉強食

*登場人物* ・アンナ←萬里の源氏名 ・オーナー←萬里が初めて働いたお店のオーナー(この時、4店舗経営) ・マネージャー←萬里が初めて働いたお店のマネージャー 夜の世界に入ってからは 掛け持ちもしたりし...
【第一の人生】

【第一の人生】9の章:母子が生きるために選んだ道

『夜の街は念が渦巻く 死者のふき溜まり。』 22歳『アンナ』という女として 夜の世界でデビュー。 母として 子を育てるために 「強くなければいけない」と 力みながら。 それまでの萬里は...
【第一の人生】

【第一の人生】8の章:18歳妊娠出産そして家出

萬里は18歳で結婚して、 翌年の11月に男の子を出産しました。 周りは、大学進学や就職で 新しい生活を楽しんでいる中 子育てとは?なんか何も知らない中 手探り状態で、 ママ友と呼べる仲間もおらず 自分流での育児 毎日色々な面...
【第一の人生】

【第一の人生】7の章:信心深い家族とばあちゃんのお友達今さん

少し前後してしまいますが、 萬里の現世での始まりの話をちょっと。 萬里は小さい頃(〜6才まで) 祖父母の家で 曾祖母・祖父母・両親・弟・妹と 暮らしてました。 とても信心深く優しい祖父母と曾祖...
【第一の人生】

【第一の人生】6の章:『なぜだか分からないけど好き』にも意味がある

萬里は子供の時から 黄色と虎が大好きでした。 子供が生まれる!=準備する洋服 男の子は青 女の子は赤とかピンク みたいなイメージが強くある時代、 黄色でいいじゃん! どっちでも着れるじゃん! ...
【第一の人生】

【第一の人生】5の章:御霊分け(ミタマワケ)

道教太平道が生まれた頃 三兄弟に授けられた物があります。 それは「九節の杖」というものです。 九つの節がある竹で作られた杖、 魔法の杖とでもいいましょうか。 先代のおばあさまが使っていたのも この...
【第一の人生】

【第一の人生】4の章:みんな何かしらの役割を持っている

先代が活動していた時代 先代は中国を代表する祈祷師でした。 そして、当時 日本を代表する祈祷師が卑弥呼さんです。 まだ日本がいくつもの国で成り立っていた時代に 先代は一派を引き連れ船に乗り 中国から日本へ...
【第一の人生】

【第一の人生】3の章:自分のルーツを知る

萬里は歴史の勉強と、戦争モノの映画やドラマ 中国という国と 中国の象徴のような自分の名前が 子供の頃から好きではありませんでした。 それはなぜか?と聞かれても なんでか分からんが好きにはなれない。 な...
【第一の人生】

【第一の人生】2の章:始まりは中国

萬里のお話には 歴史の中に出てくる単語や人物が出てきます、 それはきちんと確認した事でも絶対的な真実でもありません。 これらは、私が送られてきた映像や、声、 後ろにいる先代や亡くなった方々から聞いた事(私の中での事実...
【第一の人生】

【第一の人生】1の章:萬里は祈祷師なんです

 萬里は祈祷師です。 しかし人生の大半を 自覚のないまま 過ごしてきてしまいました。 祈祷師だということを知り、 それを受け入れてからも 『祈祷師』という仰々しい呼び名に 抵抗を感じ、しばら...