理妃ちゃん

【第四の人生】

【第四の人生】96の章:自分の事は後回し、というか能力って人の為にしか使えないのよ。

*登場人物* ・萬里→祈祷師で今の所まだ主婦です。感があると言っても自分の事に関しては、全くと言っていいほど何もわかりません。 普通じゃない生活でも、その渦中にいる当の本人は、それが普通ではないという事に気が付い...
【第四の人生】

【第四の人生】90の章:霊にも好みがあるw思い込みと念の強さは、他人の迷惑にならない程度にしよう!

*登場人物* ・萬里→祈祷師で主婦です。子供二人います、子供達の感は薄れてきたようでホッとしてます。こんなキツいこと子供にはさせたくないと思う親心。主な霊担当は『成人男性』『お年寄り』『女郎』 ・理妃ちゃん→萬里のお仲間。家庭あ...
【第四の人生】

【第四の人生】89の章:前世から引っ張り出す課題。それはそうと、霊でも子供はやっぱり純粋なのよ〜。

*登場人物* ・萬里→祈祷師で主婦です。子供二人います、子供達の感は薄れてきたようでホッとしてます。こんなキツいこと子供にはさせたくないと思う親心。主な霊担当は『成人男性』『頑固オヤジ』『お年寄り』『女郎』 ・理妃ちゃん→萬里の...
【第四の人生】

【第四の人生】87の章:萬里の常識は世間の非常識?萬里しか知らない事を大放出した友達。

*登場人物* ・萬里→祈祷師ですが主婦してます。1800年前の前世からお役目続いてます。 ・ガマちゃん→霊感があると噂だった、高校の時の同級生。最近まで接点はほとんどなかったけど、あるキッカケで仲良くするようになった。H氏曰く、...
【第四の人生】

【第四の人生】86の章:『死の定義』とは?カスミさんの場合。最期の時がカギなのかもしれない。

*登場人物* ・萬里→祈祷師です、お役目持ってますが主婦もやってます。カスミさんともっといっぱい遊んどけばよかった・・・。 ・理妃ちゃん→萬里のお仲間。家庭ありで現実の仕事を隠れ蓑にして、ひっそり活動中。能力は超一流。霊担当は主...
【第四の人生】

【第四の人生】85の章:『死の定義』とは?カスミさんの場合。脳死と心停止、肉体と幽体(霊体)

*登場人物* ・萬里→祈祷師です、お役目持ってますが主婦もやってます。記憶の振り分けがすごくて悩ましい。 ・理妃ちゃん→萬里のお仲間。家庭ありで現実の仕事を隠れ蓑にして、ひっそり活動中。能力は超一流。霊担当は主に『母子』 ...
【第四の人生】

【第四の人生】84の章:『死の定義』とは?カスミさんの場合。母になるとは、命を懸けること。

*登場人物* ・萬里→祈祷師です、お役目持ってますが主婦もやってます。記憶の振り分けがすごくて悩ましい。 ・理妃ちゃん→萬里のお仲間。家庭ありで現実の仕事を隠れ蓑にして、ひっそり活動中。能力は超一流。 ・あやぱん→ホンワカ...
【第四の人生】

【第四の人生】83の章:『死の定義』とは?カスミさんの場合。気の合う女子達は、一日かけて喋り倒す。

*登場人物* ・萬里→祈祷師です、お役目持ってますが主婦もやってます。記憶の振り分けがすごくて悩ましい。 ・理妃ちゃん→萬里のお仲間。家庭ありで現実の仕事を隠れ蓑にして、ひっそり活動中。能力は超一流。 ・あやぱん→ホンワカ...
【第四の人生】

【第四の人生】82の章:まだ決定できるほどの器はない。ただ放漫さは持たないよう気を付けている。

*登場人物* ・萬里→分類は祈祷師。主婦でダーリン(←とか呼んだ事ない)と子供が2人。 ・ガマちゃん(旧Mさん)→高校生の時、霊感があると噂だった同級生。当時はほぼ話した事なくて、最近再会しました。 ・H氏→リーマン能力者...