〜パワースポットツアー〜

3月8日(日)萬研のパワスポツアーは一味違います♪目的地八女津媛神社!

詳細はこちら
スポンサーリンク

【第三の人生】22の章:娘の保育園

【第三の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ち。娘を保育園に正式に入れようと思います、今は一時保育で慣らし中です。しかしこの保育園なんか気持ち悪いのよー。

 

 

 

こういう感じで

日々生きた人間の対応を

進めていく

 

お役目を受け入れる前
身体がボロボロだった頃

病院にかかる時間も

長いことが多かったため
少しでも自由が利くように

しておきたくて

娘を安心して

預けられるように
入園前の準備として

慣れさせる目的もあって
保育園の一時保育でに

週に何度か通わせていた

 

まだ自分の能力を

知らない時だったけど
なんとなく、

この園は暗くて

嫌な空気だなと感じてて

時々二階に人影を

見たりすることもあった

『ここには

何か居そうだな・・・。』

 

娘は預けに行くと

毎朝必ず大泣き

保育園に行くのが嫌で
朝は布団から

出ようとしない

そうでなくても

夜熟睡できない娘なので
朝がつらいのは

しょうがないけど
毎日、この朝の時間だけで

萬里もドッと疲れてしまう

 

保育園に送り届けて

萬里の姿が

見えなくなると
諦めが付くのか

普通にお友達と

遊んではいたようだ

 

だけど、

病気をする回数も増え
休むことは多々

病気は成長する

段階で必要な事なので

しょうがないとは
思っていたんだけど

普段の登園時の

嫌がり方を見ていると
病状が落ち着き

気持ちが穏やかになるまで
長期休ませることもあった

 

一時保育は

その都度支払いなので
金銭面的には

あまり気にならなかったが

今後、どこかの保育園に

入れなければならなくなった時
この調子で大丈夫なのだろうか?
という不安はある

 

楽しく遊んでいるかと思うと
「ママがいい~~!!!」と
急に大泣きしたり
他の子とは違うタイミングで
おかしな行動をし始めたり

 

先生方からは、
情緒不安定
愛情不足
やらなんやら
注意を受ける毎日

これにも若干

耐えられなくなり
人間をよく見て
話を受け入れてくれそうな先生に
事情を話してみた

ある一人の先生が

幸いにも理解してくれて
それからは萬里ら親子に
友達のように接してくれた

 

こういうところ

恵まれてる〜

 

これで安心して

一年ほど通わせ
生きた人間の相談も

増えてきたとこで

4月からきちんと

入園させることにした

もちろん第一希望は
この保育園とは違うところ

最後の第三希望に
この園を書いてた

娘がこの園の空気に

耐えられないように
萬里も長居することができない

もっといい環境のところに

行かせたい!

 

入園する園を

決めるための面接へ市役所に

ドアを開けると
4~5人の面接官が

個々の机に座っている

席が空いた所から
順番に座って面接となる

 

空いた席の面接官は
一通り書類に目を通し

最初の質問

面接官「一時保育に

行かせてるんですね~!
なのになぜ

この園を第三希望で
出されたんですか?」

 

ここは表向きの理由を述べる

 

萬里「日曜保育を

しているのは
この第一希望の

園だけですよね?
この第三希望の園には

それが無いんですよ。
萬里はこれからは

日曜も仕事をすることに
なりそうなので

日曜保育があるところを
希望しました。」

 

面接官「でも、

慣れたところが
お子さんにとっては

いいと思いませんか?」

 

萬里「ああ、最終的には
どこかしら入れれば

いいとは思いますが、
希望を出せと

言われたら

ご覧のとおりです。」

 

面接官「実は、

私この一時保育の

園長なんです。」

 

あ~~~~、

こりゃ決まったわ・・・。

 

案の定、

その後きた決定通知は
一時保育の園だった

 

現在の萬里の事を考えると
あの園には

きっと何かがある

どうせ何かに呼ばれたに

決まってる

たかが保育園と思ったけど
これが初めてで

最初の大仕事になるとは
この時予想だにしていない。

 

( ;´Д`)

コメント