萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第二の人生】63の章 | main | 【第二の人生】65の章 >>
【第二の人生】64の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ってる、また少し自分のことを知ることができました。知れば知るほど逃げられない感が強まるとも言えます。

    ・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)萬里の指導とお目付役。どうせなら色々早く知りたいんだけど、小出しが多くて若干イラつく。

     

     

     

    この前、H氏から聞いた

    『九節の杖』について
    少し調べてみた


    まるでそのものを書き記した
    文献がありとても驚いた

     

    <萬里ノートより>

    2000〜1800年前
    九節の杖を持ち
    符呪を行い

    人々に叩頭思過(こうとうしか)させた

    符水(おまじないをしたお札とお水)を
    飲ませ病を治す


    西洋で言うなら確実に
    『魔女狩り』の対象者だ

    どう読み崩しても

    魔術師のように思える

     

    『九節の杖を持ち
    それにより術を施し
    人に自分の悪い行いと考えを
    改めさせた。


    病は行いにより

    引き起こされるとされた。


    行いを省み改める事が
    病を治すことに繋がる


    薬など無い時代に、
    飲み薬として

    術を施したお札と

    お水(符水)を飲ませ
    身体を浄化し完治に導く』

     

    呪術を使うが
    お金を取らない医者のようなものだ


    これが『癒しと治癒』
    これも、

    民を救うためのもの

    そして、

    これも道教の教え

     

    『自業自得』とでもいうか
    『己の行いが己に返る』
    これをベースとしているように思える

    行い次第で病も治り
    行い次第で病に蝕まれる
    そんな考え

     

    『無為自然(ぶいじねん・むいしぜん)

     

    この考えが道教の基本

     

    作為をせず自然にあるがままに。

     

    この辺りは

    長くなるので気になる方は
    調べてみてくださいw

     

    萬里の指導霊さん「張角」

    ・張角、張梁、張宝(黄巾の乱)
    ・無為自然
    ・太平道、太平経、太平清領書

     

    三兄弟にはそれぞれ役割があった
    張角→昇 
    張梁→護
    張宝→癒

     

    萬里は、

    この張角の役割(昇)を持っている

    兄弟三人、

    今世も兄弟で

    指導霊として存在(見えない姿)している
     

    残りの二人が萬里の身内に

    潜在してるらしいけど


    後の二人が受け入れるまでは
    この三役(昇・護・癒)を

    一人でこなさなければならない

     

    ちなみに、

    残りの二人が誰なのかは
    分かってるんだけど、
    今はまだまだ本人に
    言えるような状況ではない

     

    まずは今の萬里が

    何をするべきか
    何が必要なのかが

    色々と知ってから
    明かされていくみたい

     

    とにかく、

    『前世の人と同じようにやれ!』
    という事みたいだけど、
    時代も環境も全く違うのに
    それを現代で再現することが
    できるのだろうか?!

     

    この日の夜は、

    なんだかホッとした気持ちと
    だんだん

    濃くなっていく日常に対する

    不安が入り混じっていた

     

    これから何が起こって
    萬里はどうなっていくんだろ?

     

    お布団に入り

    ウトウトし始めた時
    井戸の中から外を見ているような
    景色から始まった

     

    その視界にスッと三人の人影が!?

     

    井戸を覗き込むように
    萬里を見下ろしている

     

    始めは状況がわからず
    『わーっ!』と

    起きてしまったが


    良く考えたら

    怖いという感情はなかった


    いつもの彷徨う死人とは

    何か違うような・・・

    あの人たちは何だったんだろう?


    男性だという事はわかる
    気になる事は

    ひとまず、すぐにH氏へ

     

    H氏「それは先日の、

    ちいさんの対応の時の

    病気の子の目線です。


    萬里ちゃんが対応している時に
    後ろに来られたお三方が
    その様子を三人で囲んで
    覗き込んでおられたので
    それをそのまま追体験して
    見たものでしょう。」

     

    萬里「へぇ〜!やっぱり!
    怖い人達じゃなかったんですね。
    ありがたいことだ。」

     

    最近H氏は、

    サクヤさんちよりも
    直接ウチへ来ることが

    多くなってきた

     

    ダーリンは遠まわしに
    不満をぶつけているが


    たぶん、H氏は

    それも承知の上で自分の役目を
    全うしようとしているのだろう

     

    そう。

    それは、萬里も言われてる

    「恨まれる覚悟を持て」

    「報われると思うな」

     

    | 萬里は祈祷師 | 00:59 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里サービス出品してます

    https://coconala.com/invite/q99srb *このアドレスから登録、招待コードを入力すると300ポイントもらえます。 【招待コード:q99srb】

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH