萬里は祈祷師(by.萬道研究会)
<< 【第三の人生】4の章 | main | 【第三の人生】6の章 >>
【第三の人生】5の章
0

    *登場人物*

    ・萬里→主婦でお役目持ちの修行は幅が広がってきている。相変わらず夜の飲屋街は空気がマズイっす!

    ・ユカり→萬里の仲良し。重度の心の病気から身体も壊して、ずっと連絡つかずだったけど、ここんとこなんとか会うことができている。

     

     

    ユカり行きつけのBAR

    不穏な空気漂う裏口から

    ビルの屋上へ続く

    階段を昇る

     

    手に杖を握りしめ

    持参していた

    お清めの御塩と

    御神酒を少しづつ

    撒きながら

     

    屋上へ着いた

     

    萬里の頭の中に浮かぶ景色と

    今現実に見ている景色がカブる

     

    男性がウロウロ

    歩き回っている気がする

    そして

    初めて夜の街を

    一望できる場所に来た

    その界隈を見渡すと

    あちこちのビルに

    煙のような黒いモヤが

    下から上に立ち上る

     

    『やっぱり

    ここはとんでもない場所だわ』

     

    萬里が働いてる時も

    殺人や爆発事故、

    お店の人を人質に

    立てこもりなど

    静かな時など

    なかった場所

     

    ハラちゃんと来た時に

    具合が悪くなった状況って

    前に後輩が経営する

    ホストクラブにミカちんと

    行った時と同じような状態だったし

     

    見えない何かの影響を受けると

    『悪酔いする』という事が

    今ハッキリわかった

     

    酒を飲むと感が鈍り

    霊達やマイナスな

    エネルギーに対しての

    ガードと抵抗力が落ちる

    萬里にとっては

    危機的状況ともいえる

     

    屋上の端の方に

    男性が立っている

    映像が浮かぶ

    そして、

    その男性が視界から

    フッと消える

    その光景が

    何度も何度も繰り返される

     

    『なんで、

    俺だけがこんな目に・・・

    なんで俺は

    失敗ばかりするんだろう・・・

    俺は

    生きてる価値がない人間だ・・・

    俺が

    居なくなっても誰も気付かない・・・

    俺が

    居なくなっても誰も困らない・・・』

     

    そんな言葉が頭の中を巡る

    しばらく黙って見ていると

     

    『この世から消えてやる・・・』

     

    萬里「あっ!」

    思わず声が出た

     

    ユカり「なになに?!」

     

    萬里「この男性

    ここから飛び降りたみたい。

    お店の人に

    このビルで飛び降り自殺が

    なかったか聞いてみて。」

     

    ユカり「うん、わかった。

    で、とりあえず

    ここでどうしたらいい?」

     

    萬里「ここは大丈夫!

    あの男性と対話してみる

    悲しい気持ちが晴れるように

    説得してみる!」

     

    ユカり「わかった!

    あとはお願い!」

     

    初!

    杖を握り氣を込めて

    その男性に話しかけ

    杖で空(くう)を切り

    天に帰すための文字を描く

     

    習ってもないのに

    自然と湧いて出たこの行動

     

    萬里なりの対話を試みる

    『生きることに、

    人から与えられる

    価値が必要?

    失敗しない人間なんかおらん。

     

    あんたが居なくなって

    困る人はいっぱいおるはず。

     

    今そこからでは何も見えんやろ?

    あんたが死んだことで

    自分を責めて悩みながら

    生きてる人もおるかもしれん。

     

    自ら死を選ぶって

    迷惑はかけても

    誰かの役に立つこと

    なんかないよ。

     

    天国に行って

    もう一回やり直してみる

    ってのはどう?

    今世の失敗を次に

    活かせばいいじゃん?』

     

    何度も止まなかった

    飛び降りる行為をやめ

    男性にためらいが出始めた

     

    次への希望が湧いたのか

    何を思ったのかは分からない

     

    男性は

    光が射す方に向かった

     

    このビルの空気だけが

    一瞬で澄み渡る

     

    ここに居たのは

    この男性だけではなく

    同じような思いを抱えた

    大勢の霊達

     

    大勢いることで

    一つ一つの暗い想いが

    重なり合い

    一帯を覆う

    黒い空気と化していた

     

    男性一人の想いだけで

    これほどに

    影響を及ぼすことはない

    それはどこの場所でも一緒

     

    だから、

    逆に代表格の一人を説得すれば

    同じ想いの

    その他大勢にも届くのだ

     

    これだけ最悪な夜の街

    このビルだけを浄化しても

    何も変わらないと思う

    本当なら

    この夜の街全体を

    どうにかしたい

     

    でないと

    萬里はこの先ずっと

    この場所で楽しく

    うまい酒を

    飲むことはできない

     

    BARのスタッフも

    ユカりも

    この空気の違いには

    気が付いた

     

    スタッフ「なんか

    全然雰囲気が違います!

    これで安心して

    仕事ができます!」

     

    ユカり「よかったね!

    また今度萬里を飲みに

    連れてくるよ!」

     

    この日は大仕事を終え

    疲れがドッと出たが

    ユカりと離れるのが

    なぜか名残惜しい

     

    萬里がやってることと

    成長を認めてくれたのか

    ユカりの口からは

    思いがけない話が出た

     

    ユカり「私、

    今物件探してるんよ。

    やっぱりお店やりたくってね。

    前回はオープンも

    できないまま失敗したけど、

    またチャレンジしてみよう

    と思ってね、

    今度はお金かけずに

    空き店舗探して

    内装は信頼できる

    友達に頼んで

    そこでやってみようかと

    思うんだ〜。」

     

    ユカり・・・( ;´Д`)

    | 萬里は祈祷師 | 00:37 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    SELECTED ENTRIES

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    RECENT COMMENT

    スマホ版表示に切替

    あしあと

    アクセスカウンター

    電子書籍化しました!

    ココナラ/萬里さん出品サービス

    見えない存在からの想い、御言葉お伝えします 迷い、悩み、抱える問題解決への道標を伝え続ける祈祷師

    MOBILE

    qrcode

    LINKS

    PROFILE

    SEARCH