〜スピリチュアルリーディング〜

5月25日(土)オーラを元にアドバイス!

詳細はこちら

【第二の人生】98の章

【第二の人生】

*登場人物*

・萬里→主婦でお役目持ちは修行中。新感覚!

・H氏(おじじ)→リーマン能力者(本物)漫画チックな人生送られてます。

 

 

萬里「H氏ーーー!

何かが起こっています!

視界が定まらなくて

気持ち悪いです!」

 

H氏「浮遊してましたね?」

 

萬里「なんか、

リアルと同時に

違う景色が見えてたから

そうだと思います。」

 

H氏「呼ばれたんでしょうね。

どれくらいの時間

浮遊してたかわかりますか?」

 

萬里「気付いたのは

昼頃ですよ。

フワフワしてるなぁ

って思って。」

 

H氏「そんなに時間

長くはないですね。

自分で身体に

戻ってきているようなので

(死人に)呼ばれて行って

仕事して帰ってきた

感じですね。」

 

萬里「ほぼ

内容覚えてないというか

その詳細な状況は

把握してないですけどね。

運転もできたし。」

 

H氏「運転はできますが

慣れてないうちは慎重に

気を付けてください!

本当は控えてもらう方が

いいですけど。

急な眠気が来た時は

必ず車止めて寝てください。

そのほうが

安心して対応できるし

危険を回避できますから。」

 

萬里「そんなヤバかったですか?」

 

H氏「慣れれば

いいんですけど

今はまだ慎重に

行動して欲しいです。」

 

萬里「わかりました。

運転中に急な眠気って

モミちゃんの

遠隔対応の時に

瀧虎が

H氏呼びに行った時の

ようなパターンですね!」

 

H氏「そうです。

私もそういう時は

だいたい車止めて

身体任せるようにしてます。」

 

萬里「なるほど。

で、今のこの状態

何なんですか?」

 

H氏「幽体が

身体に戻ったものの

身体ときちんと

一致してない状態です。

肉体から幽体が

若干はみ出てるような

感じですね。」

 

萬里「えええ!

幽体って身体に戻ったら

簡単に一致するもんじゃ

ないんですか?!

どうすれば戻ります?!」

 

H氏「ズレてる方から

『トントントーン』と

肩を叩き入れれば戻ります

叩きすぎると反対側に

またズレ過ぎてしまうので

視界を確認しながら

微調整して下さい。」

 

萬里「は、はい・・・、

そんな

簡単な問題だったんですね

まるでマンガですね・・・。」

 

うん、もうマンガとしか

言いようがない

(。-_-。)

 

コメント

スポンサーリンク