〜あの世の小窓座談会〜

8月12日(水)お盆と秋のお彼岸:この時期起こりやすい不思議現象

詳細はこちら

【第四の人生】96の章:自分の事は後回し、というか能力って人の為にしか使えないのよ。

【第四の人生】
スポンサーリンク

*登場人物*

・萬里→祈祷師で今の所まだ主婦です。感があると言っても自分の事に関しては、全くと言っていいほど何もわかりません。

 

 

普通じゃない生活でも、その渦中にいる当の本人は、それが普通ではないという事に気が付いていない場合が多い。

 

最初の結婚も同じようにお金をもらえない上、自由の利かない閉じ込められた生活だったし。

小さな子供連れて車上生活してた時に比べれば、お風呂に入れて、布団で寝れて、住所がある生活できてるうちは、まだ大丈夫だと思う。

 

その中で抱える愚痴や不満を聞いてくれたり、心配して色んな形で気遣ってくれる友達もいるから、まだまだ大丈夫。

 

ただ、無いのに不相応の生活をしたがるダーリンにはイライラしている、元々の生活水準が高いと、お金がなくてもその水準を落とす事ができないってヤツの見本のようだ。

 

自分がお金を管理してるんやから、不安定さも危機感もリアルに分かってるはずなのに、そういう人は自分のことには使うけど、人に渡す分は削るもんなのよね

(ー ー;)

 

うん、でも自分が稼いでるんだから、それでいいんじゃない?

だけど、あなた一応一家の大黒柱だということ分かってる?

家族抱えてんの分かってる?って感じよね。

 

話は変わりますけど、萬里は毎年年末にお焚き上げをするんですよ。

一年の締めの行事としてね、サクヤさんの治療院がある頃は、みんなが治療院へお焚き上げして欲しい物を持ってくるから、一まとめに回収できてたけど、

治療院出てからは、一軒一軒回収して欲しい物がある人の所へ、萬里が出向いて回っていた。

 

それも大変になってきたから、違う方法で回収する事を考えたよ。

いつもお尋ね(相談)は、決まったファミレスで受けるようにしてたのはみんな知ってる、

そのファミレスに萬里は□日の○時〜△時まで滞在してるから、それぞれ都合の良い時間に来てください。ってね。

 

必要な人が都合の良い時間に立ち寄ってくれれば、それぞれお茶してちょっとおしゃべりもできるし、1日潰しても大した労力では無い。

 

家庭内がどんな状況だろうと、お役目はお役目で遂行しなければならない。

 

とか、プレッシャーや不満を抱えて、体調も良い時なんか1日も無い萬里だけど、サクヤさんの治療院で仲良くなった同じ年のあやぱんと、お仲間の理妃ちゃんはいつもここぞという時の支えになってくれてる。

 

治療院がなくなって会う機会は減ったけど、何かあった時にはまずこの二人に相談するし、

あやぱんとは月一デート、平日の岩盤浴で1日過ごすことにハマってたわ。

この頃の萬里の唯一の癒しよね。

 

もちろん、ガマちゃんとも会う時間はそれなりに多かったし、Facebookで投稿書き込みをすれば、一番乗りでコメントしてきてくれる。

 

ガマちゃんはガマちゃんで、演劇関係のお誘いや新しい出会いがあったらしく、細かい報告を日々聞いてる。

どちらかというとガマちゃんも不満が多い方、不満や愚痴に萬里が同意することで安心しているようにも見えた。

萬里の言葉一つで安心できるのなら、萬里はガマちゃんの味方でいくらでも同意するよ。

 

そもそも、萬里は陰口言うくらいなら本人にズバリ言う方だけど、知らない人のことを言われてもね、よく分からないから同意するしかないけど、ガマちゃん的には自分の判断の後押しや助言も欲しいみたい。

 

これまでの付き合いしてきた人についてや、これから付き合いしていこうとする人たちの真意を探りたい気持ちをとても強く感じる。

 

まぁ、それほど萬里のことを信頼してくれてるんだろうなと思うけど、なんとなく違和感というか変な感じがすることが時々ある。

今はそれが何かはよく分からない。

 

そうこうしてるうちに、あのコンパという名の異業種交流会が大成功だったということで、また次の会をやりたいと言ってきた。

 

前回の主催者と一緒にやれば良いじゃん?て思ったんだけど、

何か一悶着あったとかで、なぜか主催者として萬里に一緒にやって欲しいとのこと。

 

深くは聞かんけど、ガマちゃんって感情的に怒りっぽくて、結構誰かしらと揉めたって話が多いのよね。

んで、ブチ切れて、子供で言うなら「もう絶交よ!!!」みたいなやつね。

 

そして、いつも悪いのは相手の方って話。

『あ〜、そういえば、高校の同級生との絶交も悪いのは相手の方って話だったな・・・。』

 

ん〜、萬里が怒る時は「誰か」が傷付けられた時とか、

「誰か」が嫌な思いをした時、

「誰か」が理不尽な思いをした時、

「誰か」が誰かに迷惑かけた時とかだし、

誰かの為に怒る事が多くて、基本状況の悪さを人のせいにするのが好きではない。

 

自分がバカにされた!とか裏切られた!とか、自分のことで感情的に人との縁を切るような事をしたりしないので、簡単に「絶交」できるガマちゃんの行動だけは理解できなかったな。

まぁ、萬里にそのへそ曲がりの矛先を向けることさえしなければ、付き合う上で特に気にすることはないけど。

 

あ、萬里は上記のよう性分だから、モラハラにも気付かず過ごせてるのかもしれない・・・。

 

ただ、最近は子供よりも自分優先なダーリンにムカついてはいる。

 

イベント自体好きではないのに、主催者とか何すればいいん??

 

ガマちゃん曰く、主催者には男女それぞれいてくれた方が助かるらしい。

萬里は一応既婚者だし、誰か男性を誘うとしたらダーリンにしないと、いろいろ気まずくなるじゃん?!

 

と言うことで、ダーリンを巻き込んで、参加者集めと会場を押さえる手伝いと、ガマちゃんの考えたゲームのお手伝い。

 

主催者側の特典として参加費とその後の飲み代は要らない。

「あ、金銭的に余裕のない萬里夫婦を気遣ってくれたのね!」

って、その時プラス思考だったけど、

よくよく考えたら、イベント好きじゃない萬里に対して

そこ気遣いするなら最初から誘わないよね?

 

いつもそう、その時その場で

物事深く考えてなくて、上手く使われてることにも気付けないボケなのよあたし

(ー ー;)

 

ついでにバナーをポチッとご協力していただけたら嬉しいです(^人^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント