〜見えない世界のおはなし(座学)〜

10月4日(日)テーマは
パワースポットと神様

詳細はこちら

2020お盆の出来事と合同祈祷終了報告

イベントレポート
スポンサーリンク

残暑お見舞い申し上げますm(_ _)m

残暑どころか酷暑っ!なんですけど、皆さんお変わりないですか?

 

萬里は毎年あの世のロングランお盆で疲れ切って

体調最悪ダウンしてるシーズンなんですが、

なんと今年の身体はボチボチ乗り切っておりますっ!!!

 

年中マメな水分補給がどれだけ大事なことなのか、

10数年嘔吐下痢を繰り返しやっと解った今日この頃・・・。

熱中症にはくれぐれもご注意ください!

 

ちゅ〜てもね、嘔吐下痢がなくて安心しきっていたところに

訪れた『多発性円形脱毛症』現在進行形。

中々ショッキングな出来事です、

このまま進行したら・・・って考えると恐ろしい(~_~;)

でも、『何事もなく済むはずが無い』それが萬里の人生です(。・ω・。)

 

人と会う事がままならない状況からスタートした新年度ですが、講座も座談会もお尋ね(相談)もお話しする内容と伝えたい事をガラッと変えてみたんです、

そしたらですよ!萬道研究会や萬里に関わっていただいた皆さんに面白い(?)変化が起りはじめています(^。^)

 

感が強いとか弱いとか、そういうの分からないんで!とか思ってる人達もみんな関係なくですよ!?

意識する事が変化してきたからだと思うんですけど、皆さんの守護霊さんの采配と動きが面白くて勝手に楽しませていただいております♪

 

守護霊さんが「ウチの子出来る子なんで!」って調子で、御本人の能力を(無意識に)存分に引き出してくれてるんで、萬里は最近密かにすごく助かっております(^^)

 

簡単に言うと世間一般で言われる『霊能者』的な事を、最小限の肉体的負担で活動してくれてるって感じかな。

 

世間的には霊能者や特別な人しかできないと思っているような事を、皆さんが気付かないうちに普通にやってくれてるんです!

そんなこんなで、霊達の動きが特に活発なお盆時期ってのも被せ、今年は特に不思議な現象が多くてキツイようで、どちらかというと嬉しく感じる季節です♪

な話の一部をご紹介↓

〜夏の出来事①〜遠隔合同祈祷の報告

2020年お盆のイベント『遠隔合同祈祷』はひっそりと滞りなく完了いたしました。

形代というものに皆さんの祈願や厄災を込めてもらい、お焚き上げするのですが、紙なんだけど人によっては中々燃えない場合があります^^;

何が問題なのかはその時点でハッキリと分からないのですが、そういう場合、不安を感じるので燃えにくかった方は見守り体勢を強化して過ごします。

 

てなことが、今回は一つも無く全てスムーズに灰になってくれました。

ご参加いただいた皆さんが今年前半抱えた厄をスッキリ落とし、後半も大きな問題なく過ごせるようお祈りしました(^。^)

 

〜夏の出来事②〜思い残しは千差万別

まぁ、今年に限らずなんですけど「お盆」シーズンは、生きた人も亡くなった人も萬里のところに訪ねて来られる数がめっちゃ増えます(^◇^;)

夏場は特に男性の訪問者が増加傾向にあります。

 

戦後75年の年と言われてますが、何年経とうがその爪跡は今も深く残っています。

戦の歴史自体はもっと長いですから・・・。噂や肝試しでよく登場します『落武者』も戦死者です。

どの時代の戦を辿ってもほぼ夏に集中しているので、お盆と相まって 『落武者さん』や『兵隊さん』の訪問はこの時期特に増加します。

 

今現在を生きてる方々(萬里も含め)にとっては過去の事で、経験のないことだから

戦争の経験者のお話を聞いて、戦について語られても、どこか他人事のような・・・。

 

戦争は良くない事!絶対反対!!二度と繰り返すな!!それは皆同じ気持ちだけど、

そう簡単には共感や実感できることってあまりない気がしてる。

やっぱりまず『経験』してないし、本当の苦しみは『経験』した者にしか分からない!そう思っていました。

 

そんなこと思っていると死者の想いを知り理解するために、体現させられるのが萬里です(ーー;)

はい、10数年たくさんの死の状況を思い知らされてきました、刀で突き刺されたり、首を落とされたり、炎に包まれて渇きに堪えかねたり、水中に沈められ溺れ苦しんだり・・・。

その時その瞬間「死を覚悟する」気持ちと「無念な想い」を追体験させられ、少しは理解できてきたのだろうか・・・今年は少し激痛や苦しさに耐える日が減ったように思います。

 

それでも何かしらアピールする死者は少なからずおりましてですね^^;

「吾は今ここにおります!」

 

う〜ん、その日は朝からすごく身体が重く体調が優れない、身体を引きずるように日々の予定をこなす。

しかも数日前から「◯ーティー○ンで高級な冷たい物を食したい!でも我慢!!」

合同祈祷のお焚き上げさえ終わればきっとスッキリする!と思いつつも、娘の「行きた〜い!食べた〜い!」の後押しと欲求に負けお焚き上げ直前に駆け込んだ。

あ、元々萬里は年中冷たい物はあまり食しないので、夏であろうと冷たい物を無性に食べたい時は亡くなった誰かの欲求を肩代わりしている依代の状態です。

 

数日間の高級な冷たい物への欲求が満たされる瞬間っ!!!

 

受け取った現物はあまりにも酷いビジュアル(´⊙ω⊙`)

その受け取った萬里の手もなんだかおかしなビジュアル(´⊙ω⊙`)

もうね、もらった瞬間からダラダラ溶けてんのよっ!

店員さんの顔何度も見たけど「これ普通ですけど、なにか?」みたいな顔してんのよっ!

そして萬里の白魚のようなお手手が男性的なのよっ!

 

連れてるヤツが姿出した(゚o゚;;と思ったので、娘の撮影を一旦止め手を引っ込めたんだけど、すでに撮られていたのが萬里が男性化した瞬間画像 。

お盆の出来事の一つでした。

 

実物とどう違うのかは確かめにきてください(笑)

 

そんな欲求?!と思われるかもしれませんが、死ぬ間際に思う想いは、ほんの些細なことでも思い残しになるというお話です。

 

・・・次回へつづく

ついでにどれでもバナーをポチッと!応援ご協力していただけたら嬉しいです(^人^)


ブログランキング・にほんブログ村へあの世とこの世とその狭間で・萬里は祈祷師(by.萬道研究会) - にほんブログ村

コメント