【第四の人生】

【第四の人生】

【第四の人生】59の章:無意識で辿り着く場所がある

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。歴史と地理に関しては非常に無知。覚える気も学ぶ気も興味もなかったけど・・・ 霊達は時も場所も こちらの都合なんか 全く関係なく やってくる上に 呼び...
【第四の人生】

【第四の人生】58の章:霊の収集癖は萬里だけではなかった

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。本人に自覚はないが霊と仲良しの息子を持っている。必然的に他の家庭より問題が多い。 ・理妃ちゃん→萬里の同類。見えたり聞こえたりはしないらしいけど、詳細を読み取る能力が非常に優れている。遠隔...
【第四の人生】

【第四の人生】57の章:子供には見えている

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。見えても聞こえても思い通りにいかないもどかしさ抱えてます。 結局 納得のいかないまま 黄色いロープは 見つからず仕舞いで そのニュースも ...
【第四の人生】

【第四の人生】56の章:実際の視力と霊視力は比例しない

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。自分の目に見えているものがなんなのか? ・H氏→リーマン能力者(本物)萬里宅にてダベリまくり。 殺人って 計画性があったのか なかったのかで 罪の重...
【第四の人生】

【第四の人生】55の章:肉眼で見えているのかどうかの判断がつかない

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。夢か浮遊か現実なのか?入り混じって何が何だかわからない世界。 萬里はいつも 早寝ができない 娘も寝つきが悪い ってのもあって 寝かしつけに 時...
【第四の人生】

【第四の人生】54の章:夢だと思っているそれは幽体浮遊〜

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。浮遊(幽体離脱)って結構疲れる ・理妃→同じくお役目持ちのお仲間。萬里とは違う感覚で物事を読み取る能力がすごい。 理妃ちゃんは時々 萬里の家に遊びに来る ...
【第四の人生】

【第四の人生】53の章:人の死を間近で見る日々は心地のいいもんではない

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。毎晩眠りについた瞬間から浮遊が始まります。 ・H氏→リーマン能力者(本物)24時間体制で浮遊してる。 萬里達は夢を見た という表現で 浮遊(幽体離脱)の ...
【第四の人生】

【第四の人生】52の章:四十九日のお礼参り

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。忘れないで欲しい。は死者共通の思いなんだな。 ・カズヤ→だいぶ年下の後輩。自分のお通夜の日に萬里の元へ来た。 カズヤに 自分で行けとは言ったけど 行った相...
【第四の人生】

【第四の人生】51の章:人は存在を忘れられることが怖い

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。会話ができると亡くなっている実感が湧きづらい。 ・カズヤ→かなり下の後輩。自宅で亡くなりお通夜の最中に萬里の元へ来た。 カズヤは 何を言いたいのか? ...
【第四の人生】

【第四の人生】50の章:生きてようが死んでようが頼られるのは同じ

*登場人物* ・萬里→主婦でお役目持ち。家族だから必ず理解してもらえるとは限らないのね。 萬里がこんな人間だと いうことを父は知らない 母は同じような力を 持っているし、 その力をじいちゃ...
スポンサーリンク