11月27日(日)あの世の小窓座談会/やれば幸運に差が出る年末行事

・大雪・これまでやってきた年末行事の過ごし方は合ってる?・福を呼び込むためには・年末最優先事項・心身の浄化
*遠隔合同祈祷に向けて(お焚き上げの品回収)決行日12月29日(木)*
【夜のお食事交流会参加申込みは締め切りました】

詳細はこちら

【続】時事から引き起こされる現象の波及調査

日々のつぶやき
スポンサーリンク

幽体浮遊(幽体離脱)が激しく、

皆さんところへの深夜お宅訪問が頻発している萬里です( ´ ▽ ` )ノ

11月入って、色々重なってるのもあって、いよいよ睡眠時間が3〜4時間の毎日💧

目の下のクマはマタギに狙われそうなくらい大物化。

あ、萬屋事務局のInstagramアカウントは前からあったんだけど、個人のをやっと最近作ったのです。

見つけてね〜♪

8日の投稿の続報

投稿した後に気が付いたんだけど、この日なんやら大騒ぎやったんやね!?

皆既月食と天王星食とが同時に見られる、稀な天体ショーが442年ぶり?だっけ?

そして月の色が怪しすぎた、ブラッドムーン!

 

ただでさえ月夜は心身の調子が狂う時。

満月の日を挟んだ前後2日の『5日間』を月夜と呼びます。

医療関係者はすでに気付いていると思われますが、この日は亡くなる方が多いし、出産も多い。

アチラ界隈では、霊達の動きがやたら活発になるので、精神的に弱っているや悩みをたくさん抱えて波長が落ちてたり、疲れが溜まってたり、テンション低めの人は影響受けやすいので不安定さが増します。

というのを、日常気を付けておくべき日として頭に入れといてもらうと良いかな、月夜に合わせて環境を整えてもらっとけば少しは対策にもなるかも。

一度落ち込みが激しくなると、回復にも時間かかるしね

10月末から、全身の激痛に耐えておりました。

リアルを生きる方々も少なからず何かしらの影響を受けているのでは?と思い、前回の記事で不具合抱えている人探しをしてみた結果、多数怪しげな方々がおりました。

とにかく可能性があるなら一つずつ潰していくしかない、と草の根活動。

今月はどうやらそんなマンスリーになりそうです。

明日は何もないから溜まった仕事に集中しようかな〜と思ってると、急な来客になることが続いてて、一人一人対応していくことで、少しづつ痛みの度合いが減っていく。

 

とは言っても、前回の投稿時が痛みMAXの10やとしたら、現在7くらい( ̄▽ ̄;)

少しでも減ってれば良しとするしかない、痛み10でも動ける体が恨めしいとか思いながらね。

だって、見た目で分からない平気な顔してるから、誰も心配してくれんし💨

そそ、結局「痛みに負けて動けない自分」ってのが嫌なんよね笑

 

緑の頭のヤツ(クラ氏)から、あの某国の事故の影響では?!と言われ、すぐに一旦意識をそちらに向けるようにしてみました。

 

その時把握できた現状/2022.11.4時点

浮遊で気が付いたら見たことない場所に。

辺りの様子を見回してみると、人がたくさんいて音楽や歌声が聞こえてくる。

その言葉は普段聞き慣れた日本語ではない、どこの言葉だ〜?

萬里はうつむき加減で、耳を澄ませて周囲の音を拾っている。

 

うん、どうやらピンポイントで狙っていた某国のあの現場に来ているようだ。見たことない場所だし、初めて立っている場所なんだけど、確信的にそう思った。

なんだ楽しそうじゃん!と思っていたら、同時にうめき声や叫び声が聞こえる。

 

なんか混沌とした落ち着かない空気、次第に楽しそうな声はしなくなり、ザワザワと胸騒ぎがする感じに襲われた。

顔を上げてみると、さっきまで居た群衆は居なくなってて、パニック状態の人達が右往左往に駆け回っている。

道はあちこちに見えてるのに、この場所から出られないかのように、見える範囲でとにかくバタバタと駆け回る。災害の時に逃げ惑う人たちのような様子。

 

咄嗟に「いかん!落ち着かせないと!」って、思った。

 

走り回る人達を片っ端から追いかけて、肩をたたき「落ち着いて!とにかく家に帰ろう!」

との言葉しか発してなかった萬里。

何人も捕まえられるだけ捕まえて、帰宅を促してるけど、誰1人落ち着いて話を聞いてくれない。

本人たちも事情も分からず、何をどうしたら良いかも分からない状態のように見えた。

 

おそらく、自分達が死んでしまったことにも気付いていない・・・。

 

そして、その現場から離れられない状態になっている。このまま同じ状態を続けていれば、彼らは俗にいう「浮遊霊」となる。

 

そんなの不本意!だから、とりあえず落ち着いて家に帰るよう促していたのだと、目が覚めて気付いた。

目に見えないところで何が起こってるのか

魂はその場所に囚われたように離れられない状態なのに、国も違う萬里たちに影響しているのはなぜか?

 

あの悲惨な様子を映し出したニュースを観た人達、あり得ない、想像を絶するような状況を聞いて、同情したり、どんなに苦しかっただろうか・・・と想いを寄せたりした人達、なんでそんなことが起こったの?!って疑問に思う人達、心があれば自分に関係のない事件でも何か少しくらい感情の動きはあると思う。

 

そこに、現地でその状況に遭遇してしまい、思いがけなく命を落としてしまった人達が絶命するまでの苦しさや、家族に会えなくなるかもしれないという死を意識した覚悟、痛みの中でまだ死ぬわけにはいかないと抗う気持ち、色々な想いが念となって四方八方に飛ばされる。

 

この二つの波長がリンクしてしまった時、遠くからでも身近な事のようにあのニュースを観てしまった人達が念をキャッチしてしまい、その訴えが状況を示すように、身体に症状として現れたりしてしまうのだ。

そのつもりも意識も全くないんだけど、『気に掛ける・気に掛かる』その無意識にも近いなんとなくな行い自体が、きっかけになってしまう時がある。

 

あの被害者となった人数×複数の想い

を考えたら、とんでもなくたくさんの想い(念)があるはず。

 

全ての影響が必ずしも、霊による作用(霊障)とかっていう、悪意も悪い印象のものでもない。

だから、余計にコチラとしてもどう対応してあげれば良いのか分からない(T ^ T)

 

萬里自身の行動を顧みて収束するには何が必要か?思ったのは、

  • パニック状態になっている魂達が我にかえる必要がある。そのためにはまずご遺体が全て家族の元に帰り、死を受け入れる儀式(通夜や葬式)をしてもらうこと。
  • あの状況になってしまった原因の責任所在がはっきりする必要がある。どこに怒りや悲しみをぶつけていいか分からない。
  • 亡くなった本人だけでなく、突然家族を亡くしてしまった遺族が事を受け入れ納得できる状況説明がなされること。

 

 

これ、どう考えてもすぐには終わらないよね(;´д`)

現実の距離で言えば、そんなに遠くはない日本の学生さんでさえ、ご遺体が自宅へ戻るのに1週間はかかってたと思う。

海外の方々もたくさん居たらしいし、その全てのご遺体が身元確認されて、きちんと家族の元へ戻るにはどれくらいの時間が必要?!

 

もうこのまま、年末の流れに乗っていくしかないことを覚悟しました。

しかし、痛みはひどい( ;∀;)

萬里にできることを考えた

それが先日の投稿ね、もしかしたらでも影響を受けている人の炙り出し。

現実の痛みや不具合を感じている人達を治してまわったら、少しは軽減するかも!考えた。

ちょうど11月から身体メンテを表メニューにして取り組もう!と、特に理由もなく決断してたから、それも何かを無意識に予測してのことだったのかもしれない💧

裏メニューの頃から、その治療効果を実感してらっしゃった方々のメンテを優先にしつつ、表メニューで気がついた方々も、思い立ってウチに来ることになった時点で何か意味があるはず。

 

こんな状態で、きちんと結果を出せるような治療ができるのだろうか?と、決めていた11月1日の出足を挫かれたように、全身の痛みでのたうち回っているんだけど、なぜか治療は当たり前にできてしまう。

ホントに恨めしいあたしの身体(; ̄ェ ̄)

 

必ずご来店いただけるとは限らないから、不具合の連絡が来た時点でこっそり遠隔対応をしています。

だから、地道にやってるうちに萬里の痛みも無くなっていくのではないか?そう思わないとやっとられんてのが本音。

一人一人の痛みや不具合を治していくと、その都度萬里の痛みも軽減している。

と毎回喜んでいるのだけど、翌日にはまた同じ状態に戻る(;´д`)

常に痛み度は、10がMAX基準でいけば、「6〜7」くらいを保っている状態。

ま、痛み止めが飲めば効くようになっただけマシかなと思っております。

ただ、手の痺れと麻痺は怪我に繋がるから、ちょっとヤバい💦ただでさえ怪我が多いのに( ;´Д`)

 

とにかく、時期を思い出してみてください。10月30日あたりから何かしらの不具合に急に襲われて、病院へ行っても治らない。

とか、下記のような症状が定期的に頻繁に身体に出ていませんか?

特徴は:

  • 全身を移動する痛み
  • 神経を刺すような痛み
  • 全身の関節痛
  • 呼吸が妨げられるような圧迫感
  • 寝違えたような首の痛み(痛くて上下左右に動かせない)
  • 酷い頭痛
  • 日常に支障をきたすほどの急に起こる腰痛(ぎっくり腰や持病は含まない)
  • 足先や足首が痛くてうまく歩けない(触ってもどこが痛いのかピンポイントでは分からない)
  • 手先の痺れや麻痺
  • 痛いところを触っても筋肉のコリやハリは感じられない
  • 痛み止め(鎮痛剤)が効かない
  • 10月30日以降から思い当たる原因もなく痛みが始まった

私そういう感(勘)は持ってないんで!みたいなのは関係ないです。ニュースを観て心を痛めた、人を想う心があれば誰にでも起こりうる現象よ。

 

浮遊で某国の状況を見た限りだと、まだ『供養』というレベルのことをできる段階ではなかった。

被害者のそれぞれの意識がパニック状態で会話ができないうちは、魂の供養(天に還す)ができないのです。

だから、供養の前段階

一つ一つの想い(念)を、落ち着かせてクリアにしていく作業の一環だと思ってください。

ブログランキングに参加しています!フムフム、そんなこともあるんだ〜と思ったらバナーをポチッとな 😀 !

励みになってもっと更新頑張ります 💡 いつも読んでいただきありがとうございます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ
あの世とこの世とその狭間で・萬里は祈祷師(by.萬屋事務局) - にほんブログ村にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

今月のイベント

☆11月16日(水)あの世の小窓座談会/守護霊・指導霊・後ろの方々

☆11月22日(火・祝前日)夜のお食事交流会

☆11月27日(日)あの世の小窓座談会/やれば幸運に差が出る年末行事

☆12月4日(日)自分を知る会/鑑定回:あなたの名前の秘めた意味

受付開始

お焚き上げの決行日は12月29日(木)締切は3日前です。お申し込みは座談会参加の際、もしくは下記の予約サイト(遠隔合同祈祷の申し込みはコチラ)から、「日時の追加」をクリック、12月29日を選択してお申し込みください。遠隔合同祈祷の申し込みはコチラ

*会場の詳細はお申し込みの際にお伝えします。(福岡県久留米市内)

*いずれのイベントも日程・時間・内容は変更になる場合があります。

*LINE萬屋事務局公式アカウントに登録いただくと、講座・座談会共通のスタンプカードがあります、スタンプを貯めるとレアで特別なあなただけの護衛『虎身守り』をプレゼントさせていただきます。その他の特典もLINEからの配信になりますので、この機会にぜひご登録ください。

〜お申し込み・お問い合わせ〜

登録する

萬屋事務局LINE公式アカウント

LINE公式アカウントからも、お申込み・お問い合わせが可能です。

*LINE1:1トークは10:00~23:59の時間帯で返信いたします、以外の時間帯は自動応答となりますが、対応時間になり次第、あらためて返信いたします。

メールをご利用の場合は最下部のコンタクトフォームに入力お願いいたします。

*PCからの返信になります。迷惑メールへ振り分けされる可能性があるので、送信前に受信設定等の確認をお願いします。

〜ネットからも残席確認・参加申込が可能になりました!ご活用ください!〜
STORES 予約 から予約する

↓↓コンタクトフォーム↓↓

    コメント